現在の時刻(JST)

プロフィール

道楽

Author:道楽
現在、過去の話題も追加していますので、バックナンバーもご覧になってみてください。

ご来訪有難うございます。

見えにくい方はこちらで

最近の記事

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

まとめ

:スポンサーサイト

--/--/-- (--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告

459:札幌市電訪問

2012/03/04 (Sun) 23:26
 3月4日、いつもお世話になっている「電鉄倶楽部」さんが札幌市電M101を貸切されたので、参加してきました。
 
 札幌に行くのは7年ぶりで、M101もそれ以来となります。あの時から「貴重な車両」と言われていましたが、今も現役でいるのは嬉しい限りです。1961(昭和36)年にM100形M101とTc1形Tc1の2両連結車(切り離し可能)として登場し、「親子電車」と呼ばれていましたが、ワンマン化に対応できないためTc1は1971(昭和46)年に廃車され、M101のみが連結器を撤去し、ワンマン化のうえ使用されてきました。なお、Tc1は地下鉄自衛隊前駅高架下の札幌市交通資料館で保存されています。
西4丁目(2012.3.4)

 集合場所の西4丁目から乗車すると、この電車は映画のロケに使用されたようで、主演の大泉洋がサインをしていました。
(2012.3.4)

 電車事業所前に到着後、貸切なので私たちを乗せたまま車庫に入り、形式写真撮影会となりました。藻岩山をバックに、最高の撮影条件ですが、天気は今一で雪がちらついてきました。
 M101は3300形への車体更新が予定されていたため、車体にはほとんど手を入れられておらず、旧塗装のままで車内もほぼ原型を保っています。このおかげで人気車両になったので、いつも書いていますが車両の運命はどこでいい方に転ぶか分かりません。
電車事業所(2012.3.4)

 この後、ササラ電車(正式には「ロータリーブルーム式電動除雪車」というそうです)の撮影会となりました。手前から3・1・11・2で、天気がよくなったこともあって、主役のはずのM101を完全に食ってしまいました。「このまま本線上をパレードしてくれたら…」と思いましたが、これは撮影のために全部出してきたわけではなく、この日の朝に出動した2を撮影するためには庫内にいた他の3両を出さないといけなかったものです。 
電車事業所(2012.3.4)

 雪1形3
電車事業所(2012.3.4)

 雪1形1
電車事業所(2012.3.4)

 雪10形11。 もとは4から改造したものだそうです。
電車事業所(2012.3.4)

 そして雪1形2。札幌で前泊していたので、朝4時頃に沿線に出れば動く姿を見れていたのですが、この時期の札幌でそれは相当きついと思います。「明日も出動しますよ」と言われましたが、今日帰らないといけないので、来年以降までお預けです。
 実際にササラを動かせて見せてもらいましたが、この程度の雪でもかなりの勢いでかき上げるので、うっかり近付くことができません。
電車事業所(2012.3.4)

 大充実の撮影会が終わり、再びM101が出庫します。今度は乗車ではなく撮影用です。
電車事業所前~中央図書館前間(2012.3.4)

 撮影用なので速度は遅く、藻岩山をバックに様々な構図で撮影できました。
電車事業所前~中央図書館前間(2012.3.4)

 1本目は中央図書館前で折り返します。普段は使用されない渡り線を通るのを見ると、札幌市交通局もよくぞここまでしてくれるものだと驚かされます。
中央図書館前間(2012.3.4)

 2本目は幌南中学校前で折り返し。車にかぶられたり天気が急に曇ったりと、撮影には案外苦労します。
石山通~東屯田通間(2012.3.4)

 この日はもう1両、貸切電車が運転されていました。同じ貸切でも乗らずに撮影する私達とは違い、こちらは車内でパーティーをしていました。札幌市電では電車を案外安価に貸し切ることができるので、よく利用されているようです。
資生館小学校前(2012.3.4)

 最後に、電車事業所前~すすきの間を往復してM101貸切は終了となりました。今回も楽しませて頂きました。
資生館小学校前~東本願寺前間(2012.3.4)

 M101を待つ合間にも様々な広告電車が通り、全く退屈しませんでした。
 3303の「雪ミク電車」。昨年12月19日から今年3月31日までの運転で、外観だけでなく車内も初音ミクで埋め尽くされています。乗車する機会はありませんでした。
電車事業所前~中央図書館前間(2012.3.4)

 3301はサッポロ飲料の「リボンシトロン」の広告電車になっていました。「リボンシトロン」は今年で発売から102周年、姉妹製品の「リボンナポリン」は100周年を迎えるそうです。
電車事業所前~中央図書館前間(2012.3.4)

 その他にも居酒屋に不動産屋にコカコーラと、とにかく派手な塗装が繰り出されます。札幌市電には落ち着いたイメージを持っていたのですが、少し印象が変わりました。 
中央図書館前~石山通間(2012.3.4)

 今回は3月1日から関空~新千歳空港間にLCC「ピーチ」が就航したため行けるようになったもので、座席の狭さが難点ですが、それにさえ耐えられれば、諸費用込みで片道1万円弱はありがたいです。北海道も身近になったものです。
スポンサーサイト

テーマ : 鉄道 - ジャンル : 趣味・実用


路面電車トラックバック(0)|

≪前の記事 さようなら札幌地下鉄3000形
≫次の記事 京阪「石坂青春号」

トラックバック

ブログ TOP


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。