現在の時刻(JST)

プロフィール

道楽

Author:道楽
現在、過去の話題も追加していますので、バックナンバーもご覧になってみてください。

ご来訪有難うございます。

見えにくい方はこちらで

最近の記事

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

まとめ

:スポンサーサイト

--/--/-- (--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告

508:えちぜん鉄道の旧型車

2012/09/07 (Fri) 23:54
 福井まで来たからには、もう一方のえちぜん鉄道にも寄らなければということで、1泊した翌朝に訪ねてきました。
 お世話になっているリンク先の「えちぜん鉄道応援隊」管理人のminamiさんに事前にレクチャーをしてもらったところ、現在の運用のほとんどが元愛知環状鉄道のMC6000形になっており、京福電鉄から受け継いだ元阪神車やMC5000形の運用は激減しているとのことでした。中でも吊り掛け駆動のMC2100形は朝ラッシュ時の運用が2本程度と聞き、あまりの変化に非常に驚かされました。実際には元阪神車は夕方、それも撮影には厳しくなる17時以降に5列車が勝山永平寺線・三国芦原線で1~2往復程度走るのですが、そのうち勝山で滞泊となるMC2100形2編成が翌朝に福井へ戻ってくるのを撮るしかないということで、眠い目をこすって福井から最も近い撮影地である越前島橋へ向かいました。
福井(2012.9.5)

 
 最初に来たのは658K列車(勝山6:59発)の2113+2112でした。福井発の始発電車が勝山に着くのが7:28なので、始発からこの列車に乗るには勝山で前泊しないといけません。福井到着後は福井口車庫に入庫します。
観音町~越前島橋間(2012.9.5)

 その10分後、今度は3716K列車(勝山7:17発)で2111+2116が来ました。この列車は時刻表上には表記がありませんが「快速」と種別が付いており、勝山を出ると発坂・越前竹原・山王・永平寺口に停車し、松岡~福井間が各駅停車となります。これも福井からでは始発に乗っても越前竹原からしか乗れないので、全線で乗車や録音をしたいという人には手ごわい列車です。
 さすが2連にするだけあって結構混んでいましたが、朝の勝山永平寺線における吊り掛け車の運用はこれで終了です。 
観音町~越前島橋間(2012.9.5)

 この後、3716K列車に充当された編成は福井から三国芦原線に入り、西長田までの区間列車で1往復した後、入庫となります。越前島橋から後続の電車で追いかけると、数分の差で西長田行き(福井8:11発の6811M列車)には間に合わず、戻ってくる福井行き6900M列車(西長田9:01発)のみ撮影できます。
 朝の三国芦原線での吊り掛け車運用はこの1往復だけです。
鷲塚針原~中角間(2012.9.5)

 ここまで書くと、主力のMC6000形がいかにも憎たらしい存在のように受け取られるかもしれませんが、私自身はこの電車もお気に入りの一つで、特に2連になるとかなり見栄えがよくなるので、次回はこれを前パンタで撮影したいと思っています。
鷲塚針原~中角間(2012.9.5)

 えち鉄では、老朽化の激しい元阪神車(1100・2100・2200形)の置き換えを予定しているという噂があり、高らかに唸る吊り掛けの響きが福井で聞けなくなるのも時間の問題かもしれません。
スポンサーサイト

テーマ : 鉄道 - ジャンル : 趣味・実用


地方私鉄トラックバック(0)|

≪前の記事 遠州鉄道30形26+86さようなら運転
≫次の記事 福井鉄道「ビア電号」

トラックバック

ブログ TOP


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。