現在の時刻(JST)

プロフィール

道楽

Author:道楽
現在、過去の話題も追加していますので、バックナンバーもご覧になってみてください。

ご来訪有難うございます。

見えにくい方はこちらで

最近の記事

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

まとめ

:スポンサーサイト

--/--/-- (--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告

493:京阪石坂線「ビールde電車」

2012/07/22 (Sun) 22:53
 毎年恒例の、京阪石坂線「昭和レトロ・ビールde電車」の運転が、今年も6月29日~9月2日(盆期間を除く)に行われています。この手の電車に一人で乗るのは侘しいものがあり、これまでは下のような走行写真を撮影するだけでしたが、今年は友人Kさんが予約を入れてくれたので、ようやく念願の初乗車を果たしました。この後に長野電鉄「2000系D編成ファイナル撮影会」が同じ日に開催されることを知って焦りましたが、昼過ぎに長野を出て駆けつけ、間に合わせました。経済的なことを考えなければ、何だってやればできるものです。
 友人たちに乗車地点の浜大津駅で受付をしておいてもらい、私は駅前の交差点で回送を撮影してから駅に戻って合流しました。今度も運よく交差点で信号待ちのため停車してくれました。
三井寺~浜大津間(2012.6.30)

 「ビールde電車」(703-704)は浜大津で京津線用の折り返し線に入り、坂本行きホームに折り返してきました。石坂線・京津線の定期電車の合間に発車しなければならないので、乗車はかなり急かされます。
浜大津(2012.6.30)

 初めて乗った車内はこのように情感あふれるもので、レトロと銘打つだけあって、照明も通常の蛍光灯を消したうえで電球を吊り下げています。恐らく、高架下によくあるうらぶれた感じの安酒場をイメージしているのだと思うのですが、「吉田類の酒場放浪記」のファンでもある同行のKさんやXさんはこの雰囲気に大喜びで、早くも盛り上がります。
(2012.6.30)

 ビールと酎ハイ・ソフトドリンクは呑み放題で、その他にこのような弁当も付いてきます。これだけでも十分なのですが、おつまみは別売の物がある他、持ち込みもOKなので、私たちも色々と持ってきており、ビールがどんどん進みます。
(2012.6.30)

 レトロ演出のため、車内には古い広告や映画のポスターなどがたくさん飾られています。
(2012.6.30)

 古い公衆電話や円柱型の郵便ポストも置いてありましたが、どこから調達してきたのでしょうか。
(2012.6.30)

 スタッフの方は1両に2人ずつ乗っており、話に気を取られてジョッキを空のままにしておくと、すぐに「お代わりいかがですか」と声をかけてくれます。慣れた手つきでビールを注ぐこの方、最初はてっきりキリンビールの人だと思っていたのですが、聞くと京阪電鉄の社員さんで「昼は車庫で電車の整備をしています」とのことでした。増収策とはいえ、ここまでするのかと驚きました。
(2012.6.30)

 坂本駅では折り返しで15分ほど停車し、この間がトイレ休憩となります。
坂本(2012.6.30)

 「ビールde電車」のイメージキャラクター「ビアでんでん」。車体だけでなく、乗車券や乗車記念に渡されるうちわなど、あちこちに登場しています。
坂本(2012.6.30)

 その他に「うさぽん」というのもいましたが、こちらは調べてみると、地元で発行されている情報誌のキャラクターだそうです。
(2012.6.30)

 駅に停まればトイレだけではすまないわけで、あちこちで記念撮影会になっていました。夏のいい記念になるのは間違いなく、ビールだけでなく電車そのものでも楽しめるのがこの手のイベント列車の大きな魅力です。
坂本(2012.6.30)

 再び車内で飲み食い喋り笑いを大いに楽しみ、友人だけでなく横の席の人とも打ち解けてきた頃に、気がつくと石山寺駅に着いてしまいました。ここで2度目のトイレ休憩です。
浜大津(2012.6.30)

 石山寺から浜大津へ引き返し、ここで終了となりました。正直なところ、石山寺に着いた時点でおつまみが結構残っていたので、最後はビールで流し込むような状況になっていました。もっと乗っていたいのにと思いましたが、電車は乗客を降ろすとすぐに回送されていきました。内容は最高でしたが、乗車時間が2時間足らずというのは宴会としては短いと思います。後片付けなどであまり遅くできないと思いますが、浜大津~坂本間をもう1往復してもいいのではないでしょうか。
浜大津(2012.6.30)

 乗車時は他に気を取られて気づきませんでしたが、浜大津駅には「ビールde電車」用の乗車位置表示が掲出されており、ここにも「ビアでんでん」が描かれています。車内では終わり間近にスクラッチカードによる抽選会が行われ、ここで「ビアでんでん」のステッカーが当たってご満悦のKさん、Xさんと「また乗りたいねー」と話していましたが、後でホームページを確認すると早くもほとんどの日が満席になっていてキャンセル待ちを受け付けている状態で、想像以上に大人気列車なのでした。改めてKさんにはよくぞ予約して頂いたものと感謝しております。
浜大津(2012.6.30)

 このブログでも採り上げたことがありますが、冬場は「おでんde電車」が運転されます。先ほど話していた横の席の人は毎年「ビール」「おでん」とも乗車しているそうで、「『おでん』もすごくいいですよ」と強く勧められました。「今度は『おでんでん(「おでんde電車」のイメージキャラ)』のステッカーを当てる!」と息巻くKさんが冬も予約してくれるそうなので、今から楽しみにしています。
スポンサーサイト

テーマ : 鉄道 - ジャンル : 趣味・実用


路面電車トラックバック(0)|

≪前の記事 叡山電鉄「がんばろう!東日本の鉄道」トレイン(その3)
≫次の記事 長野電鉄2000系D編成ファイナル撮影会

トラックバック

ブログ TOP


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。