現在の時刻(JST)

プロフィール

道楽

Author:道楽
現在、過去の話題も追加していますので、バックナンバーもご覧になってみてください。

ご来訪有難うございます。

見えにくい方はこちらで

最近の記事

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

まとめ

:スポンサーサイト

--/--/-- (--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告

27:名鉄保存車めぐり

2006/04/24 (Mon) 23:11
名鉄600V線の全廃から早くも1年が経過しましたが、車両は沿線などでの保存がいくつか実現しています。
 そこで、4月23日にこれらを巡ってみました。

1.谷汲駅の赤い電車
 モ755が保存された旧谷汲駅には1月にも訪れましたが、3月19日に長らく名鉄岐阜工場に留置されていたモ514が保存のため搬入されました。
旧谷汲駅でのモ514

 現在はモ755と縦列で置かれていますが、将来は2番線を復活させてそこへ移動させる計画もあるそうです。
ちょっと早いですが鯉幟(旧谷汲駅にて)

 私が訪れたとき、あいにく構内の桜は全て散った後でしたが、ちょうどこの付近の名物である鯉のぼりの吹流しが掲げられている最中でした。

2.美濃駅
 旧美濃駅にはモ512とモ601が保存されていますが、モ593もここで保存されることになり、3月19日から公開されています。590形は廃線直前の新関~美濃間で主に使用されていたので、保存されるべき場所に保存されたという感じで、ファンにも喜ばしい限りです。
美濃駅に勢揃いした電車

 こちらは撤去されていた3番線を復活させて搬入されています。なお、仲間のモ591・592は土佐電鉄へ譲渡されましたが、併せてモ593の履いていた台車()も土電が新車用に購入したため、保存にあたってはモ570形の台車に履き替えられています。モ512・601はイベントスペースとして車内の座席等は全て撤去されていますが、モ593は車体については現役時代から手を加えられておらず、谷汲同様、雰囲気満点です。
旧美濃駅にて

 1番線のホーム上にはモ870形(元札幌市電)のカットボディが置かれていました。これについては事前に何の情報もなかったので驚きましたが、これも人気のあった車両だけに半分だけとはいえ姿を留められたことは感謝しなければなりません。現在は切断面を板で塞いである(南海バスのバス停の標柱が使われていたのが気になるが…)だけなので、今後更に整備されると思います。
モ870形のカットボディー(旧美濃駅にて)

3.「瀬戸蔵ミュージアム」
 モ750形は揖斐・谷汲線の前は瀬戸線で使用されていました。その縁をもって、モ754が尾張瀬戸駅前に3月19日に開館した「瀬戸蔵ミュージアム」に保存されました。
 本来は瀬戸物に関する展示がメインなのですが、瀬戸線も瀬戸物や材料の輸送に大きく貢献するなどつながりが深く、館内に入ってすぐのところに開業時から平成13年まで使用された旧駅舎が再現されており、この先にかつての瀬戸の街並みが続いています。
尾張瀬戸駅旧駅舎

 駅自体は昭和30年代の姿にしてあるそうで、発車案内の行先は栄町ではなく堀川(昭和51年廃止)、コンコースには当時の喧騒がBGMなどで再現されています。 
尾張瀬戸駅コンコース?

 モ754は保存スペースの関係で半分だけのカットボディにされましたが、車体は昭和40年代の姿に細部まで復元されました。保存場所が建物の2階なので、岐阜工場で復元作業の後、昨年1月に建物ができる前の建設現場に搬入され、骨組みの上に置いた後、建物を造っていったそうです。
大津町行きモ754(尾張瀬戸駅?)

 車内や運転席には自由に出入りできます。撮影位置の反対側(つまり切断面)はガラス張りになっており、ぱっと見は1両分丸ごと保存されているように見えます。この演出はさすがです。 
モ754車内

スポンサーサイト

関西大手私鉄トラックバック(0)|

≪前の記事 富山ライトレール開業
≫次の記事 台湾鉄路局EMU100系電車

トラックバック

ブログ TOP


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。