現在の時刻(JST)

プロフィール

道楽

Author:道楽
現在、過去の話題も追加していますので、バックナンバーもご覧になってみてください。

ご来訪有難うございます。

見えにくい方はこちらで

最近の記事

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

まとめ

:スポンサーサイト

--/--/-- (--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告

532:大井川鐵道 臨時急行運転 

2012/11/26 (Mon) 23:55
 大井川鐵道では、10月27日~12月2日の間の土日祝日に、電車による臨時急行が1日1往復(往路は新金谷~千頭間、復路は千頭~金谷間)運転されました。この急行に長らく休車状態にあった元京阪3000系(3507-3008)が充当されるというので、いつ行くか検討したところ、SL列車が3本に増発される11月24日に行ってきました。

 前日訪問した広島から新幹線で掛川に行って一泊し、少々早い目に金谷に来たのですが、千頭行き電車から見た新金谷の車庫に3000系はいませんでした。もしやと思っていたら案の定、五和ですれ違った金谷行きが3000系で、知っていたら早起きしたのですが、今更ガタガタ言っても仕方ないので予定通り撮影地に向かいます。

 最初に来た「かわね路11号」はC10 8牽引でした。
青部~崎平間(2012.11.24)

 次いで「かわね路13号」はC11 190牽引でした。客車はトラストトレイン所属のスハフ43 2・3とオハニ36 7という非常に好ましい編成ですが、貸切団体でもあったのか、間に西武の電車から改造のお座敷客車ナロ80形を挟み、編成美という点では玉に瑕となったのが惜しいです。
青部~崎平間(2012.11.24)

 そして本題の臨時急行3000系です。古巣の京阪でも旧3000系が引退間近となり、その協賛イベントとして譲渡先の富山地鉄と大井川でも鳩マークが復活しましたが、どちらも「特急」の文字はテープで塞がれています。しかも困ったことに大井川では鳩マークは千頭側の3507のみに復活したため、晴れれば午前午後ともどこで撮っても正面に光線が当たらないというおまけ付きです。
 今回撮影地に選んだ崎平では線路の方角が若干変わるので、日が回るかもと思っていたのですが、影になってしまいました。
青部~崎平間(2012.11.24)

 臨時急行に続いて来た「かわね路1号」の牽引機はC11 227でした。C56 44の登場を期待していましたが、今回も振られました。
青部~崎平間(2012.11.24)

 千頭行きの電車を待つ間に、新金谷行きの「かわね路12号」がやってきました。 
千頭~崎平間(2012.11.24)

 千頭到着後、3000系は金谷行き出発まで3時間30分ほどは側線に留置されます。ここでも光線は金谷側の3008にしか当たりません。
千頭(2012.11.24)

 鳩マークのアップです。行先表示は窓下にステッカーで貼られていますが、どうせなら本家京阪のように方向板を挿せば、さらに話題になったのではないでしょうか。ない物ねだりの戯言ですが…。 
千頭(2012.11.24)

 復路の金谷行きは、午後の有名撮影地である抜里で撮影することにしました。まずは「かわね路14号」。
抜里~家山間(2012.11.24)

 やはり11月下旬にもなれば日の入りも早く、山間部でもあるので「かわね路2号」が通過する15時30分頃には太陽が山に隠れてしまいました。臨時急行の通過は更に1時間後なので、焦りが出てきます。
抜里~家山間(2012.11.24)

 光線を気にしなくてもよくなったので、振り返って補機も撮影。元大阪セメントのED501でした。これと大井川生え抜きのE10形2両を置き換えるため、西武からE31形3両を譲り受けたのですが、それから2年経った今も置き換えられる様子がありません。
抜里~家山間(2012.11.24)

 結局、抜里での撮影は諦め、現地で偶然会った友人Mさんの車に便乗させてもらい、改めてロケハンしたのですがいい場所が思いつかず、結局は川根温泉笹間渡に来ました。抜里から1駅戻っただけですが、帰りの時間を考えると、ここが限度でした。
川根温泉笹間渡~抜里間(2012.11.24)

 ほとんど日没間近の時間に来た金谷行き臨時急行。大井川の"巨大"方向板は、3000系に限らず元南海21000系でも似合っているとはとても思えないのですが、窓に小さく「急行」プレートが架けられるので、一応両側を撮影しておこうと思ったわけです。
川根温泉笹間渡~抜里間(2012.11.24)

 最悪な状況ですが、露出や感度を上げて辛うじて撮影し、お開きにしました。
川根温泉笹間渡~抜里間(2012.11.24)

 大井川では以前は電車急行が定期的に運転されており、私も急行料金を払って21000系の急行に乗った記憶があるのですが、調べてみると2003年に定期運転はなくなり、今回のような臨時列車としての運転だけになっているそうです。そのときに撮影した元北陸鉄道の「しらさぎ」や元伊豆箱根1000系も既になく、改めてトシをとったなぁと痛感しました。
スポンサーサイト

テーマ : 鉄道 - ジャンル : 趣味・実用


地方私鉄トラックバック(0)|

≪前の記事 京阪 臨時ノンストップ特急「洛楽」
≫次の記事 広島電鉄 開業100周年記念祭

トラックバック

ブログ TOP


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。