現在の時刻(JST)

プロフィール

道楽

Author:道楽
現在、過去の話題も追加していますので、バックナンバーもご覧になってみてください。

ご来訪有難うございます。

見えにくい方はこちらで

最近の記事

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

まとめ

:スポンサーサイト

--/--/-- (--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告

580:富山地鉄10020形撮影会(後編)

2013/05/23 (Thu) 15:18
 富山地鉄10020形撮影会の続きです。

 立山から寺田に戻り、今度は本線に入ります。ここでも降車ができ、スイッチバックのため転線するところを撮影できました。このために「アルペン特急」のヘッドマークを付け、方向幕も「アルペン特急 宇奈月温泉」になっています。これだけを見ると、やらせなのにやらせでないように見えるのが、このイベントのいいところです。
寺田(2013.5.19)

 スイッチバック駅の上市では、上市折り返し電鉄富山行きと宇奈月温泉から来た先発の電鉄富山行きの14760形と並びました。「雷鳥色」の3並びこそ、私の思う富山地鉄のイメージそのものです。
上市(2013.5.19)

降りたのは電鉄魚津、ここが今回のハイライトとなります。到着すると乗務員がすぐにネタの仕込みにかかります。
電鉄魚津(2013.5.19)

 電鉄魚津は富山県で初、そして今のところ唯一の高架駅で、駅ビル内には店舗も多数入居していたそうですが、これらは15年ほど前に全て閉店し、これだけの大きいビルが今では3階の駅部分しか使用されていない状態になっています。ビル自体も老朽化し、左側に建設中の新駅舎が6月上旬に使用開始すると、取り壊されることになってます。
電鉄魚津(2013.5.19)

 ハイライトというのは、この駅ビルの屋上(当然普段は立入禁止)から高架線を走る電車を撮影することで、10020形は一旦新魚津まで行ってから、撮影用に折り返してきます。屋上の新魚津側にはビル解体用の足場が積み上げられており、これを避けてアングルを決めようとしている最中に、事もあろうに10020形がやってきました。しかも横のJR北陸本線を走る「はくたか」と並走というおまけ付きを撮り逃がしてしまい、これは間違いなく今年の鉄道趣味活動で最大の痛恨事になり、今思い出しても悔しいです。
 ただ、このアングルからは二度と撮影できないので、10020形が戻ってくるまでにも定期の電車が来るので、気を取り直して撮影を続けます。この写真は西魚津側を見たものです。
西魚津~電鉄魚津間(2013.5.19)

 京阪特急色の10033Fも撮影できました。 
電鉄魚津~西魚津間(2013.5.19)

 そして上市から戻ってきた10020形。寺田で付けていたものとは別の、宇奈月温泉行き特急を表示しています。最初は上の写真のように、周囲の風景も入れて撮影しようとしていたのですが、これを見てアングルを変えました。
西魚津~電鉄魚津間(2013.5.19)

 10020形は再び、新魚津から上市に向かいます。先ほど撮れなかったアングルで撮影。横のJRに鈍行でもいいので何か列車が来ないかと思ったのですが、そこまで甘くはありませんでした。
新魚津~電鉄魚津間(2013.5.19)

 続いて来た宇奈月温泉行き普通は10031Fでしたが、よく見ると方向板を付けています。これもアップで撮影しました。10030形はワンマン化改造ざれるまでは特急にも使われていたので、「アルペン」や「うなづき」は付けているところを私も実際に見たことがありますが、普通用円板は初めてではないでしょうか。意外によく似合っていると思います。
西魚津~電鉄魚津間(2013.5.19)

 撮影も終わり、再び10020形に乗車して移動します。
西魚津~電鉄魚津間(2013.5.19)

 乗車の前に、「サンダーバード」との並びを撮影。「はくたか」との並びには及びませんが、少しでも取り戻そうとしたわけです。
電鉄魚津(2013.5.19)

 次の目的地は電鉄黒部、ここで行程も折り返し地点となります。後続の特急「うなづき」5号を見送ってから、留置線に入ります。10020形の停車している1番線は普段は使用されていないので、この時点で既にレアシーンになっていたりします。
電鉄黒部(2013.5.19)

