現在の時刻(JST)

プロフィール

道楽

Author:道楽
現在、過去の話題も追加していますので、バックナンバーもご覧になってみてください。

ご来訪有難うございます。

見えにくい方はこちらで

最近の記事

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

まとめ

:スポンサーサイト

--/--/-- (--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告

437:台湾火車道楽①EMU100系で通勤

2012/01/10 (Tue) 23:59
 話は前後しますが、昨年末に再び台湾へ行ってきました。
 台北に着いた翌朝に向かったのは、市民大道と光復南路の交差点です。捷運(地下鉄)国父紀念館駅から北に15分ほど歩いたところですが、台北駅からタクシーでも10分ほどで着けます。
 市民大道に面して台湾鉄路局の台北機廠(台北鉄道工場)があり、柵越しに構内をのぞき見ると意外な車両が停まっていました。
台北機廠(2011.12.28)

 これは以前から台湾の鉄道ファンの間で噂になっている松山駅~台北工場間の職員輸送用列車で、使用車両は特定されていないようなのですが、ここしばらくは「英国婆仔」こと初代「自強号」EMU100系が使用されています。
 定期運用がなくなって久しいEMU100系に、こんなところで再会できるとは感激です。
台北機廠~松山間(2011.12.28)

 この職員輸送列車は工場07:38→松山7:43~7:52→工場7:57というダイヤで運転されており、松山駅が地下なので工場を出るとすぐに地下に入ってしまいます。幸いにも、地下線の出入り口が市民大道に面しており、当然高い柵で囲われているのでそれによじ登るか、脚立などを持っていけば出入りする列車を見ることができます。
 かつては俊足を誇ったEMU100系も、この列車では30~40km/h程度でのろのろ走っていくだけで、吊り掛け駆動の音も発車の際にかすかに聞こえるだけですが、風格は十分残っています。私個人としては、5連を2本連結した10連で走る姿しか見たことがなかったので、5連単独で走るのを初めて見て喜んでいたりします。 
松山~台北機廠間(2011.12.28)

 職員専用ホーム(一番上の画像と同じ場所)は、なぜか外からも簡単に入れます。工場の事務所棟からかなり離れた場所ですが、見ていると列車に乗ってきた職員は一度降りた列車に再び乗ろうとしており、車内でも先頭車に向かって移動している人が見え、誰も外に出てこようとはしません。
 実はこのホームの向いにもう一つホームがあり、そこが工場の裏口らしき門につながっています。職員はそこから工場に入っていくのでした。ホームが先頭車部分にしかないため、皆が先頭車へ移動していたわけです。
台北機廠(2011.12.28)

 出入り自由(というわけではないですが)なのをいいことに、車内も撮影してきました。走行中は車内にいるとあまり吊り掛けの音が響いてこないのですが、もう一度、乗車したいものです。
台北機廠(2011.12.28)

 工場到着後、職員を降ろしたEMU100系は工場構内へ引き揚げます。一旦先ほどの交差点の方へ向かい、スイッチバックで工場へ入るのですが、この引き揚げ線が5両分ギリギリしかなく、通常の停め方では最後部車両がポイント上に停まってしまいます。職員が出てきて、トランシーバーで運転士に「後もう少し!」と指示を送り、動いては停まりを数回繰り返した後、最後部の台車がポイントから離れたのを見てポイントを切り替えます。
 毎日こういうことを繰り返しているのでは、相当面倒な作業といえます。
台北機廠(2011.12.28)

 台北工場は北側向かいに「京華城」という大型商業施設があり、南側には台北101(台北国際金融センター)もあることから、立地条件がすごくいいところにあります。そこで、台北市では都心の一等地にある台北工場を郊外に移転させたうえで、跡地の再開発を行う計画を持っています。京華城から台北101を一直線に結ぶ道路を造るそうで、工場は古蹟に指定されている日本時代からの浴場などを残して、更地にされる運命にあります。
 この通勤列車も、そう遠くないうちに見納めになるかもしれません。 
台北機廠(2011.12.28)

 撮影後、タクシーで台北駅に向かいました。駅前には、10月24日~12月4日に駅構内で開催された「台鉄百年文物特別展」の一環で展示された台東線のナローSL(LDK58)とディ-ゼルカー(LDR2201)がまだ展示されていました。私はこの文物展を見逃して口惜しい思いをしていたのですが、これで少しだけ救われました。
 LDK58はもともと台北工場構内で展示されていたもので、私もかなり前に工場を見学した際に見たことがありますが、綺麗に整備されているのは何よりです。ちなみに、LDR2201は苗栗の鉄道文物展示館から運んできたものです。
台北(2011.12.28)

 職員輸送列車については、台湾の鉄道誌「鐵道情報」の古庭維編集長から色々とご教示を頂きました。この場を借りて御礼申し上げます。

【追記】
 なお、この列車は夕方にも運転されているそうで、工場16:49→松山16:55~17:04→工場17:09というダイヤになっているそうです。ただ、残念なことに1月一杯で電車の運転は取りやめられ、バス輸送に替わるそうです…。
スポンサーサイト

テーマ : 台湾 - ジャンル : 海外情報


海外亡命トラックバック(0)|

≪前の記事 台湾火車道楽②六家線を訪ねて
≫次の記事 帰ってきた伊豆急行100系

トラックバック

ブログ TOP


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。