現在の時刻(JST)

プロフィール

道楽

Author:道楽
現在、過去の話題も追加していますので、バックナンバーもご覧になってみてください。

ご来訪有難うございます。

見えにくい方はこちらで

最近の記事

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

まとめ

:スポンサーサイト

--/--/-- (--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告

572:水島臨海鉄道キハ20形

2013/05/07 (Tue) 19:24
 地方私鉄も以前のように平日ラッシュ時にしか走らないレア車両がめっきり少なくなりましたが、最近はイベント等で休日や昼間にも運転されることが多くなりました。
 その一つ、水島臨海鉄道キハ20形も、通常は平日朝夕のみの運用(ちなみに、キハ20の運転時刻は水臨公式サイト内の時刻表に記載されています)ですが、沿線での行事や団体客輸送のために昼間も登坂することがあり、いつか狙おうと思っていた矢先、5月3~5日に臨時運行が行われました
 これは5月2~4日に倉敷市内で開催された「ハートランド倉敷2013」にあわせたもので、10~12時台の列車を2運用ともキハ20形に置き換えるというものです。
球場前~倉敷市間(2013.5.4)

 2列車ともキハ20形ということは、列車を利用する限り、撮影したい車両に乗らないと別の場所に移動できなくなるわけで、5往復しか運用がないので痛いところですが、今まで何度か撮影したことはあるものの乗車は初めてなので、これもいい機会と思うことにしました。
(2013.5.4)

 キハ20形自体は島原鉄道や茨城交通でも乗車や撮影をしたことがあるのですが、記憶があやふやになっていて、キハ20形が半自動扉(閉扉時のみ自動)だというのに気付かず、途中駅で乗降する際に扉が開かず、自分で開けなければいけないことを理解するのに少し時間を必要としました。ワンマン化改造されていない(これが昼間に運用されない理由の一つです)ので車掌が乗務しており、運賃だけが記載された軟券の乗車券を発売していました。
(2013.5.4)

 2列車運用ということは、途中駅で離合シーンが見られます。これは普段の1列車運用では見られないもので、交換駅となる西富井・弥生(この2駅で1本おきに離合する)では、毎回必ず10人程度の同業者が集まっていました。私もそうですが、皆考えることは同じなのです。
弥生(2013.5.4)

 水島側の並びも押さえました。今回の運転では、(←水島・三菱自工前)キハ205+キハ203(国鉄色)とキハ204+キハ208(水臨色)と、同じ色同士で2連を組んで運転されていました。これまで私が国鉄色狙いで撮影に行くと、水臨色と連結されてばかりだったので、国鉄色の2連で走るのは初めて見ました。そういう点でも今回はよくぞ走らせてくれたと水臨には感謝感謝です。
西富井(2013.5.4)

 水臨は高架区間が長いこともあって、沿線での撮影地は球場前駅周辺か浦田駅付近くらいしかないのですが、私は今回、球場前を中心に撮影してみました。キハ205は最近、検査を受けたようで塗装が綺麗なのが写欲を湧かせます。一方、相方のキハ203は塗装はややくすみ始めていますが、本来は貫通扉に記載されるはずの車番が、なぜかこの車両だけ渡り板に書かれており、しかもそれが汚れて目立たなくなっているので、国鉄らしくなってこれもいい感じです。
球場前~西富井間(2013.5.4)

 水臨色も、最初は派手だと思っていたのが、今改めて見れば落ち着いた感じでキハ20形によく似合っていると思います。我ながら都合のいい解釈ですが、それだけ他に派手な塗装の車両が増えたということでしょう。
西富井~球場前間(2013.5.4)

 この写真を撮影した倉敷市~球場前間は、以前は田んぼが広がり、横を走る山陽本線とともにのんびり撮影できる場所と思っていたのですが、久しぶりに来てみると線路沿いに住宅が建ち並び始めており、どこでも撮影できるというわけではなくなってしまいました。
倉敷市~球場前間(2013.5.4)

 キハ20形の運用は、倉敷市12:20発水島行きで終わりです。これを倉敷市駅出発直後に撮影して、次の目的地へ向かうため倉敷を後にしました。
倉敷市~球場前間(2013.5.4)

 水臨も、近々譲渡車両によるキハ20形の置き換えが計画されており、そうなると現役で残るキハ20形は茨城交通改めひたちなか海浜鉄道キハ205だけになってしまいます。早いうちにまた再訪したいものです。
スポンサーサイト

テーマ : 鉄道 - ジャンル : 趣味・実用


地方私鉄トラックバック(0)|

≪前の記事 一畑電車訪問
≫次の記事 能勢電鉄 開業100周年(その2)

トラックバック

ブログ TOP


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。