現在の時刻(JST)

プロフィール

道楽

Author:道楽
現在、過去の話題も追加していますので、バックナンバーもご覧になってみてください。

ご来訪有難うございます。

見えにくい方はこちらで

最近の記事

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

まとめ

:スポンサーサイト

--/--/-- (--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告

59:和歌山電鐵「川柳電車」

2006/10/21 (Sat) 20:28
 和歌山電鐵貴志川線は継承以来の様々な取り組みが評価されて、国土交通省「日本鉄道賞(表彰選考委員会特別賞)」を受賞しました。まずはこの場よりお慶び申し上げます。
 さて、その和歌山電鐵では9月19日~12月15日の間、2275Fが「川柳電車」となって運転されています。
山東~伊太祁曽間にて(2006.10.21)

 運転士さんお手製のヘッドマークも掲出されています。
「川柳電車」ヘッドマーク

 車内では乗客から募集した川柳を吊り革広告枠に掲出する予定でしたが、2両で292個の吊り革に対して380句もの応募があったそうで、中吊り広告枠にも掲出されていました。投句者は小学生から70~80代くらいまでと結構年齢層が幅広く、「『いちご電車』の次は『ホタル電車』も出して」といった内容の、川柳というより和歌山電鐵への要望を書いた句が結構あったのがおかしかったです。「ホタル電車」は私も期待したいですが。
車内に掲げられた川柳

 ヘッドマークの他に、側面の窓にも「川」「柳」「電」「車」と紙を貼ってPRに努めています。
日前宮~神前間にて(2006.10.21)

 私が訪れた10月21日はダイヤ改正実施当日で、これを機に「いちご電車」2271Fも運用が固定されました。時刻は和歌山電鐵ホームページでも案内されていますが、月・木曜日が運休となり、平日(火・水・金)と休日(土・日・祝)の2パターンで運行されるのが基本となっています(変更の場合あり)。「いちご電車」も登場から2か月が経ちましたが、この日も数人の同業者がカメラ片手に乗り込んでおり、「いちご電車」が来るまで待つという親子連れがいたりと、相変わらずの人気ぶりでした。
伊太祁曽駅にて(2006.10.21)

 ダイヤ改正に伴い、各駅の時刻表も苺マーク入りの新しいものに取り替えられ、南海時代の面影がまた一つ減りました。
スポンサーサイト

地方私鉄トラックバック(0)|

≪前の記事 一畑電車デハ60形さよなら運転
≫次の記事 万葉線「電車まつり」

トラックバック

ブログ TOP


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。