現在の時刻(JST)

プロフィール

道楽

Author:道楽
現在、過去の話題も追加していますので、バックナンバーもご覧になってみてください。

ご来訪有難うございます。

見えにくい方はこちらで

最近の記事

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

まとめ

:スポンサーサイト

--/--/-- (--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告

563:岡山電気軌道3010号さようなら運転

2013/04/05 (Fri) 22:50
 岡山電気軌道3000形(元東武日光軌道線100形)は一時10両が在籍し、文字通り岡電の主力車両でしたが、次第に数を減らして現在では3両が残り、しかもイベント車両のようになっていて目にする機会が減っています。
 そんな中で3010号が4月7日限りで引退することになり、3月17日~4月7日の間を「岡電3010号さよならウィーク」として、さようなら運転が行われることになりました。
 3010にはこのようなヘッドマークが付けられています。
(2013.4.4)

 3010はさようなら運転を前に、それまでのチェック模様(美術学生のデザインコンテスト入賞作)から、日光時代の塗装に変更されました。3005に続き2両目ですが、3010は引退後に無償譲渡先を募集したところ、日光にある「日光霧降高原チロリン村」へ寄贈されることになり、そこでの展示のため復元されたものです。
西大寺町~小橋間(2013.4.4)

 さようなら運転自体は毎日、午前中を中心に東山線を5往復するというもので、最新鋭の9211"MOMO2"との競演も見られるなど見所満載です。
柳川~西川緑道公園間(2013.4.4)

 有名撮影地の中納言、私が行ったのは平日でしたが、ここには常に10人くらいの同業者がカメラを構えていました。よく見ると、3010の車体には番号等の標記が一切書かれていません。岡山での運転終了後に、日光時代の車番「109」や東武の標記などが追加されると思います。
中納言~門田屋敷間(2013.4.4)

 "MOMO2"との並びが撮れたので、次に狙うのは3010と同じ時間帯に運転される3007"KURO"との並び。3010の2本後に"KURO"が来るので、中納言~角田屋敷間で待ち構えて無事撮影できたのですが、この後から3010に遅れが出始め、時刻通りに来なくなってすれ違う場所もずれていき、最後には東山電停の手前ですれ違うようになっていました。
中納言~門田屋敷間(2013.4.4)

 現在、3000形の中で最もよく走っている3007"KURO"。夏場を除く毎日、10~13時の間に運転されていますが、久しぶりに見ると、車体の塗装に傷みが見え始めているのが気になります。
中納言~門田屋敷間(2013.4.4)

 この日最後の岡山駅前行きは歩道橋の上から撮影してみました。3000形は集電装置の変更(ビューゲル→パンタ)や方向幕の移設などを除くと、日光時代の原型をよく留めているといわれるのですが、3010の屋根上を見るとベンチレーターなどがきれいさっぱりなくなっています。"KURO"にはそれらが残っており、車両ごとに違いはありそうですが、言われている以上に、案外手が加えられていると思います。
東山~門田屋敷間(2013.4.4)

 東山に戻ってきた3010。出庫してきた7401と入れ替わりに入庫し、この日の運用は終了です。 
東山(2013.4.4)

 許可をもらって車庫に入ると、同じ日光色の3005と少々苦しいですが並びが撮影できました。3005の後ろに停まっているのは9201"MOMO"で、こちらは昨年6月に無謀運転の自動車に突っ込まれて破損してしまい、今も修繕のため入庫したままになっています。
東山車庫(2013.4.4)

 岡山に来たのも久しぶりなので、今回初顔合わせの車両もいました。先ほども登場した9211"MOMO2"もそのひとつですが、乗ってみて驚いたのはクロスシートの座席間にテーブルが付いていたことで、ほとんどヨーロッパの電車のような雰囲気になっています。それを活かして「ワイン電車」などのイベントにも使用されており、これは乗ってみたいです。
門田屋敷~東山間(2013.4.4)

 続いて7001「たま電車」、いうまでもなく岡電と同じ両備グループである和歌山電鐵のPR電車で、4年前に登場していたものですが、今年3月にリニューアルが行われ、「わかやま応援館」という名前で車内では和歌山の観光パンフレットを置くなど「走る観光案内所」となりました。この際、正面方向幕の上に耳が付けられ、恐らく日本初(世界初?)の耳付き電車になっています。電車と同じく岡電バスにも「たまバス」があり、こちらも同時に耳付きとなったのですが、見たものの撮影の機会は逃がしました。
東山(2013.4.4)

 3000形や"MOMO"以外の電車は全て広告車になっていますが、その中でも目に付いたのがこの8101です。最初に見たときはANAの広告になっていました。 
門田屋敷~中納言間(2013.4.4)

 戻ってきたのを見ると、JALの広告になっています。3010の来るタイミングを見るために、やってくる電車を順番に確認していたのですが、遠めに見えたときに広告で判別していると、こんな電車がいたかなぁと思っていると番号が同じなので少々混乱させられました。
中納言~門田屋敷間(2013.4.4)

 何のことはなく、左右で両社の広告をシェアしていただけでした。JALもANAも岡山空港からの便があるので、同時に見れれば効率はいいですが、ライバル同士でよくこういう広告の出し方を承知したものと驚きました。
東山(2013.4.4)

スポンサーサイト

テーマ : 鉄道 - ジャンル : 趣味・実用


路面電車トラックバック(0)|

≪前の記事 福井新車めぐり①えちぜん鉄道7001形
≫次の記事 能勢電鉄 開業100周年

トラックバック

ブログ TOP


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。