現在の時刻(JST)

プロフィール

道楽

Author:道楽
現在、過去の話題も追加していますので、バックナンバーもご覧になってみてください。

ご来訪有難うございます。

見えにくい方はこちらで

最近の記事

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

まとめ

:スポンサーサイト

--/--/-- (--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告

327:明延「一円電車まつり」(続)

2010/10/24 (Sun) 23:37
 一円電車の後は、明延鉱山跡を利用した「探検坑道」を見学してきました。
 「一円電車まつり」会場からシャトルバスで5分ほど行った山奥に入口があり、受付で整理券とヘルメットを受け取り、鉱山OBのおじさんのガイドで中に入ります。
明延(2010.10.24)

 明延鉱山は昭和62年閉山と、国内の鉱山では最後まで残った部類なので、ほぼ現役当時の姿が今も残されています。末期は運搬機やエレベーターなども大型になり、全盛期の半分以下の人数で操業していたそうです。
 ガイドさんの話では、採掘のコストが高くなり、利益が出なくなったので閉山したとのことで、鉱脈はまだ残っているそうです。「探検坑道」になっている部分より下層の坑道は水没させてあるとのことで、水を抜けばいつでも再開できるとのことです。この辺りの説明の端々に「まだ掘れるのに…」という無念が感じられました。
明延(2010.10.24)

 坑道内はトロッコの線路もそのまま残り、採掘に使った機械などが展示されています。と、いうことは、こういうのも展示されているわけでして…。
明延(2010.10.24)

 パトロールカーです。私の腕前では手持ち撮影はこれが限度でした…。
明延(2010.10.24)

 結構見どころの多かった「探検坑道」を出ると、出口付近に明神電車の保存車が展示されていました。
明延(2010.10.24)

 電車「あかがね号」です。この車体に前後で大きさの違う車輪など、子供が書いた電車の絵からそのまま飛び出してきたようなスタイル、一挙に魅せられてしまいました。本格的に復活運転するときは、これもぜひ動態に戻してほしいものです。 
明延(2010.10.24)

 電気機関車です。復活運転されている「しろがね号」はバテロコ牽引、つまり非電化なので実感はなかったですが、近寄ってみるとかなり低い位置にパンタがあります。つまり架線に簡単に触れられるわけで、これは何も知らない人には危険だと思います。週刊誌に採り上げられてから大勢の人々が訪ねてきて、結局部外者の乗車を認めなくなったという話も理解できました。
明延(2010.10.24)

 貨車です。
明延(2010.10.24)

 もう1両、電気機関車がいて、プッシュプル編成になっていました。 
明延(2010.10.24)

 上の保存車から道路を挟んだ向い側には、バテロコも展示されていました。どちらも人の少ない山里のせいか、状態はかなりよかったです。 
明延(2010.10.24)

 最後に明延振興館前に保存されている車両です。
明延(2010.10.24)

 「あかがね号」に負けない強烈な個性を放つ電車「しろがね号」です。ボンネット部分に荷物を入れてから乗り込むのだそうです。もっとも「しろがね号」は鉱山会社の役員などVIP専用で、一般旅客は乗車できなかったそうです。これもぜひ走る姿を見てみたいです。
明延(2010.10.24)

 強烈な車両とシチュエーションで、訪れた人を必ず魅了させる(私もそうです)と断言できる明延、車でも鉄道+バスでもアクセスはかなり大変ですが、行くだけの価値はあると思います。来年もぜひ訪れたいものです。 
明延(2010.10.24)
スポンサーサイト

テーマ : 鉄道 - ジャンル : 趣味・実用


その他トラックバック(0)|

≪前の記事 南海「サザン」25周年
≫次の記事 明延「一円電車まつり」①

トラックバック

ブログ TOP


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。