現在の時刻(JST)

プロフィール

道楽

Author:道楽
現在、過去の話題も追加していますので、バックナンバーもご覧になってみてください。

ご来訪有難うございます。

見えにくい方はこちらで

最近の記事

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

まとめ

:スポンサーサイト

--/--/-- (--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告

85:長野電鉄2000系旧塗装に復元

2007/02/22 (Thu) 22:49
 長野電鉄では特急運転開始50周年を記念して、2000系A編成(2001F)の塗色を登場当時のマルーンに復元し、2月17日から運転を開始しました。特急運転50周年ということは2000系も50歳を迎えるわけで、一線を退いても今なお特急に使用されているのでとてもそうは見えなかっただけに驚きです。
夜間瀬~信濃竹原間にて

 昨年12月に1000系「ゆけむり」がデビューしてから、2000系は朝夕のB特急と送り込みの普通列車の運用が主体になり、代走でもない限り昼間には走らなくなりました。2本ある運用のうち、私が訪れた日はA編成が午前一杯走る運用に入っていたので、主だった撮影地を廻ることができました。下回りの機器もグレーに塗り直され、順光になると見事の一言に尽きます。
延徳~桜沢間にて

 外観に比べて、車内は全く手を付けられていませんが、このような案内表示が掲出されていました。
車内の掲示

 架け替え間近の村山橋を行くA編成です。方向幕やワンマン表示はそのまま(通常運用に入るので当然ですが)、ヘッドマークも現在のもののままですが、雰囲気は十分です。
柳原~村山間にて

 ここまできたら、昭和39年~平成2年までの「りんごカラー」(赤と白のツートンで、これに対しマルーンは「栗」と呼ばれています)もぜひ期待したいですが、何と7月からもう1本のD編成がこの色に戻るそうです。長野電鉄恐るべしです。
スポンサーサイト

地方私鉄トラックバック(0)|

≪前の記事 上田交通モハ5253保存車
≫次の記事 土佐電鉄訪問

トラックバック

ブログ TOP


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。