現在の時刻(JST)

プロフィール

道楽

Author:道楽
現在、過去の話題も追加していますので、バックナンバーもご覧になってみてください。

ご来訪有難うございます。

見えにくい方はこちらで

最近の記事

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

まとめ

:スポンサーサイト

--/--/-- (--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告

431:阪堺電車の新年

2012/01/06 (Fri) 20:37
 寒中お見舞い申し上げます

 遅ればせながら、本年も何卒よろしくお願いいたします。

 さて、この正月は昨年に引き続き、阪堺電車を追いかけていました。
 今回は沿線の撮影は控えめにし、最も多くの電車が集まる住吉大社付近での古豪モ161形絡みのレアシーンを中心に撮影しました。モ161形でなくとも、正月の阪堺電車では同じ行き先の電車が続行したり、3両くらい数珠繋ぎに停車したりと、普段はラッシュ時でも見られない光景が展開されます。予想通り、住吉交差点では大勢の同業者がカメラを構えていましたが、私の見る限り、鉄道ファンよりも一般の参拝客の方に電車運行上危険な行為をする人が多かったです。
住吉(2012.1.3)

 正月3か日の住吉大社周辺は自動車通行禁止になり、軌道がロープで区切られるほかは歩行者天国状態になります。住吉の阪堺線あびこ道行きホームは閉鎖(このため、恵美須町方面から電車に乗ると東玉出の次が住吉鳥居前になります)、上町線の住吉公園行きホームも天王寺駅前行きホームの向かいに設けられた臨時ホームがメインになり通常のホームは浜寺駅前行きと、住吉公園行きのうち臨時ホームに先行電車がまだ停まっている場合のみ使用されます。住吉と住吉鳥居前には臨時きっぷ売り場も設置され(下の画像でモ168の左に見えている草色の小屋)、正月3か日限定で乗車券が発売されます。この切符は毎年デザインが変わるので、気が抜けません。余談ながら、天王寺駅前も相当な混雑になりますが、ここでも干支をデザインした往復乗車券が発売されます。
住吉(2012.1.2)

 住吉鳥居前も臨時ホームと改札口が設けられ、乗降を分離して乗客を捌きます。といっても、特に乗車は時間がかかることが多く電車も遅れ気味、そこに対向の電車がやってくると結構な確率で色んな電車の並びが見られます。
 都電と南海電車の並びが見られるのは阪堺ならではの光景ですね。 
住吉鳥居前(2012.1.1)

 角度を工夫すれば3両の電車を1枚に収めることも可能です。
住吉鳥居前(2012.1.1)

 これが3両ともモ161形だったら、もう何もいうことはありません。まさに正月にしか見られないレアシーンといってもいいと思います。
住吉鳥居前(2012.1.1)

 もう一つは住吉交差点での行き違い、通常は交差点では行き違いをしないのですが、後ろに電車がつかえている状況ではそういうことを言っていられません。
住吉鳥居前(2012.1.1)

 住吉公園でも2線をフル活用します。そのはずが、この画像を撮った直後、右側のモ162が故障してしまいました。既に乗客が乗り込んでいた後なので、係員が平謝りでモ164に誘導していましたが、その際に「すみませーん。この電車、昭和ヒトケタ製でボロボロなんですわ。」と説明していました。何もそこまで言わなくても…。
 ただ、乗客の反応は、車内の「昭和参年」製の製造銘板を見て喜んでいたり、iPadで検索してモ161形が現役最古参の営業用車両と知って驚いたり(これらの人々は鉄道ファンではありません)と、決して古いからといって不評なわけではないので、それを活かして集客策を講じられないものかと思いました。
住吉公園(2012.1.3)

 モ162の代わりに、昼に入庫していたモ166が出てきました。夕方でブレた画像で恐縮ですが、阪堺には行先表示に「回送」や「臨時」がないので、回送される場合は「試運転」を出します。
住吉公園(2012.1.3)

 雲電車は昨年にモ168が青雲になったことで、モ501(黄)、モ166(黄緑)と3両になりました。偶然、住吉公園発天王寺駅前行きで続行になりました。
住吉公園~住吉間(2012.1.3)

 2両並びなら、それこそ面白いように色々な組み合わせで撮影できるのですが、たとえばモ162・163(旧塗装)やモ165・170(南海電車旧塗装)といった同じ色同士の並びは、なかなかタイミングが合わず、今回はお見せできるような画像が撮れませんでした。
住吉鳥居前(2012.1.3)

住吉鳥居前(2012.1.2)

 今年最大の注目は、レトロ復元車モ161が出てくるかどうかという点でした。普段はイベントや貸切専用になっている161は、「多客時に車両が不足したら営業運転にも入れる」とのことで、実際車内には広告も入れられ、パンタを上げて我孫子道でスタンバイはしていたのですが、やはり極力出さない方針だったようで、3か日間は遂に出動しませんでした。1日は161を含めて3両ある予備車のうち2両までが臨時増発で出てきたので、もしや!と思ったのですが、そうは問屋が卸しませんでした。
我孫子道(2012.1.2)

 今年もこんな調子で参りたいと思っております。よろしくお付き合いください。







スポンサーサイト

テーマ : 鉄道 - ジャンル : 趣味・実用


路面電車トラックバック(0)|

≪前の記事 静岡鉄道 臨時急行「セノバ号」
≫次の記事 JABOTABEK探検記④元メトロの車両

トラックバック

ブログ TOP


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。