現在の時刻(JST)

プロフィール

道楽

Author:道楽
現在、過去の話題も追加していますので、バックナンバーもご覧になってみてください。

ご来訪有難うございます。

見えにくい方はこちらで

最近の記事

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

まとめ

:スポンサーサイト

--/--/-- (--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告

80:京成リバイバル「開運号」

2007/01/28 (Sun) 23:59
 京成電鉄では1月28日にリバイバル特急「開運号」が運転されました。実に34年ぶりの復活だそうですが、これにあわせて当時の「開運号」に使用されていた3200系最後の生き残り3295Fが当時の塗装に塗り直されました。現在は正面の前照灯などの位置が異なっていますが、さすがにそこまでの復元はされませんでした。
勝田台にて(2007.1.28)

 「開運号」は京成上野~京成成田間往復の運転でしたが、臨時特急(乗車には事前申し込みが必要)と銘打っていた割には途中駅での列車待避が多く、特に帰りの上野行きは電車で移動していた私たちでも大佐倉、八千代台、京成小岩(ここで後続の普通電車にまで追い抜かれていた)、京成関屋と4か所で撮影できるほどでした。
 先頭となる側の正面に掲出された「開運」マークは当時実際に使用されていた物で、京成電鉄で保管されていたそうです。反対側(つまり最後尾)には、これの写真にして作られたダミーのヘッドマークが付いていました。
堀切菖蒲園~お花茶屋間にて(2007.1.28)

 この旧塗装は3295Fの引退記念も兼ねており、3月まで通常の営業列車として運転されるとのことです。
スポンサーサイト

関東大手私鉄トラックバック(0)|

≪前の記事 琴電 DVD発売記念イベント
≫次の記事 東京メトロ東西線5000系さようならイベント

トラックバック

ブログ TOP


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。