現在の時刻(JST)

プロフィール

道楽

Author:道楽
現在、過去の話題も追加していますので、バックナンバーもご覧になってみてください。

ご来訪有難うございます。

見えにくい方はこちらで

最近の記事

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

まとめ

:スポンサーサイト

--/--/-- (--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告

30:福井鉄道とえちぜん鉄道

2006/05/13 (Sat) 20:56
 富山に行った翌日、この4月1日に名鉄からの移籍車で低床化を果たした福井鉄道を再訪しました。

 デビューが遅れた元美濃町線880形ですが、機器の不調が頻発したために本領発揮にはなっておらず、この日は885-886だけが動いていました。早速広告電車になっており、おなじみの県民福井がスポンサーですが、遠目に見ると愛知環状鉄道にいた100系を連想させるようなカラーリングです。
市役所前~福井駅前間にて

 引退した旧型車のうち、140形は乗務員教習のために運転されていると聞き、待っていると本当に走ってきました。
上鯖江~家久間にて

 定期電車の合間を縫って走るため、特にダイヤは決まっていないそうですが、この日は9:40武生新発の電車の続行で西武生を出発、神明まで1往復の後、福井新まで離合以外ノンストップで回送され、福井市内の併用軌道区間を数往復(福井駅前には入線しない)して西武生に戻るというものでした。
福井新で留置中の122F(左)と並ぶ141F

 行先表示は「試運転」なので、情報がなければ引退したはずの車両がなぜ走ってくるのか不思議に思うところです。
田原町~裁判所前間にて


 続いて、普段お世話になっている「えちぜん鉄道応援隊」さん主催の6000形貸切イベントに途中から参加させてもらいました。

 今回、勝山永平寺線を往復する行程の中で、一番の目玉は永平寺口駅1番線(旧永平寺線ホーム)への入線で、定期列車の離合とあわせて3並びになり、列車到着の合間に福井方の踏切が開くわずかな間に参加者が慌てて撮影する様は、傍から見るとどう映ったのか気になります。
 なお、1番線は永平寺線廃止後、使用されることがなくなった上、駅前の再整備で撤去される予定(駅舎は保存計画あり)なので、貴重なシーンとなりました。
永平寺口駅での3並び

 福井口車庫での撮影会では、齢86歳を迎えた名物車両のテキ6も登場しました。3年前に車籍を抹消されてしまいましたが、これからも入換機として元気でいてほしいと思います。
福井口車庫にて
スポンサーサイト

地方私鉄トラックバック(0)|

≪前の記事 GW電車道楽①琴電760貸切運転
≫次の記事 富山ライトレール開業

トラックバック

ブログ TOP


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。