現在の時刻(JST)

プロフィール

道楽

Author:道楽
現在、過去の話題も追加していますので、バックナンバーもご覧になってみてください。

ご来訪有難うございます。

見えにくい方はこちらで

最近の記事

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

まとめ

:スポンサーサイト

--/--/-- (--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告

558:京阪3000系ラストラン

2013/03/24 (Sun) 23:52
 この1年ほど、私たちを楽しませてきてくれた京阪旧3000系も、遂に最後の日が近づいてきました。
 貸切ツアーなど、様々なイベントが行われてきましたが、いよいよその最後を飾るラストランが、3月23日から始まりました。23・24・30・31日に中之島~出町柳間片道のみですが、臨時快速特急として運転されます。

 沿線には大勢の同業者が繰り出すなか、寝屋川車庫から中之島への送り込み回送がやってきます。既にここから趣向が凝らされていて、特急を表す「鳩マーク」が同じ塗り分けの鉄板で塞がれている、いわゆる「鳩隠し」になっています。これは原型の姿を保っていた頃、回送・試運転や特急以外の種別に使用される際に行われていたものですが、貫通扉に種別・方向幕を取り付けている現在ではその必要がなくなり、見られなくなっていました。
 引退に当たって「クラシックタイプ」として原型に近付けられたといっても、鳩マークは着脱式なのでそれを外せばいいだけなのですが、そこをあえて鉄板を用意してまで再現するとは、さすが京阪です。
千林~森小路間(2013.3.24)

 ラストランは往年の特急を再現するため、京橋~七条間がノンストップとするために、現行の特急よりも格上の臨時快速特急となりました。
 これまででも、そこまでやるかというくらい過去の再現に力を入れてきた3000系ですが、今回はその総仕上げともいうべきものになり、ダブルデッカー車8831(←旧3608)を抜いて7連(7連時代は4+3連の組み合わせだったので、今回のような貫通7連は実在したことはありません)にし、先頭車正面だけに復活していた旧車番を7両全車の側面にも復活させ、8681(←旧3655)側面窓上の「テレビカー」ロゴもオレンジ色に戻し、3505にも取り付けるなどやりたい放題ですが、以前に9000系を5連にして宇治線直通の臨時列車にしたこともある京阪には、これくらいわけないことでしょう。
 その代わり、ヘッドマークなどの特別な措置は一切行われず、雰囲気重視となりました。
京橋~野江間(2013.3.24)

 出町柳から寝屋川車庫への回送も「鳩隠し」でやって来ました。本番の快速特急よりも、こちらの方がレアかもしれません。
伏見桃山~中書島間(2013.3.24)

 側面にも復活した旧車番とテレビカーのロゴです。
伏見桃山~中書島間(2013.3.24)

 この運転日には三条駅でグッズ販売会も行われます。行ってみると結構な行列ができていましたが、商品自体は補充されるようで、品切れにはなっていませんでした。売られていたのはBトレインショーティーやアラームクロックといった、これまで発売されたグッズの他に、このラストランに合わせて新発売の愛蔵版ポスター(車内吊り広告)やポストカードセット、車内放送音源CD(わざわざ収録しなおしたもの)でした。
三条(2013.3.24)

 残すところ30・31日の2日間のみとなった3000系、24日は運行中に電車線停電が起こり、全線で一時運転見合わせというアクシデントにも見舞われましたが、最後まで事故なく走ってほしいと思います。
スポンサーサイト

テーマ : 鉄道 - ジャンル : 趣味・実用


関西大手私鉄トラックバック(0)|

≪前の記事 京阪石坂線だより
≫次の記事 近鉄「しまかぜ」ラインナップ撮影会

トラックバック

ブログ TOP


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。