現在の時刻(JST)

プロフィール

道楽

Author:道楽
現在、過去の話題も追加していますので、バックナンバーもご覧になってみてください。

ご来訪有難うございます。

見えにくい方はこちらで

最近の記事

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

まとめ

:スポンサーサイト

--/--/-- (--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告

31:GW電車道楽①琴電760貸切運転

2006/05/13 (Sat) 20:58
 5月3日、7月に引退予定の琴電750形760のチャーター運転が玉野市電保存会と鉄道友の会の共催により開催されました。
 今回は750形にとって約30年ぶりとなる琴平入線が注目され、高松築港10:00発(1209-1210)の琴平方に連結されました。私も参加を申し込んでいたのですが、所用のため出発時刻に間に合わなくなり、琴平から帰ってくる760を何とか撮影できました。
岡本~円座間にて

 チャーター終了後、仏生山検車区で撮影会が行われ、「高松築港」「長尾」「平木」といった琴電の方向板に加え、保存会特製の板も掲出されていました。なお、正面向かって左側にヘッドマークが付いていますが、今までこの部分になかった板用ステーがいつの間にか設けられており、5月20日からスタートするさようなら運転でのヘッドマーク掲出用だと思われます。 
仏生山検車区での撮影会

 750形は昭和26年日立製作所製ですが、本来の注文主だった蔵王高速電鉄(山形~上山間)が朝鮮戦争勃発による資材高騰で未開業に終わり、注文流れになったところを岡山の備南電鉄(宇野~玉遊園地前間)に引き取られ、そこも経営難で玉野市営電鉄になった後、合理化のため昭和39年にディーゼルカー化されたのに伴い、翌年琴電に譲渡されてからでもはや40年が経ちました。3両いた仲間のうち、770は昭和53年に衝突事故のため廃車、750は平成11年に600形入線により代替廃車され、残った760も今回引退で形式消滅となります。文字通り波乱万丈な経歴ですが、引退後は玉野市の方々の働きかけで保存の運びとなったので、760もようやく落ち着けてほっと一安心というところでしょう。
スポンサーサイト

地方私鉄トラックバック(0)|

≪前の記事 GW電車道楽②江ノ電新500形
≫次の記事 福井鉄道とえちぜん鉄道

トラックバック

ブログ TOP


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。