現在の時刻(JST)

プロフィール

道楽

Author:道楽
現在、過去の話題も追加していますので、バックナンバーもご覧になってみてください。

ご来訪有難うございます。

見えにくい方はこちらで

最近の記事

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

まとめ

:スポンサーサイト

--/--/-- (--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告

277:静岡鉄道 リバイバル1000系

2010/03/14 (Sun) 23:29
 静岡鉄道静岡清水線1000系は現在、前面にスカート設置を進めていますが、全編成への設置完了を前にオリジナルの姿の見納めということで、1007Fの前面帯を撤去して1月14日~3月19日の間に運行しています。
狐ヶ崎~桜橋間(2010.3.14)

 使用前・使用後みたいな並びですが、左の1009Fのように変わります。スカート付きの姿も結構格好よく、これはこれで私は気に入っています。
古庄(2010.3.14)

 正面に3色の帯が貼られたのが1985年とのことで、25年も貼っていた帯を剥がせば跡が残ってしまうのも止むを得ませんが、帯を剥がしただけでリバイバルと言えてしまうのは何とも微妙な感じです。今後はこういうイベントが増えるのでしょうね。
狐ヶ崎~桜橋間(2010.3.14)

 静岡鉄道は車内の可能な限りなスペースに広告を掲出しているのが以前から気になっていたのですが、それだけでは飽き足らないのか、車体ラッピングを施した編成が増殖しており、この日は3編成が運用されていました。
 まずは「コカコーラゼロ」の1001F。
桜橋~狐ヶ崎間(2010.3.14)

 1004Fもコカコーラの広告ラッピングですが、どちらもまだ比較的おとなしいと思います。
狐ヶ崎~桜橋間(2010.3.14)

 やはり一番目立つのは「午後の紅茶」1002F、ここまで大きく商品名を書かれたら、広告効果は抜群だと思います。これだけは近づいてくると遠めでもすぐに分かりました。
狐ヶ崎~桜橋間(2010.3.14)

 1011Fは静岡県観光キャンペーンのタイアップ塗装の名残で、側面に青帯が入れられたままになっています。それ以外は他の車両と変わりありません。
狐ヶ崎~桜橋間(2010.3.14)

 静岡鉄道といえば、1000系しか走っていないこともあって趣味的な話題に上ることが少ないような気もしますが、長沼車庫では定期的にイベントが行われ、電動貨車デワ1や1007Fの撮影会も開催されるなど、結構ファンサービスをよくしてくれる会社だったりします。今回の1007Fは、工事の間合いとはいえなかなか粋なことをしてくれるもので、更に好感が持てました。
長沼(2010.3.14)

 県庁所在地近郊とはいえ、土休日の日中も6分間隔での運転を維持しているのは、地下鉄でもこれより少ない本数の路線があるだけに驚異の一言です。私の住む街にも、こういう電車がほしいなぁといつも思います。
スポンサーサイト

テーマ : 鉄道 - ジャンル : 趣味・実用


地方私鉄トラックバック(0)|

≪前の記事 琴電300 レトロ復刻記念特別運行
≫次の記事 大糸線初訪問の記

トラックバック

ブログ TOP


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。