現在の時刻(JST)

プロフィール

道楽

Author:道楽
現在、過去の話題も追加していますので、バックナンバーもご覧になってみてください。

ご来訪有難うございます。

見えにくい方はこちらで

最近の記事

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

まとめ

:スポンサーサイト

--/--/-- (--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告

380:京阪「きかんしゃトーマス号2011」その2

2011/07/06 (Wed) 00:20
 実はこちらの方が撮影した順番としては先なのですが、石山坂本線で「きかんしゃトーマス号2011」になっている709-710です。
浜大津~三井寺間(2011.6.26)

 上半分に地の色が残っていますが、それでも吹っ飛んだデザインと思います。
 石坂線では他に、これと同じような感じの「まんが日本昔ばなし」のラッピング電車も運行されているのですが、この日は見ることができませんでした。
三井寺~浜大津間(2011.6.26)

 一時は足繁く撮影に行っていた石坂線ですが、その後熱が醒めたのか1年ぶりくらいでの訪問となりました。「まんが日本昔ばなし」が来ないか待っている間に、私には初お目見えの広告電車が2本来ました。石坂線はホームページなどで告知されない「隠れラッピング」が多数いるので、現地に行くまで何が撮れるか分からないという、まるで昭和30~40年代頃の地方私鉄訪問(本で読んだ印象ですが)のような楽しみがあります。

 603-604は比叡ガーデンミュージアムにある「フロレアル」という足湯の広告電車になっています。
浜大津~三井寺間(2011.6.26)

 617-618は琵琶湖就航汽船就航125周年でした。
三井寺~浜大津間(2011.6.26)

 側面には吉田初三郎の俯瞰絵図が貼られているのが、個人的にポイントが高いです。
三井寺~浜大津間(2011.6.26)
スポンサーサイト

テーマ : 鉄道 - ジャンル : 趣味・実用


関西大手私鉄トラックバック(0)|

≪前の記事 JR和田岬線 電化10周年
≫次の記事 京阪「きかんしゃトーマス号2011」

トラックバック

ブログ TOP


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。