現在の時刻(JST)

プロフィール

道楽

Author:道楽
現在、過去の話題も追加していますので、バックナンバーもご覧になってみてください。

ご来訪有難うございます。

見えにくい方はこちらで

最近の記事

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

まとめ

:スポンサーサイト

--/--/-- (--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告

550:さようなら名鉄瀬戸線6600系

2013/02/26 (Tue) 23:11
 名鉄瀬戸線では4000系の増備により、在来車両の置き換えが進められていますが、3月に4014Fが入線するのに備えて、瀬戸線固有形式だった6600系で最後まで残っていた6601F+6604Fが3月3日の「さよなら運転」で引退することになりました。
 引退にあたり、2月2日からは正面貫通扉に引退記念ステッカーを貼って運用されています。 
守山自衛隊前~矢田間(2013.2.24)

 今までの引退形式なら方向板を掲出するところ、6600系には板挿しがないため、ステッカーになったと思われます。
(2013.2.24)

 昭和53(1978)年に登場した6600系は当初、2連6本の陣容でしたが、昨年3月に6602Fと6605F、同じく昨年5月に6603Fと6606Fが既に引退しており、今回で遂に形式消滅となります。
 新しい4000系も瀬戸線だけの形式ですが、6600系がなくなると他は本線系統にもうじゃうじゃいる6000系しかいなくなるので、「せとでん」らしさが更に薄れてしまうように思えます。
守山自衛隊前~瓢箪山間(2013.2.24)

 私の訪ねていった日は、栄町→尾張瀬戸の普通と、逆方向の準急で行ったりきたりしていたので、一度目撃すれば後は追いかけやすく、有名撮影地の矢田川鉄橋(一番上の画像の撮影地)も明るいうちは常にカメラを構えた同業者の姿が見えていました。 
大曽根(2013.2.24)

 私は京阪旧3000系を撮影した後、午後から現地入りしたもので、尾張瀬戸行きはどこで撮影しても逆光になってしまうため、後追いばかりになりました。
旭前~尾張旭間(2013.2.24)

 矢田川鉄橋の逆アングルです。午後は踏切から、このようなアングルで撮影できます。
守山自衛隊前~矢田間(2013.2.24)

 6600系はこの後、3月3日にさよなら運転を行なうことになっていますが、参加応募はパノラマカー引退のときと同じくあこぎな方法が採られ、2月2日から発売される記念入場券セットに同封の応募券が必要になります。しかも応募券があっても申込者多数の場合は抽選になるとのことで、このせいか、記念入場券セット(栄町駅でのみ発売)はわずか300セット、主要10駅のバラ売り分でも各駅360枚と発売枚数が非常に少なく、アッと言う間に完売したのはいうまでもありません。例えば私のようにさよなら運転には参加しないが入場券はほしいという者には非常に困る内容です。それなら先着300人のみ応募券を渡すことにして、記念入場券自体はもっと多めに発売してもいいのではと思うのですが…。
大森・金城学院前~印場間(2013.2.24)

 この他の瀬戸線の話題としては、2月15日~3月3日の間、6035Fに「陶のまち瀬戸のお雛めぐり」PR板が掲出されています。この日は6600系の1本後に来る運用だったので、効率よく撮影できました。
守山自衛隊前~矢田間(2013.2.24)

 「お雛めぐり」自体は瀬戸市内で、2月2日~3月3日に開催されるイベントです。
(2013.2.24)
スポンサーサイト

テーマ : 鉄道 - ジャンル : 趣味・実用


関西大手私鉄トラックバック(0)|

≪前の記事 今さらですが山陽「清盛号」
≫次の記事 京阪旧3000系貸切ツアー

トラックバック

ブログ TOP


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。