現在の時刻(JST)

プロフィール

道楽

Author:道楽
現在、過去の話題も追加していますので、バックナンバーもご覧になってみてください。

ご来訪有難うございます。

見えにくい方はこちらで

最近の記事

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

まとめ

:スポンサーサイト

--/--/-- (--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告

452:まだまだ京阪石坂線

2012/02/14 (Tue) 23:35
 京阪石坂線は相変わらず、ラッピング電車を濫発してくれます。

 まずはバレンタインデー電車「スウィートトレイン」です。601-602が1月30日~3月14日の間、このようなラッピングをされています。仏教と神道のわが国にはそぐわない西洋の風習ですが、これで石坂線の収支に貢献するのなら致し方ありません。また、正面に付いている副標のデザインが前後で異なるのが、撮影する側には非常に曲者です。
三井寺~浜大津間(2012.2.12)

 もう一つは「ウィンターイルミネーショントレイン」、イルミネーション電車も度々運転されていますが、今回は701-702で昨年12月19日から2月19日までの運転です。
別所~三井寺間(2012.2.12)

 前にも採り上げた「源氏物語 千年の謎」(705-706)は好評のため、1月下旬までの予定が2月17日まで延長されています。これは近づいてくると、遠目にもすぐに判ります。
別所~三井寺間(2012.2.12)

 これだけ撮れたら帰れるはずが、まだそうもいかないので、時間つぶしに他の列車を撮影に行ってきました。
 緑一色への塗り替えが進む湖西線の117系。緑に比べたら、東海色や福知山色、サンライナーの方がはるかに見栄えがいいです。原色が見られるのも後どれくらいなのやら。 
山科(2012.2.12)

 阪急6300系「京とれいん」、しばらく見れていませんでしたが、昨年10月15日から扇子型のヘッドマークが掲出されるようになりました。話題としては古いですが、同じデザインでも京都側が銀色、大阪側が金色と色を分けています。それはいいのですが、貫通扉の車番が見えなくなってしまいました。
西院~西京極間(2012.2.12)

 日没を待って石坂線に戻ります。「ウィンターイルミネーショントレイン」はその名のとおり、夜になると側面のLEDが点灯します。今までのイルミネーション電車から比べるとおとなしいですが、インパクトはありました。
南滋賀(2012.2.12)

 もう一つ、これも冬恒例の「おでんde電車」、12月17日~2月18日の指定日に運転され、703-704が専用車両となっています。夏の「ビールde電車」と同じく浜大津18:25発とあっては、夏と違って日没後で、途中駅も徐行ながら通過してしまうので撮影には非常に苦労しました。送り込み回送を浜大津駅手前の併用軌道区間で信号で停まるのを期待しましたが、こんなときに限って停まらず、浜大津から坂本へ向かう便は駅を通過したうえに対向電車にかぶられ、次の石山寺へ向かう便をもう一度、浜大津の信号で狙って今度は停車したのでようやく撮影できた次第、おかげで帰宅が非常に遅くなりました。
三井寺~浜大津間(2012.2.12)

 「おでんde電車」は非常に好評で、最終日まで全便満席となっています。撮影のため寒さに凍えながら待って、ようやく来たこの電車の窓が車内の熱気で結露しているのを見て、自分は何をしているのだろうかと非常に空しくなってしまいました。次回は乗車する方に周りたいです…。
スポンサーサイト

テーマ : 鉄道 - ジャンル : 趣味・実用


路面電車トラックバック(0)|

≪前の記事 えちぜん鉄道ML521形試運転に遭遇
≫次の記事 万葉線の除雪電車(デ5022)

トラックバック

ブログ TOP


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。