現在の時刻(JST)

プロフィール

道楽

Author:道楽
現在、過去の話題も追加していますので、バックナンバーもご覧になってみてください。

ご来訪有難うございます。

見えにくい方はこちらで

最近の記事

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

まとめ

:スポンサーサイト

--/--/-- (--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告

422:大阪地下鉄御堂筋線30000系登場

2011/12/11 (Sun) 22:49
 大阪市営地下鉄では、御堂筋線10系の置き換え用として30000系(谷町線の同形式車をマイナーチェンジしたもの)を導入することになり、1本目の31901Fが12月10日から営業運転を開始しました。
 しばらくは1編成のみで、2013(平成25)年度以降に増備を開始するそうです。御堂筋線のように本数の多い路線で1編成だけを待つのも非効率なので、最初は初日に行くつもりなどなかったのですが、ホームページに10日の運行時刻が発表され、しかも別件で外出予定の30分前に出れば寄り道できることが分かったため、一番列車のみ見てくることにしました。

 一番列車は新金岡(中百舌鳥検車場)から出庫し、なかもず8時18分発の千里中央行きとなります。8時になかもず駅へ行くと、思ったよりも多くの鉄道ファンが30000系を待ち構えていました。親子連れが多いのが目立ちましたが、肝心の子供よりも親の方が撮影等に熱心でした。
なかもず(2011.12.10)

 なかもず駅で発車待ちの31901F。谷町線でのデビュー時のように、登場記念のヘッドマークが付いていることを期待して来たのですが、装飾類は一切ありませんでした。
なかもず(2011.12.10)

 一本前の電車で先回りして西中島南方へ。ここも5~6人の先客がいて、駅員から「白線と柵から少しでも身を乗り出したら撮影をやめてもらいます」と警告されました。確かに一人、危険な姿勢で撮ろうとしているのがいましたが、無事に撮影できました。
中津~西中島南方間(2011.12.10)

 撮影後、すぐに乗り込んでようやく記念すべき初乗車となりましたが、御堂筋線なので車内は当然混雑しており、次の新大阪で降りないといけないので、イチョウの葉と銀杏の実をあしらった化粧板や液晶ディスプレイの案内表示器といった車内設備をじっくり見る余裕はありませんでした。
(2011.12.10)

 たった一駅、新大阪で下車して後追いでも撮影。2両目以降はビルの影になってしまいますが、時間的にこれは仕方ありません。この後、千里中央からなかもずまで走った後、たった1往復だけでこの日は入庫してしまいます。私はそこまで見ている余裕がなく、この後、本来の用事に向かいました。
新大阪(2011.12.10)

 御堂筋線で20年ぶりの新車(私とほぼ同世代の10系はともかく、21系でも登場からそんなに経っていたとは今さらながら驚きました)となる30000系ですが、府知事から滑り込んできた新市長が市営地下鉄の民営化を叫んでいる現状で、計画通り2年後から増備できるかどうか見ものだと思います。
スポンサーサイト

テーマ : 鉄道 - ジャンル : 趣味・実用


地下鉄・新交通システムトラックバック(0)|

≪前の記事 JABOTABEK探検記②ブキットドゥリ電車区訪問
≫次の記事 JABOTABEK探検記①タンジュン・プリオク駅のイベント

トラックバック

ブログ TOP


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。