現在の時刻(JST)

プロフィール

道楽

Author:道楽
現在、過去の話題も追加していますので、バックナンバーもご覧になってみてください。

ご来訪有難うございます。

見えにくい方はこちらで

最近の記事

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

まとめ

:スポンサーサイト

--/--/-- (--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告

36:琴電「レトロ電車 最後の勇走」

2006/05/29 (Mon) 23:26
夏頃に予定されている長尾線への大型車導入と、中型車の志度線転属に伴い、7月引退予定の旧型車(長尾線:750形760、志度線:20形22~24、3000形335)のさようなら運転が5月20~28日にかけて行われました。
 引退の2か月も前に葬式だけやってしまう訳ですが、恐らく冷房が必要な時期にクーラーのない旧型車を走らせることを避けたためと思われます。また、今回は廃車を免れた車両も定期的に運転されました。
 私は終盤の26~28日に高松入りし、旧型車の勇姿を見てきました。

 長尾線では760+120、325+300が交代で走り、26日は2編成とも運用されていました。引退する760にヘッドマークが掲出されました。
花園駅にて(5/26)

 志度線ではなぜか335の出番がなく、20形が2連あるいは60形65と組んで走りました。引退予定の3両に掲出されたヘッドマークはそれぞれ異なるデザインでした。なお、30形27-28はちょうど検査入場中で、これも出番はありませんでした。
今橋駅にて(5/26)

 そして、いよいよ27~28日には志度線・琴平線で旧型車使用の特別列車が運転され、これまでの琴電でのイベントでは恐らく最高の人出では?と思うくらい賑わいました。

 まず午前中に、志度線で222324の20形3重連が瓦町~琴電屋島間を1往復しました。ダイヤの都合と思いますが、運転区間が屋島まででは撮影場所も限られ、春日川駅近くのポイントでは、これまで見たこともないような人数のカメラの放列ができていました。
沖松島~春日川間にて(5/27)

沖松島~松島二丁目間にて(5/28)

 続いて27日の午後には琴平線で760+120+325+300が一宮~滝宮間に1往復運転されました。吊り掛けモーターを唸らせる旧型車の4重連は壮観でした。
挿頭丘~畑田間にて(5/27)

畑田~挿頭丘間にて(5/27)

 28日の編成は315+500+325+300で、琴電オリジナル車のみで揃えられましたが、今回引退車両が含まれていないので、これをさようなら運転に含めるのもどうかと…。また、最近走行機会がめっきり減った500の登場は嬉しいですが、中間に入ったためにパンタがいわゆる「寄りパン」になり、編成美がやや乱れてしまいました。
陶~滝宮間にて(5/28)

 特別列車の運転終了後、旧型車は仏生山で編成を分割されて、夕方からの長尾線運用に入るため瓦町へ回送されましたが、発車までの間、仏生山検車区では即席の撮影会が行われました。職員の方々のご厚意だと思いますが、ありがたく撮影させてもらいました。
仏生山検車区にて(5/28)

 残る旧型車も来年には、イベント用の数両を残して全車引退してしまいますが、最期まで活躍を見守りたいと思います。
スポンサーサイト

地方私鉄トラックバック(0)|

≪前の記事 台湾のC12
≫次の記事 琴電3000形貸切列車

トラックバック

ブログ TOP


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。