現在の時刻(JST)

プロフィール

道楽

Author:道楽
現在、過去の話題も追加していますので、バックナンバーもご覧になってみてください。

ご来訪有難うございます。

見えにくい方はこちらで

最近の記事

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

まとめ

:スポンサーサイト

--/--/-- (--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告

39:さようなら福井鉄道80・120形

2006/06/26 (Mon) 00:25
 福井鉄道では4月から低床車が投入された後も、在来の高床車が多客時に出動していましたが、遂に80・120形が引退することになり、6月24~25日に「さようなら運転」が行われました。
 私は24日に岡山に行ったため、25日のみの訪問となりました。

 25日は全てが前日と逆の内容で、1本目に120形が走りました。なお、120形は福井鉄道最後の方向板掲示車で、方向板は「福井-武生」の簡易表示版(通常はこちらを付けていることが多かった)と「田原町(又は福井駅前)-武生新」の正規表示版があり、この日は簡易版を掲げてのお出ましでした。さようなら運転なので何らかの装飾はするだろうと思っていましたが、まさか額に文字を貼り付けるとは思いませんでした…。
家久~上鯖江間(日野川鉄橋)にて

 120形122Fは福井鉄道オリジナルのモハ122(昭和25年製、運輸省規格型電車の貴重な生き残り)と、元名鉄のクハ122(昭和4年製の三河鉄道100形が前身)の、全く経歴の異なる2両を改造のうえコンビにさせたもので、この数年は予備車の予備で滅多に出番がなく、たまに走るとそれだけで話題になる車両でした。モハには方向幕を設置していましたが、平成15年の「鉄道の日」イベントの際に方向板掲出のため撤去され、以後そのままでした。
市役所前~福井駅前間にて

 続いて登場の80形は終戦直後の車両供出で福井鉄道に譲渡された南海電鉄の木造車モユニ521形(大正11年製)を昭和31年に車体更新したもので、その後台車なども変更されたため、大正時代製というのはほとんど書類上だけの話になっています。いつでも走っていた車両だけに、これが最後とは俄かには信じ難いです。なお、80形の貫通扉には方向幕の上にかつての方向板掛け用の金具も残っており、板を掛けたら見栄えがするだろうと思っていると今回、最後の最後になって実現しました。こちらは「田原町-武生新」です。
上鯖江~家久間にて

 2編成とも全線を1往復した後、西武生車庫で撮影会が行われました。
西武生車庫にて

 福井鉄道は鉄道ファンには親切な会社ですが、今回の撮影会も2編成並びの次に80形を移動させてそれぞれを撮影しやすくするなど便宜を図って頂き、今回発売の記念乗車券も無事購入できて大満足で帰路につきました。
西武生車庫にて

 なお、前回訪問時は機器の不調でほとんど動いていなかった880形は、整備も終わったようで主力として活躍していました。前回は撮影できなかったコカコーラの広告電車888-889も無事撮影できましたが、全身を赤に塗ると、名鉄時代とあまり変わらないように見えます。
家久~上鯖江間にて
スポンサーサイト

地方私鉄トラックバック(0)|

≪前の記事 京阪「おりひめ」「ひこぼし」の再会
≫次の記事 岡山電気軌道3000形

トラックバック

ブログ TOP


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。