現在の時刻(JST)

プロフィール

道楽

Author:道楽
現在、過去の話題も追加していますので、バックナンバーもご覧になってみてください。

ご来訪有難うございます。

見えにくい方はこちらで

最近の記事

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

まとめ

:スポンサーサイト

--/--/-- (--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告

369:長野電鉄2000系貸切運転

2011/05/23 (Mon) 23:49
 5月21日に、友人K氏が長野電鉄2000系を貸切運転するというので、またもや行ってきました。
 行程は4月に参加した貸切とほぼ同じということで、D編成は貸切の前に定期運用に入ったのですが、前日に所用があって前泊できず、当日の朝に夜行バスで長野入りした私は、長野から折り返して須坂に戻る1本を撮影するのがやっとでした。
本郷~桐原間(2011.5.21)

 さて、貸切運転の前に撮影会からスタートです。これは4月のときと同じ特急用車両4並びで、運用中の「スノーモンキー」2100系が横を通ると5並びになるのは4月にもあったとはいえ、手間のかかることなので、Kさんと長野電鉄さんのつながりが強くないとできないことだったと思います。
須坂車庫(2011.5.21)

 続いて、これが最大の山場といってもいいくらいですが、3月に引退していた2000系A編成が、疎開先の信州中野から戻ってきていたので、今回は特別に車庫で展示して頂き、D編成や「ゆけむり」1000系や「スノーモンキー」との4並びが実現することになりました。
須坂車庫(2011.5.21)

 この並びが再び見られるとは、驚きと嬉しさで一杯です。
須坂車庫(2011.5.21)

 さて、いよいよD編成が屋代線を走ることになり、最初の撮影地に行くと、横の田んぼでは田植えの準備中でした。作業をしているおじさんに「写真を撮るからどいて下さい」とも言えず、時間的に他の場所にも移れずで、このような仕上がりに…。
須坂~井上間(2011.5.21)

 信濃川田で長時間停車中に追い越し、もはや定番撮影地になった大室のトンネルに行きました。信濃川田~松代間で順光になるのはここくらいしかありません。もう撮り飽きたアングルとはいえ、やはり車両がいいので盛んにシャッターを切ってしまいます。
大室~金井山間(2011.5.21)

 松代で30分ほど停車している間に再び追い越し、次は象山口駅近くのカーブへ。この時間は光線状態がいいはずが、太陽の回るのが早くてトップライトになっていました。同じ単線区間で、電車を大きめに撮っても、長野線と屋代線ではどこか雰囲気が違うような気がします。
松代~象山口間(2011.5.21)

 屋代駅では停車中に、行先表示を色々と変えてもらい、ミニ撮影会になりました。D編成の方向幕には「朝陽」や「信濃竹原」といったレアな行先も入っているのですが、撮影会で必ずリクエストされるのは今はなき「木島」が多いですね。長電さんのご好意で、横に到着した3500系定期列車ぼ行先も、少しの間だけ「木島」にしてもらい、長電全盛期(?)の再現となりました。
屋代(2011.5.21、許可を得て撮影)

 折り返しはどこで撮っても逆光ですが、そこをあえて狙ってみました。
岩野~象山口間(2011.5.21)

 信濃川田駅で30分ほど停車中に再び撮影会です。A編成が付けていたヘッドマークも出てきたのですが、驚いたことにA・D編成では取付金具の幅が違うとかで、うまく掲出されず妙な感じになりました。
信濃川田(2011.5.21)

 撮影会も終わり、発車を前にヘッドマークを取り付け、ビスで固定させているところです。信濃川田から須坂までは、私も乗車することにしました。
信濃川田(2011.5.21)

 再び須坂に戻り、撮影会第2部が始まりました。まずは2000系A・D編成の並びから。
須坂車庫(2011.5.21)

 羽根マーク同士の並び。よく見たら、A編成は方向幕が取り外されています(2002のみ)。「登場当時の姿に近く見せるため」という趣向だそうです。
須坂車庫(2011.5.21)

 続いて、2000系D編成と「スノーモンキー」「ゆけむり」との3並びで撮影会は終了となりました。この並びは2000系を中央に持って来るようK氏が熱望したそうで、まるで水戸のご老公が助さん格さんを従えているような感じです。これこそがK氏のこだわりで、電車もそうですがK氏のご満悦な表情も見ものでした。
須坂車庫(2011.5.21)

 この後、事務所前でグッズ販売会となりましたが、その傍らの側線にはED5001が「さぁ撮りなさい」と言わんばかりに留置してありました。もちろん撮らせてもらいました。
須坂車庫(2011.5.21)

 既に廃車になっていたA編成まで登場させての濃い内容で、K氏の執念…もとい情熱と長野電鉄さんのご理解がなければ実現しなかったと思います。この場からも御礼申し上げます。

スポンサーサイト

テーマ : 信州 - ジャンル : 地域情報


地方私鉄トラックバック(0)|

≪前の記事 阪和線の103系
≫次の記事 阪急の臨時列車

トラックバック

ブログ TOP


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。