現在の時刻(JST)

プロフィール

道楽

Author:道楽
現在、過去の話題も追加していますので、バックナンバーもご覧になってみてください。

ご来訪有難うございます。

見えにくい方はこちらで

最近の記事

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

まとめ

:スポンサーサイト

--/--/-- (--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告

62:それでも京阪石坂線(大津線感謝祭)

2006/10/29 (Sun) 21:14
 このブログでもしょっちゅう登場している京阪石山坂本線に、またラッピング電車が登場しました。その名も「ハロウィントレイン」、10月16~30日の期間限定ものです。夏に運転されていた「夏真っ盛り号」と同じく、デザイン学校生によるものですが、今回は2両(607-608)とも同じデザインなので、撮影する側には助かります。
別所~三井寺間にて(2006.10.29)

 更に、10月28日~11月5日には昨年に引き続き「石坂線文化祭」が運転されています。今年は601-602が充当され、車内には沿線の高校生による書道や絵画などが展示されています。
別所~三井寺間にて(2006.10.29)

 前後でラッピングや副標が異なっているので、それぞれが順光になる午前と午後に分けて撮らなければと思っていましたが、この日は急に曇りだし、その心配がなくなりました。
 こちらは運用が決まっていて、駅で配布のチラシで運行時刻が案内されているので、これに変更がない限り、撮影や乗車は簡単です。
浜大津~三井寺間にて(2006.10.29)

 私が訪れた10月29日、錦織車庫では「大津線感謝祭」が開催されていました。保存車80形82の一般公開や洗車・運転体験、グッズ販売やゲームなど毎年恒例の内容の他に、今年から新しく加わった出し物2つが目を引きました。
 入口近くで売られていた「ミニ電焼き」、要は電車(600形?)の形をした大判焼きで、カスタード入りの「石山坂本線」とあん入りの「京津線」があり、1個ならぬ1両100円でした。私が行ったときは石坂線が既に売り切れで京津線を2両買いましたが、冷めたら味が落ちそうなので焼きたての電車を2両とも会場で食べてしまいました。
ミニ電焼き(画像は京津線〔あん入り〕)

 続いて車庫の奥にあった「京阪電チャリ」、700形の形をした軌道自転車ですが、実物と同じ電子笛が鳴り、前照灯も点いているなど相当本格的です。車庫内の線路を数十m走り、終点ではこれまた実物と同じもケットが貼られた座席を転換して(大津線初の転換クロスシート車といえるのでしょうか?)折り返します。面白そうでしたが、家族連れで賑わっている中に一人で並ぶ勇気もなく、見るだけにしておきました。
錦織車庫にて(2006.10.29)

こちら側の正面は車番が702で方向幕が「ペダル」となっていますが、この反対側は701で「サドル」でした。なかなか芸が細かいです。
スポンサーサイト

関西大手私鉄トラックバック(0)|

≪前の記事 東京都営地下鉄5200系さよなら運転 など
≫次の記事 叡山電鉄「第2回えいでんまつり」

トラックバック

ブログ TOP


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。