現在の時刻(JST)

プロフィール

道楽

Author:道楽
現在、過去の話題も追加していますので、バックナンバーもご覧になってみてください。

ご来訪有難うございます。

見えにくい方はこちらで

最近の記事

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

まとめ

:スポンサーサイト

--/--/-- (--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告

295:琴電 旧型車チャーター①「どつぼ電車」

2010/05/17 (Mon) 21:39
 5月15日に、カメラマンの坪内政美さん主催の琴電旧型電車貸切イベント「どつぼ電車」に参加してきました。
 今回の目玉は300と500の単行運転で、通常はブレーキの関係で単行の貸切は不可能なのですが、回送扱いということで実現したものです。
 まず、仏生山から滝宮まで2連で走る300+500です。
一宮~円座間(2010.5.15)

 滝宮で解放し、先に300が琴平に向かいます。茶色の300単行、これが見たかったのです。まさに開業当時(結構改造されていますが)を髣髴とさせる姿です。意外にスピードが速いので驚きました。
羽間~榎井間(2010.5.15)

 300の30分後に500が単行で琴平へ向けて走っていきました。こちらも結構飛ばしていましたが、回送で誰も乗っていないので、快調な走りだったと思います。
羽間~榎井間(2010.5.15)

 琴平で再び組成された300+500が、高松築港へ向けて折り返してきました。今回は、往路の300と復路の500が前面展望ビデオの撮影および走行音録音専用車となり、もう一方が乗車用おなっていました。
羽床~滝宮間(2010.5.15)

 かなり余裕のあるダイヤで、次の電車で高松近くへ戻ると、高松築港から仏生山へ戻ってくる300+500を迎え撃つことができました。
太田~仏生山間(2010.5.15)

 貸切運転終了後は、仏生山検車区で撮影会となりました。120も出てきて琴電オリジナル3形式の並びですが、よく見ると傍らの1071にも妙な方向板が付いていました(笑)。長尾線も曲線・橋梁改良が済んだので、今では入線できると思いますが…。
仏生山検車区(2010.5.15)

 並びの後は、300だけを前に出し(120と500は後の庫内に引っ込みました。)、形式写真を心行くまで撮影となりました。晴れると西側から撮影し、曇ると慌てて東側へ移動すると、停まっている電車を撮影するだけでも結構慌しいものがありました。
仏生山検車区(2010.5.15)
スポンサーサイト

テーマ : 鉄道 - ジャンル : 趣味・実用


地方私鉄トラックバック(0)|

≪前の記事 琴電 旧型車チャーター②23が長尾線を走る
≫次の記事 水間鉄道 ヘッドマーク大奮発

トラックバック

ブログ TOP


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。