現在の時刻(JST)

プロフィール

道楽

Author:道楽
現在、過去の話題も追加していますので、バックナンバーもご覧になってみてください。

ご来訪有難うございます。

見えにくい方はこちらで

最近の記事

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

まとめ

:スポンサーサイト

--/--/-- (--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告

408:水間鉄道「鉄道の日」イベント

2011/10/16 (Sun) 22:50
 水間鉄道では、10月16日に水間観音駅で「鉄道の日」イベントを行いました。午前中には車両部品即売会などもあったのですが、それらはパスして午後から出かけました。
 
 1007-1008には毎年恒例になった「児童絵画展」のヘッドマークが付いていました。
三ツ松~三ヶ山口間(2011.10.16)

 1008側。
(2011.10.16)

 1007側。見たところ、今年はこの1編成のみに掲出のようです。
(2011.10.16)

 車内(これは1007Fではなく、留置中の1001Fのものですが)に掲げられていた絵は、以前は水間鉄道の電車を描いたものを展示していましたが、今年は電車以外の物を描いた方が多かったです。
水間観音(2011.10.16)

 水間観音駅では1番線に留置した1003Fの車内・周辺でイベントが行われ、定期電車は2番線へ発着していました。 
水間観音(2011.10.16)

 車内をのぞくと、三陸鉄道グッズの販売も行われていました。まだ乗ったことはないのですが、東日本大震災で今なお一部不通が続く三陸鉄道への応援を兼ねて、何点か購入しました。
水間観音(2011.10.16)

 驚いたことに、ヘッドマーク等でおなじみ(?)の「葛城ポン太くん」が着ぐるみになっていました。沿線に立つポン太くんを電車の窓から探すというイベントが行われていました。
水間観音(2011.10.16)

 私が行ったのは、予約してあった記念入場券セットを引き取るためで、入場券の他に、ご当地バーガーと小松菜ジュースが付いてきました。どちらも非常においしく、特に小松菜ジュースが意外にジュースらしい(野菜ジュースのような青臭い味がしない)のは新鮮で、2杯目もおかわりしてしまいました。
水間観音(2011.10.16)

 この後は「車庫見学ツアー」に参加しました。まずは留置中の1001Fを使っての洗車場体験。アナウンスによると、洗車場の前後には試験用のATS地上子が設置されており、洗車と同時にATSの動作確認も行っているそうです。
水間観音(2011.10.16)

 洗車体験が終ると、「線路に入らない限り、自由に車庫を見ていってください」とのことで、早速入らせてもらいます。相変わらず、7003Fが昼寝しています。
水間観音(2011.10.16)

 最初に目に入ったのはこのアント。ミニサイズながら意外に力持ちで、自走できない7003Fを駅で展示する際にはこれが牽引・推進します。
水間観音(2011.10.16)

 アントには使用していないパイオニア台車が3つ繋がれていました。この台車は入場時の仮台車に使っているのではと思うのですが、今でも使えるのでしょうか。
水間観音(2011.10.16)

 7003はステッカー類を剥がして東急時代の姿に復元されています。自由に見てもいいとはいうものの、それほど広い車庫でもないので、これらを一通り見ると堪能してしまい、20分もしないうちに会場を後にしました。 
水間観音(2011.10.16)

 規模は小さいとはいえ、手作り感あふれるイベントを毎年地道に行っている水間鉄道には頭が下がります。
スポンサーサイト

テーマ : 鉄道 - ジャンル : 趣味・実用


地方私鉄トラックバック(0)|

≪前の記事 都電荒川線に花電車走る
≫次の記事 大井川鐵道 SLフェスタ

トラックバック

ブログ TOP


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。