現在の時刻(JST)

プロフィール

道楽

Author:道楽
現在、過去の話題も追加していますので、バックナンバーもご覧になってみてください。

ご来訪有難うございます。

見えにくい方はこちらで

最近の記事

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

まとめ

:スポンサーサイト

--/--/-- (--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告

544:伊予鉄道 創立125周年

2013/01/27 (Sun) 22:53
 伊予鉄道は昨年9月14日に創立から125周年を迎え、各種記念行事が行われていますが、行こうと思いつつ機会を逃し、気がつけばイベント期間終了まで後2か月になってしまっていました。伊予鉄訪問は約1年半ぶりになりますが、ようやく重い腰を上げて訪問してきました。

 松山市駅には、125周年記念電車「だんだん125(ワンツー号)」の記念撮影用ボードが置かれていました。
松山市(2013.1.23)

 同じく地下道には125周年のあゆみを記載した年表が掲出されていました。JR以外では南海電鉄に次いで長い歴史を誇る伊予鉄は四国初の鉄道でもあり、三津~古町間でライバル他社との競争もあったりしたのですが、そういうところは当然触れられず、さらっとした内容になっていました。
松山市(2013.1.23)

 さて、訪問時は平日だったので、以前にこのブログでも採り上げた朝ラッシュ終了後の単行回送を見に行きました。有名なのは高浜線の松山市~古町間で見られるものですが、郡中線でもラッシュ時に3連で運用されていた700系が2連になる際、松山市駅で開放された1両が引込み線に入っていく際にも見られます。
松山市(2013.1.23)

 そして松山市~古町間の回送も、本数は減っているものの健在です。
大手町~古町間(2013.1.23)

 古町では駅に入らず、直接車庫に入っていきます。
古町(2013.1.23)

 さて、この日のメインディッシュである「だんだん125」を撮影に周ります。松山市駅で運用を聞くと今日は郡中線を走るとのことでした。伊予鉄では高浜線・横河原線で撮影することが多いので、郡中線での撮影は610系登場直後に行って以来になります。
岡田~古泉間(2013.1.23)

 ところが、郡中線も撮影場所にと考えていた岡田~古泉周辺が道路との立体交差ができたり、線路横にホームセンターができたりと意外に撮影に難しくなっていました。側面に文字が入っているので、横がちに撮影するには田園地帯の広がる郡中線の方が都合がいいと思っていましたが、高浜・横河原線の方が撮影は楽になっていました。 横がちに撮影できる場所を探してたどり着いたのが重信川鉄橋手前の築堤です。
鎌田~岡田間(2013.1.23)

 鉄橋自体はガーダー下路橋なので撮影ができず、この築堤も手前に墓地があるので撮影には結構気を使います。
鎌田~岡田間(2013.1.23)

 郡中線は日中4運用あり、700系と3000系が2本(内1本が「だんだん125」)ずつの運用でした。郡中線を走る3000系は初めて見るので、「だんだん125」の次に来る3004Fも撮影します。
古泉~松前間(2013.1.23)

 こうやって並ぶと、同じ3000系でも「だんだん125」は伊予鉄というより、松本電鉄の3000系みたいです。
地蔵町(2013.1.23)

 この「だんだん125」は、3008Fにラッピングをしたもので、昨年3月29日に出発式を行い、今年3月末まで運転されます。これまで広島や高知に行くついでに寄ろうと計画したのが流れてしまい、運転期間も終わり間近になってようやく訪問した次第です。
松前~古泉間(2013.1.23)

 車内では中吊り広告スペースを利用して約3か月ごとに展示が行われており、12月からは「小学生が詠む 電車・バス 五七五展」というのが行われていますが、撮影に気を取られて乗車するのを忘れていました。
余戸(2013.1.23)
スポンサーサイト

テーマ : 鉄道 - ジャンル : 趣味・実用


地方私鉄トラックバック(0)|

≪前の記事 銚子電鉄再訪
≫次の記事 阪堺 モ172貸切電車

トラックバック

ブログ TOP


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。