現在の時刻(JST)

プロフィール

道楽

Author:道楽
現在、過去の話題も追加していますので、バックナンバーもご覧になってみてください。

ご来訪有難うございます。

見えにくい方はこちらで

最近の記事

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

まとめ

:スポンサーサイト

--/--/-- (--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告

320:長野電鉄2000系 屋代線に入線

2010/09/27 (Mon) 21:56
 9月25日に、長野電鉄2000系が普段は入線しない屋代線に入るというので、長野へ向かうことにしました。
 イベントの前に、通常運用で走る2000系を行きがけの駄賃で夜間瀬川鉄橋にてキャッチ。
夜間瀬~信濃竹原間(2010.9.25)

 2000系をイベント列車に運用するため、定期列車の運用が一部差し替えられ、このおかげでB特急に3600系が充当されました。3600系が動くのを見るのも随分久しぶりな気がします。
朝陽~附属中学前間(2010.9.25)

 いよいよ2000系の登場です。方向幕は案外ノーマルな「団体|松代」表示でした。「xuxuポッポトレイン」という愛称がついており、「松代イヤー」実行委員会とSBC信越放送の主催で、2000系を使用して松代へ日帰り旅行をするというものです。車内にはアカペラカルテットxuxuが乗っており(これが愛称の由来)、車内でミニコンサートなどが行われたようです。
柳原~村山間(2010.9.25)

 須坂でスイッチバックのため長時間停車している間に、車ではあっさり追い越したものの、屋代線の沿線では撮影したことがないので場所の選定に手間取りました。この大室のトンネルには多くの同業者が集まっていましたが、長電でトンネルはこの辺りにしかないので、屋代線入線の確かな証拠となりました。
大室~金井山間(2010.9.25)

 松代駅到着後、駅前では歓迎イベントが行われていました。「おぎのや」の釜めし出張販売もありました。駅前にある「汽車ポッポの碑」の前ではxuxuのみなさんが童謡「汽車ポッポ」を熱唱していました。作曲者の草川信が松代の出身であることにちなむそうです。
松代駅前(2010.9.25)

 さて、D編成は往路のみの使用で、松代に30分ほど停車した後、須坂へ引き揚げていきました。
信濃川田(2010.9.25)

 復路はA編成の出番で、須坂から松代まで回送されていきます。
綿内(2010.9.25)

 交換待ちの間にヘッドマークのアップも撮れました。
(2010.9.25)

 復路は松代~須坂間のみの運転で、後追いでないと順光にならないというおまけ付きですが、方向幕が原型のまま(英文字表記がない)の2002側から撮れたので、私としてはこれで満足でした。
大室~信濃川田間(2010.9.25)

 帰りに寄った「トレインギャラリー長野」で保存されている「赤カエル」こと2500系2510F。上屋がないのに、ここまで綺麗な状態を保っているのは驚きでした。私が今までに見た保存車の中でも最高の部類です。
(2010.9.25)

 夕方からは、A・D編成とも通常の運用に戻りました。最高の光線状態でD編成を押さえ、この日はお開きとなりました。
附属中学前~朝陽間(2010.9.25)

撮影協力:グレープさん、父グレープさん 須坂(2010.9.26)

善光寺下~本郷間(2010.9.26)
スポンサーサイト

テーマ : 鉄道 - ジャンル : 趣味・実用


地方私鉄トラックバック(0)|

≪前の記事 しなの鉄道・上田電鉄
≫次の記事 阪堺 モ166「緑の雲電車」復活

トラックバック

ブログ TOP


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。