現在の時刻(JST)

プロフィール

道楽

Author:道楽
現在、過去の話題も追加していますので、バックナンバーもご覧になってみてください。

ご来訪有難うございます。

見えにくい方はこちらで

最近の記事

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

まとめ

:スポンサーサイト

--/--/-- (--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告

341:伊賀鉄道 204編成登場

2011/01/03 (Mon) 23:59
 元東急1000系の導入を進めている伊賀鉄道では、11月に搬入されたクハ1006-デハ1206を整備のうえ、ク104-モ204として12月30日にデビューさせました。
 既に「くの一電車」は青(201F)と赤(202F)が揃っているので、果たしてどんなカラーリングになるのだろうと思っていましたが、ラッピング電車「伊賀の四季号」となりました。正面には伊賀鉄道のマスコット「ふくにん」が大きく描かれています。
伊賀神戸(2011.1.3)

 1000系1006Fから1ユニットを抜き出して、東急長津田工場でデハ1206を先頭車化改造したものですが、8500系に似せた顔だったモ204も、ラッピングに覆われて今ひとつ印象に残らない正面になりました。
上林~比土間(2011.1.3)

 ク104は東急1000系そのままの顔です。
市部~猪田道間(2011.1.3)

 撮影していて気付いたのですが、モとクで色が違うのはまだしも、2両とも左右でデザインが全く異なります。モ204の反対側が撮れませんでしたが、17時前に運用を終えて入庫した際に、暗いですがようやく撮影できました。
 これはまた出直さなければいけません。
上野市(2011.1.3)

 204Fが入庫した後は、861Fが出てきました。
茅町(2011.1.3)

 これで日中は200形だけで運用できることになり、860形もまだ4編成いるにも関わらず、見られる頻度がかなり低くなってしまいました。
伊賀神戸(2011.1.3)
スポンサーサイト

テーマ : 鉄道 - ジャンル : 趣味・実用


地方私鉄トラックバック(0)|

≪前の記事 養老鉄道の新年
≫次の記事 水間鉄道 初詣ヘッドマーク

トラックバック

ブログ TOP


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。