現在の時刻(JST)

プロフィール

道楽

Author:道楽
現在、過去の話題も追加していますので、バックナンバーもご覧になってみてください。

ご来訪有難うございます。

見えにくい方はこちらで

最近の記事

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

まとめ

:スポンサーサイト

--/--/-- (--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告

72:久しぶりの琴電

2006/12/24 (Sun) 23:15
 今回、5月以来半年ぶりの琴電訪問となりましたが、新形式車やラッピング車が登場しており、浦島太郎状態でした。数年前まで月に1~3回のペースで訪れていたことを考えると、嘘のようです。そういうわけで、今回初対面となったこれらの車両を採り上げます。ネタとしては古いですが、ご了承下さい。

・長尾線1200形
 曲線と橋梁の改良工事完成に伴い、今年7月から長尾線にも1200形(元京急700形)が入線しました。こちらは車番が1251~となり、1200形50番台とでもいうべき車両です。今回は数回乗車の機会がありましたが、何度乗っても琴平線と乗り間違えたような感覚が抜けませんでした。
学園通り~白山間にて(2006.12.24)

・志度線800形
 長尾線1200形入線で余剰となった600形2編成(607・609F)を仏生山工場で改造のうえ志度線へ転属させたものです。パンタが付いていますが、これは冷房等の電源用で、自走はできず常に瓦町側に増結されて運用されます。片運転台で連結面は貫通路を埋めたため通り抜けは不可能、増解結は車庫でしかできないため、800形を増結すると入庫するまでは3連で走り続けることになります。これにより20形(21・22・24)と335は職(増結運用)を失い、引退となったわけです。
沖松島~松島二丁目間にて(2006.12.23)

 また、沿線にオープンした「せとうち夢虫館」と「新屋島水族館」のPRのため、各路線に1本ずつ、PR電車が登場していました。

「せとうち夢虫館」
琴平線1207F
高松築港~片原町間にて(2006.12.24)

長尾線601F
瓦町にて(2006.12.23)

志度線621F
沖松島~春日川間にて(2006.12.23)

「新屋島水族館」
琴平線1203F(1205F「こんぴらさん」とは色が異なる)
太田~仏生山間にて(2006.12.23)

長尾線1255F
白山~井戸間にて(2006.12.24)

志度線623F(629F「サンクス」によく似ているので、しょっちゅう見間違えました)
沖松島~松島二丁目間にて(2006.12.23)

 こうやって見ると、琴電は広告でもラインカラーを厳守しているのがよく分かりますが、けばけばしくなるよりは、こちらの方が好感が持てます。
スポンサーサイト

地方私鉄トラックバック(0)|

≪前の記事 大阪地下鉄今里筋線開業
≫次の記事 高松琴平電鉄 旧型電車イベント

トラックバック

ブログ TOP


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。