 電鉄黒部は前身の黒部鉄道時代の車庫が今でも留置線として残り、夜間滞泊に使用されています。ここで再び撮影会となりましたが、乗務員が黒い画用紙を取り出し、何をするのかと思うとこれで方向幕を隠してしまいました。これに方向板を付ければよりオリジナルに近くなります。実際には10020形は登場以来、色々手を加えられているものの雰囲気は十分、京阪のイベント列車みたいな仕込みの数々は、恐らく地鉄の職員さんも楽しんでやっているだろうと思わせるものでした。
電鉄黒部(2013.5.19)

 特急「うなづき」10号の到着後、再び1番線に入ってきます。 
電鉄黒部(2013.5.19)

 電鉄黒部からは富山方面へ折り返し、1駅だけ乗車して電鉄石田で降りました。ここから希望者は沿線での撮影のため歩くことになります。このあたりから雨が降ってきました。これからというのに…。 
電鉄石田(2013.5.19)

 電鉄石田駅から雨の中を歩くこと15分ほどでたどり着いたのは片貝川鉄橋。富山地鉄を舞台にした映画「RAILAYS 愛を伝えられない大人たちへ」にも登場する場所だそうで、晴れれば立山連峰をバックで撮影できるのですが、雨では山が綺麗に見えないので、普通の走行写真にしました。地鉄では山バックの真横から撮影することを想定していたようで、方向板は取り付けられていませんでした。
電鉄石田~経田間(2013.5.19)

 振り返って後追いでも1枚、ここに来て、走行写真はクハ174が先頭のものばかりで、モハ10025が先頭に立つのをあまり撮影していないことに気付きました。
電鉄石田~経田間(2013.5.19)

 撮影後、再び10分ほど歩いて経田駅に来ました。ここから再び10020形に乗るのですが、到着まで時間があるので駅舎を撮影して時間をつぶします。富山地鉄には寺田や越中三郷、東三日市といった味わいのある駅舎が多く、この経田も元は黒部鉄道石田港線(昭和15〈1940〉年廃止)の石田港駅駅舎を移築したものだそうです。
経田(2013.5.19)

 先ほど撮影用に走ってきた10020形は新魚津で折り返し、再び電鉄黒部へ行ってから経田へ戻ってきます。電鉄黒部へ行く回送を駅前で撮影できました。今度は撮影用ではないので、全速力ですっ飛ばして行きました。
経田~電鉄石田間(2013.5.19)

 経田から10020形に乗り、上市まで来ると、電鉄富山~上市間折り返し列車に運用されていた京阪特急色10033Fのお出迎えです。次の撮影地へ行くには、こちらに乗り換えて先回りします。 
上市(2013.5.19)

 10033Fで向かったのは越中荏原、ここから超有名撮影地の常願寺川鉄橋へ歩きます。ほどなくやって来た10020形は、電鉄桜井(現在の電鉄黒部)発電鉄富山行き急行になっていました。この板も、先ほどの特急板と同じくレプリカだと思います。
越中三郷~越中荏原間(2013.5.19)

 越中荏原駅に戻ると、10020形が待っていました。発車までは時間があり、駅の横からクハ174やモハ10025の形式写真が撮影できました。
越中荏原(2013.5.19)

 アルペンエクスプレスこと特急「うなづき」12号を待避。
越中荏原(2013.5.19)

 続いて上市行きの普通と離合して発車となりますが、この上市行きが14722F、しかも有峰口のときと同じく方向板付きでした。最後の仕込みネタがこれでした。
越中荏原(2013.5.19)

 10020形で稲荷町へ移動し、ここでお流れ解散となりました。最後に、車庫に入庫する10020形を撮影して、10020形、そして私たちの充実した長い一日が終わりました。稲荷町からは定期電車で電鉄富山まで戻れることになっています。
稲荷町(2013.5.19)

 今回のイベントは、ただ電車で移動して撮影するだけのものでしたが、それでここまで楽しませてもらえるとは、さすが路線規模の大きい地鉄だけのことはありました。これだけややこしい行程ではダイヤ設定なども大変だったのではと思うのですが、職員さんも楽しんでやっていたような節があり、参加者も多かったので、ひょっとしたら次もあるのでは…と、あらぬ願望を抱いてしまいました。10020形使用のイベントはミステリー列車などで何度か行われていますが、天気のこともあり、これはぜひ第2回もお願いしたいと思います。
スポンサーサイト

テーマ : 鉄道 - ジャンル : 趣味・実用


地方私鉄トラックバック(0)|

≪前の記事 阪堺モ354大阪市電色
≫次の記事 富山地鉄10020形撮影会(前編)

トラックバック

ブログ TOP


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。