現在の時刻(JST)

プロフィール

道楽

Author:道楽
現在、過去の話題も追加していますので、バックナンバーもご覧になってみてください。

ご来訪有難うございます。

見えにくい方はこちらで

最近の記事

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

まとめ

:スポンサーサイト

--/--/-- (--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告

526:養老鉄道 開業5周年

2012/10/31 (Wed) 20:46
 養老鉄道が近鉄から営業を引き継いでから、10月1日に5周年を迎え、記念乗車券の発売などが行われています。その一方、10月中は各編成に記念標識板や近鉄時代の愛称板を掲出して運転していますが、これで従来から付いていた沿線自治体の板も併せて全編成に板が付くことになり、おもしろそうなので訪ねてきました。
IMG_7329_20121031194339.jpg

 板は掲出編成が固定されているため、西大垣駅に聞くと運用を教えてもらえます。教えてもらえるようになったのは、恐らく606Fがラビットカー色に復元されてから問い合わせが増えたためではないかと思いますが、おかげで効率よく撮影できました。本数がそれほど多くない路線で、6種類もの板を撮り集めるのは一度には無理で、二度に分けてようやく全て撮影できましたので、お目にかけます。

 近鉄時代の愛称板は3種類が掲出されましたが、私が近鉄時代に実際に見たことのあるのは「こどもの国号」だけで、他がいつどの区間で運転されていたのかは知らないものばかりでした。

「さくら号」(613F)
下深谷~播磨間(2012.10.19)

「こどもの国号」(611F)
下深谷~播磨間(2012.10.19)

「フルーツライン」(614F)
美濃高田~烏江間(2012.10.31)

 この他、事前告知にはありませんでしたが、ラビットカー色の606Fと、624Fにも10月16日から養老鉄道開業時に付いていた記念板が掲出されました。
播磨~桑名間(2012.10.31)

下深谷~播磨間(2012.10.19)

 この他、5周年記念板も制作され、602Fに取り付けられたのはいいのですが、どういうわけかこの編成は運用に入ることが少なく、朝のうちに大垣~揖斐間を数往復するだけの日が多くなっていました。今回ではメインの存在になるはずなのに非常に撮影が困難で、私も最終日に再訪する前、念のため西大垣駅に問い合わせると、やはりこの日も朝に揖斐方面を3往復するだけで、朝9時過ぎに西大垣車庫に入庫し、そのまま板は取り外されてしまいました。 
北神戸~広神戸間(2012.10.31)

 この記念板は前後で色が違い、ク502側の黄緑の板は揖斐方面では午後にならないと日が回らないのですが、こういう運用ではどうすることもできませんでした。
広神戸~北神戸間(2012.10.31)

 本家の近鉄が愛称板を小型円板に替えた中、近鉄から切り離された養老でかつての愛称板が復活するのは嬉しいことです。これからも何かしてくれるのではと、妙に期待してしまいます。

スポンサーサイト

テーマ : 鉄道 - ジャンル : 趣味・実用


地方私鉄トラックバック(0)|

≪前の記事 京阪旧3000系「なつかしのヘッドマーク」その1
≫次の記事 近鉄「復刻ラビットカー 乗る!撮る!学ぶ!ツアー」

トラックバック

ブログ TOP


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。