現在の時刻(JST)

プロフィール

道楽

Author:道楽
現在、過去の話題も追加していますので、バックナンバーもご覧になってみてください。

ご来訪有難うございます。

見えにくい方はこちらで

最近の記事

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

まとめ

:スポンサーサイト

--/--/-- (--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告

562:能勢電鉄 開業100周年

2013/04/03 (Wed) 22:32
 能勢電鉄は大正2(1913)年4月13日に川西能勢口~一の鳥居間で開業してから、今年で100周年を迎えます。
 記念行事が色々と行われる予定ですが、そのひとつとして、1500系1550Fが「復刻塗装車両」となり、3月16日に妙見口駅でお披露目会が行われた後、翌日から山下~妙見口間で運用されています。
笹部~山下間(2013.3.30)

 この塗装は開業時の車両1形の塗装を復元したもので、これくらいになると誰も実際に見たことがない色なので、この色についてどうこう言うことはできません。
(2013.3.30)

 と言いつつ、実物の1形は1両がカットボディにされつつも阪急正雀工場で保存されていて、恐らくこの塗装をモデルにしたのではないかと思います。
正雀工場(2011.5.8)

正雀工場(2011.5.8)

 話は戻って、1550Fの車内窓上には昭和30~40年代くらいの能勢電の駅や車両の写真が展示されていました。能勢電が今もこんな感じだったら、私は通いつめていると思います。
(2013.3.30)

 これもこだわりなのでしょうか。この車内に掲出されている広告類も、モノクロになっていました。
(2013.3.30)

 この編成が運用されている山下~妙見口間は意外にもいい撮影場所がほとんどないのが難点です。今後、イベントで川西能勢口まで出てくることがあれば、それがチャンスでしょう。
ときわ台~妙見口間(2013.3.30)

 能勢電も普段余り話題にならないものの、久しぶりに訪ねてみるとヘッドマークの大洪水になっていました。
山下(2013.3.30)

 開業100周年(3月から1501・1702・1705・1706の各編成に掲出)
(2013.3.30)

 「花折街道 桃の節句・雛のつどい」(3月2日から1704・1708Fに掲出)
(2013.3.30)

 この他、1502Fには3月29日~4月7日の間、「いながわ桜まつり」ヘッドマークが掲出されていますが、残念ながら、この日は入庫していました。
平野車庫(2013.3.30)

 もう一つ、3170Fが3月20日~5月19日の間、「のせでん春物語~春との出会いは妙見の森で~」という装飾電車になっています。これはヘッドマークだけではなく、車内の天井には桜(4月中旬からは菖蒲)の花を飾り付けているもので、運行スケジュールはウェブサイトでも紹介されているのですが、私が行った日は残念ながら運用がなく、これも入庫しているのを見るだけになってしまいました。
平野車庫(2013.3.30)
スポンサーサイト

テーマ : 鉄道 - ジャンル : 趣味・実用


地方私鉄トラックバック(0)|

≪前の記事 岡山電気軌道3010号さようなら運転
≫次の記事 さようなら、ありがとう京阪3000系

トラックバック

ブログ TOP


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。