現在の時刻(JST)

プロフィール

道楽

Author:道楽
現在、過去の話題も追加していますので、バックナンバーもご覧になってみてください。

ご来訪有難うございます。

見えにくい方はこちらで

最近の記事

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

まとめ

:スポンサーサイト

--/--/-- (--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告

487:名古屋市営地下鉄N3000形登場

2012/05/21 (Mon) 23:37
 名古屋市交通局では、鶴舞線に3050形以来17年ぶりとなる新型車両N3000形を導入し、1977年の開業時から使用されている3000形を置き換えることになりました。
 N3000形は第1編成が昨年10月に登場し、整備や試運転の後、今年3月16日から営業運転を開始しているのですが、どうしたことか平日のみとか、鶴舞線内を1往復だけといった限定運用にされることが多く、地元でない限り目にする機会が少ない車両になっていました。ちなみに、交通局テレホンセンターにN3000形の運用を聞いてみたところ、「安全上の理由でお教えできません」と言われてしまいました。
 そのN3000形の見学会が鉄道友の会名古屋支部で開催され、ようやく対面できました。
日進車庫(2012.5.20)

 3000形・3050形とステンレス車が続いた後、アルミ車体になったN3000形は明るく見え、非常に目立ちます。
日進車庫(2012.5.20)

 N3000形の傍らには、入れ替わりに引退する運命の3000形が留置されていたのでこれも撮影させてもらいました。30年選手とはいえ、先輩たちのようにどこかで再活躍の場があることを願わずにはおれません。
日進車庫(2012.5.20)

 車内の見学もできました。注目されたのがこの製造銘板で、先ほどアルミ車体と書きましたが、日立製のアルミ車はこの第1編成だけで、第2編成以降は日本車輌製のステンレス車になり、仕様が一部変更されるそうです。これからN3000形が数を増やしていっても、第1編成は3050系における3059Fのようにレア扱いされることになるかもしれません。
(2012.5.20)

 さすがに乗務員室までは入れてもらえず、運転台はガラス越しの撮影となりました。
(2012.5.20)

 車内全景(見学会よりも後で営業中に撮影した画像の方が綺麗に撮れていたので、こちらを掲載します)
 色合いは3050形と同じような感じですが、吊り革によって高さが異なる、座席が7人がけを明確にするため間にポールが設けられるなど、随所に新機軸が盛り込まれています。
(2012.5.20)

 車いすスペースも各車両の端に設けられています。
(2012.5.20)

 扉の上(2か所おき)には最近の新車には必需品になりつつある液晶モニター(ハッチービジョンといわれています)が設けられ、これで各種案内が行われます。
(2012.5.20)

 名鉄線内走行時の案内。駅名は漢字→ひらがな→アルファベットの順に表示され、下部で路線図や乗り換え案内などが映されます。
(2012.5.20)

 これが、鶴舞線に入ると若干表示が変わるのにお気付きでしょうか。私も友人に教えてもらうまで気が付きませんでした。
(2012.5.20)

 側面・正面の行先表示器はこれも液晶で、撮影者泣かせです。これも地下鉄と名鉄では表示方が異なり、試運転を行っていた際は地下鉄では赤地に白字で「試運転」ですが、名鉄では「試」と左側(つまり種別にあたる部分)に出ただけでした。 
(2012.5.20)

 見学会終了後、N3000形はそのまま運用に入り、乗り入れ先の名鉄豊田線にも入ってきました。初期のような限定運用(様子見のためだったのでしょうか)ではなくなっているようです。
三好ヶ丘~黒笹間(2012.5.20)
 
 最後に、豊田市から伏見まで乗ってみました。上の車内の写真はこの際に撮影したものです。で、上の豊田線での画像と見比べて頂きたいのですが、行先表示が名鉄線内では「普通 上小田井」のように種別まで表示するのに対し、地下鉄では各駅停車しかないので「上小田井」と駅名のみを表示します。
伏見(2012.5.20)

 同じく乗り入れ先の名鉄犬山線では地下鉄車両使用の急行犬山行きという列車があり、そこにN3000形が充当されると面白いことになりそうです。
スポンサーサイト

テーマ : 鉄道 - ジャンル : 趣味・実用


地下鉄・新交通システムトラックバック(0)|

≪前の記事 阪堺モ505 塗装変更
≫次の記事 富山の鉄道ツアー②富山地方鉄道

トラックバック

ブログ TOP


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。