現在の時刻(JST)

プロフィール

道楽

Author:道楽
現在、過去の話題も追加していますので、バックナンバーもご覧になってみてください。

ご来訪有難うございます。

見えにくい方はこちらで

最近の記事

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

まとめ

:スポンサーサイト

--/--/-- (--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告

91:さようならスイッチバック

2007/03/11 (Sun) 01:38
 関西で唯一の存在だったJR和歌山線北宇智駅のスイッチバックが3月17日限りで廃止されることになりました。
 私鉄好きの私でも、自宅から1時間ほどで行ける場所なら見ておこうと様子を見てきました。この区間に乗るのは2回目ですが、よりにもよって北宇智を通るときに眠ってしまって記憶にないので、初乗車も同然です。
北宇智に停車中の王寺行き電車(2007.3.10)

 ここのスイッチバックがどんなものかというと、和歌山行きの場合、王寺方面から来た電車はそのまま北宇智駅に進入して客扱いを行います。手前に見えるのがスイッチバック用の引き上げ線です。
王寺方面から進入(2007.3.10)

 北宇智駅に停車中の電車です。駅手前では既に新ホームの設置工事が始まっていて、跨線橋左側付近には新ホームの骨組みができています。新しいホームはそこから現駅構内を横切って画面右手前までの間に設けられるようです。
北宇智駅に停車中の電車(2007.3.10)

 北宇智を発車した電車は一旦王寺方に向かい、ダブルクロスポイントを渡って引き上げ線に入ります。
北宇智を発車(2007.3.10)

 引き上げ線に停車すると、運転士は一旦電車を降りて線路脇の通路を通って反対側の運転台に移動します。以前は運転士が進行方向の運転台から顔を出して引き上げ線までバックさせていたそうですが、ATSの入れ忘れが連続して発生したため、昨年からワンマン列車の場合は必ず降りて移動するように義務付けられたそうです。
引き上げ線を出る和歌山行き(2007.3.10)

 ちなみに、スイッチバックを行っている間、駅と引き上げ線の間にある踏切は閉まったままのため、このような看板が建てられていました。「天王寺鉄道管理局」の部分を塗り消してあるのが何ともいえません。
看板

 引き上げ線を出た電車は駅手前で左に曲がって和歌山への本線に入ります。ここは下り勾配になっています。
発車していく和歌山行き(2007.3.10)

 駅からは出入りする電車を真横に見ることができます。写真は駅に入線してくる王寺行きで、この後、引き上げ線でスイッチバックしてから右側の駅に入ってきます。
北宇智に進入する王寺行き電車(2007.3.10)

 駅は行き止まり式で、今や2~4両程度の列車しか来ないのにやけにホームが長いのは国鉄時代の名残です。電車やディーゼルカーなら大したことのない勾配でもSL時代は難所だったわけで、そこに駅を造るにはこうするしかなかったのでしょう。
北宇智駅ホーム(2007.3.10)

 しかし、SLが廃止されてからでも30年以上経ち、この間駅の改修はいくらでもできたはずなのに、今までスイッチバックのまま残されていたというのは、いかに和歌山線が儲かっていない(ので金をかけられない)かがよく分かります。運転士のATS入れ忘れが廃止の原因だと思いますが、このスイッチバック解消で、吉野口~五条間の所要時間が5分短縮されるそうです。スイッチバックにそんなに時間がかかっているようには見えませんでしたが。
北宇智に到着した五条行き電車(2007.3.10)

スポンサーサイト

たまにはJRもトラックバック(0)|

≪前の記事 西鉄宮地岳線
≫次の記事 今年も京阪大津線

トラックバック

ブログ TOP


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。