現在の時刻(JST)

プロフィール

道楽

Author:道楽
現在、過去の話題も追加していますので、バックナンバーもご覧になってみてください。

ご来訪有難うございます。

見えにくい方はこちらで

最近の記事

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

まとめ

:スポンサーサイト

--/--/-- (--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告

402:近鉄田原本線直通臨時急行

2011/10/01 (Sat) 22:58
 10月1日に近鉄で西大寺~田原本線新王寺間の直通臨時急行が運転されました。
 田原本線への直通列車は、昨年9月18~20日と11月13・14日に「全国都市緑化ならフェア」へのアクセスとして運転されたのに続き3度目で、今回は、「馬見丘陵公園フリーハイキング」にあわせてのものです。

 臨時急行を待っていると、1本前の普通で3000系が来ました。こういうところで1編成しかない貴重な車両を撮影できるとは、幸先のいいスタートです。
平端(2011.10.1)

 そしてやって来た臨時急行。方向幕がないので、「急行 新王寺」の方向板付きです(昨年運転時と同じ物です)。昨年は2回とも他の予定があって撮影できず、ようやくリベンジを果たしました。今回は「駅長お薦めフリーハイキング」の副標も付いて、見栄えよくなっています。
平端(2011.10.1)

 臨時急行は回送列車のスジに乗せているようで、私のいた平端駅では接近時の自動放送が「まもなく4番線に回送電車が参ります」と流れ、直後に駅員が肉声で「次に参りますのは新王寺行きの臨時急行です」と訂正していました。発車案内表示もこの通りです。
平端(2011.10.1)

 せっかく急行停車駅にいるので、このまま乗車してみました。車内では「次は西田原本です」と、この区間ではまず聞けない駅名が案内された後、田原本線内ではスルッとKANSAIのカードが使えないことが繰り返し放送されていました。
 案の定、先頭車は鉄道マニアに占拠されています。2両目に落ち着きましたが、本音を言えば私も「かぶりつき」にいたかったです。田原本に近づくとポイントを渡り、普段は出入庫の回送しか走らない田原本線への連絡線を通って西田原本駅に入線します。これがこの列車のメインイベントのようなもので、私も近鉄で営業列車の走る線路に完乗できました。
石見~西田原本間(2011.10.1)

 西田原本ではスイッチバックして新王寺行きになります。これは定期列車のスジで、急行板は出したままですが各駅に停車し、方向幕も田原本線のものが表示されました。
 急行板が前後でデザインが異なるのが分かります。西田原本には10分ほど停車するので、ホームでは撮影し放題でしたが、駅員さんが撮影している鉄道ファン(私もですが)を撮影していました。何に使うのでしょうか。 
西田原本(2011.10.1)

 田原本線に乗るのは12年ぶりです。スピードを下げても揺れが激しいのは相変わらずで、見ていると田原本線内でもある程度の数の同業者が撮影していました。
新王寺(2011.10.1)

 新王寺駅では折り返しで発車する1分前まで急行板と副標を付けておくとのことで、先に「臨時急行運転記念入場券セット」限定発売の行列に並んだのですが、販売担当係員の要領が悪く、途中で釣り銭が足らなくなって駅で両替したりしている間に発車時間が迫り、私が入場券を買えたちょうどそのときに板が外されてしまいました。
 幸先のいいスタートながら、ラストは残念でした。
新王寺(2011.10.1)
スポンサーサイト

テーマ : 鉄道 - ジャンル : 趣味・実用


関西大手私鉄トラックバック(0)|

≪前の記事 大阪環状線開通50周年
≫次の記事 まだまだ京阪石坂線

トラックバック

ブログ TOP


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。