現在の時刻(JST)

プロフィール

道楽

Author:道楽
現在、過去の話題も追加していますので、バックナンバーもご覧になってみてください。

ご来訪有難うございます。

見えにくい方はこちらで

最近の記事

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

まとめ

:スポンサーサイト

--/--/-- (--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告

541:富士急行1000系京王色新春イベント

2013/01/10 (Thu) 22:51
 最近、元大手私鉄の車両がいる地方民鉄が、元所有者と組んでイベントを仕掛けてくることが多いような気がします。例えば一畑で南海・京王の塗装が復活したり、京阪旧3000系絡みで富山地鉄と大井川鐵道も含めたイベントが展開されたりといった具合ですが、ここに来て派手に動き出しているのが元京王5000系です。
 前述の一畑2100形の京王色復活は以前にこのブログでも書きましたが、続いて富士急行1000形も昨年秋から1001Fが京王時代の塗装に復元され、初日の10月28日には京王電鉄から借りてきた「高尾」「陣馬」のヘッドマーク(5000系に付けていた本物)を掲出して走りました。この際は行けなかったので、ネット等で画像を見るにつれ残念に思っていたのですが、年も明けて正月に新年イベントとして再びヘッドマークを付けるというので、今度は行ってきました。

 このイベントは、1月1~3日と6日に、1001Fに京王から借りてきた「迎光」マークを付けて臨時快速として運転するというもので、正月は身動きがとれなかったので6日に行ってきました。1001Fの運用は土休日に限りホームページで公開されていますが、この日は早朝に河口湖から大月へ行き、昼過ぎに河口湖へ戻ってきて撮影会の後、大月行き臨時快速「迎光」となるというものでした。早朝の大月行きは特に何もなかったのですが、河口湖行きは予告にない新春ヘッドマーク付きでした。
三つ峠~寿間(2013.1.6)

 反対側も京王に似せた「迎春」マーク付きでした。これが分かっていたら、両側とも綺麗に撮影できる場所で狙ったのですが…。
三つ峠~寿間(2013.1.6)

1001Fの河口湖到着後、駅側線では「新春ミニ撮影会」が行われました。開始20分前に河口湖駅に着くと、既に長い行列ができており、やはり首都圏は違うとここでも思いましたが、先着200名に配布される硬券の参加証はもらうことができました。
 この撮影会は1001Fと、富士急色の1002F、富士急旧塗色リバイバルの1202Fの3並びで、「迎光」と先ほど掲出されていた「迎春」の他に、1002Fには前に見られなかった「陣馬」が付いていて、これで来た甲斐があるというものです。
河口湖(2013.1.6)

 1001Fの「迎光」と特急サボ。普段は平山城址公園の京王資料館に保存されているのが貸し出されたものだそうです。実はこの板は2枚あり、もう1枚は「高尾」とともに、同じく京王色に復元された元京王5000系のいる一畑電車に貸し出され、1月1~3日に、その京王色2101Fに掲出して運転されました。いつもの私なら一畑と富士急の両方を掛け持ちするところですが、身辺環境の変化と悪天候により一畑行きは断念せざるを得なくなり、正月3が日に加えて6日も掲出してくれる富士急のみで我慢です。
河口湖(2013.1.6)

 1002Fには「陣馬」が掲出されました。これも京王から貸し出されたものです。
河口湖(2013.1.6)

 1202Fは「迎春」でした。
河口湖(2013.1.6)

 撮影会はわずか30分のみでしたが、その間にマークの掛け替えがされ、1002Fには京王とは関係なさそうな円板が付きました。
河口湖(2013.1.6)

 よく見れば1002Fのさようならヘッドマークでした。今月末に6000系第4編成が入線すると入れ替わりに廃車されるそうで、既に運用からは離脱しており、係員氏によると「この編成に電気を通すのも今日が最後です」とのことでした。寝耳に水な話ですが、係員氏は1002Fの最後に何かイベントをしたかったと言っており、富士急社内にも相当好き者がいると見ました。
河口湖(2013.1.6)

 で、1001Fには「陣馬」が。特急マークも合わせて似合いすぎです。これで走る姿を私も見たかったです。
河口湖(2013.1.6)

 この状態で、撮影会は終わりを迎えました。
河口湖(2013.1.6)

 1000系3並びの横には、「ホリデー快速河口湖」で乗り入れてきたJR189系が留置されていました。これがホームからの目隠しのようになっていましたが、できることならもう少し皆で後ろに下がり、これや反対側に留置されていた6000系2編成も合わせて6並びの撮影もしたかったところです。
河口湖(2013.1.6)

 撮影会は時間が短いうえに、車両の前にロープを張った以外はほとんど係員による仕切りがなく(口頭で注意するくらい)、案の定大混雑となって上の画像も揉みくちゃにされながらの撮影となりました。大手私鉄なら5分毎の入れ替わり制など、このあたりを手際よく処理するのですが、スタッフの数が限られる地方民鉄にそこまで求めるのは酷でしょう。駅前のグッズ即売会で記念乗車券を購入してから、混乱の河口湖駅を後にしました。
河口湖(2013.1.6)

 さて、最後にこれがメインイベントともいうべき臨時快速「迎光」の撮影です。超有名撮影地の三つ峠で撮影しましたが、ここなら正面に日が当たると思っていたものの、太陽の周りが思ったよりも早くて半分面つぶれに…。
 「迎光」板は1枚だけなので、この反対側は方向幕で「快速 大月」を表示しているだけでした。
寿~三つ峠間(2013.1.6)

 久しぶりの富士急訪問、京王色の他にも色々撮影してきましたが、分量の関係上、別項に分けさせて頂きます。


スポンサーサイト

テーマ : 鉄道 - ジャンル : 趣味・実用


地方私鉄トラックバック(0)|

≪前の記事 阪堺 モ172貸切電車
≫次の記事 近鉄 臨時急行「開運号」

トラックバック

ブログ TOP


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。