現在の時刻(JST)

プロフィール

道楽

Author:道楽
現在、過去の話題も追加していますので、バックナンバーもご覧になってみてください。

ご来訪有難うございます。

見えにくい方はこちらで

最近の記事

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

まとめ

:スポンサーサイト

--/--/-- (--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告

53:さようならピーチライナー(桃花台新交通)

2006/09/17 (Sun) 22:07
 桃花台新交通(ピーチライナー)が9月限りで新交通システムでは初めて廃止になるというので、行ってきました。
 これまで、接続する名鉄小牧線には何度も乗っているのですが、ついに立ち寄る機会もなく、また名鉄に乗っていて小牧手前での併走区間でも走行中のピ-チライナーすら見たことがないという状態で、最後の最後になってようやく、駆け込み乗車を果たしてきました。

 どんな閑散路線でも、廃止の1か月前ともなれば、そろそろ混んでくるものです。私も覚悟して行きましたが、小牧駅に行くと、このような状態でした。
閑散とした小牧駅入口

 ピーチライナーはこの100系に統一されていて、この手の車両にしては落ち着いたデザインなので、このまま廃車するとすれば非常に惜しいです。
小牧原~小牧間にて

 両端の駅には折り返し用のループ線があるため、運転台は片方にしかありません。こちらは運転台のない方(つまり、常に後方を向いている)ですが、どことなく北京の地下鉄に似ているので私は好感を持てました。
桃花台西~桃花台センター間にて(2006.9.16)

 駅には同好の方々もいましたが、乗ってみればそれほど混んでいるわけでもなく、休日の午後とはいえ、これでは廃止になるのも仕方ないと思えるほどの閑散ぶりです。それでも、先頭車最前列の座席だけは、いつも真っ先に埋まっていました。 
100系車内

 これが終端のループ線です。これは桃花台東駅で撮影したものですが、ループ線をくぐって延長できそうな構造になっています。実際、高蔵寺までの延長計画もあったらしいのですが、これが実現していたら、このような結末にはならなかったのではと思います。現在、高蔵寺~桃花台間は名鉄バスが結んでおり、ピーチライナー廃止後はJR春日井駅を結ぶ路線を新設するそうで、今更の話ですが、名鉄小牧線よりもJR中央本線と接続しておいた方がよかったのではないでしょうか。
桃花台東にて(2006.9.16)

 沿線は決して人口が少ないわけではなく、桃花台ニュータウン自体も街としては完成しているのですが、中間駅は桃花台センターを除くと、昼間はほとんど人影は見えませんでした。
人気のない桃花台西駅ホーム

 改めて調べてみると、開業は平成3年3月25日だそうで、もうちょっと前に開業していたと思っていたので、意外に新しいのに驚きました。わずか13年で役目を終えるピーチライナー、廃線跡の高架橋をどうするのかが今最も気になります。
スポンサーサイト

地下鉄・新交通システムトラックバック(0)|

≪前の記事 名古屋地下鉄「すごい車内会議」
≫次の記事 叡山電鉄「京都検定号」

トラックバック

ブログ TOP


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。