現在の時刻(JST)

プロフィール

道楽

Author:道楽
現在、過去の話題も追加していますので、バックナンバーもご覧になってみてください。

ご来訪有難うございます。

見えにくい方はこちらで

最近の記事

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

まとめ

:スポンサーサイト

--/--/-- (--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告

269:名鉄7700系さようならヘッドマーク

2010/02/16 (Tue) 00:02
 名鉄7000系列最後の生き残り7700系が、2月26日で営業運転を終了するのに伴い、2月1日から最後の活躍場所となっている三河線の定期列車に、記念系統板を掲出しています。
 土・日曜日には多めに運用に入っているとの情報を聞き、14日(日)に訪問すると、三河線山線に2編成、海線に1編成が走っていました。知立駅前の踏切で待っていると、最初に来たのは山線の7715Fでした。
三河知立~知立間(2010.2.14)

 考えてみれば、折り返し駅でこのように系統板を交換するのも、今や7700系だけになってしまっていたわけで、かつては何とも思わなかったものの、思わずカメラを向けてしまいました。
知立(2010.2.14)

 海線には7709Fが入っていました。
知立~重原間(2010.2.14)

 山線のもう1編成は白帯7711Fでした。この編成は特急用のリバイバルということで、系統板も特急使用の緑板になっています。
知立~三河知立間(2010.2.14)

 色は違いますがデザインは同じで、「今までありがとう!」の文字が入っています。右上のシンボルマークには先に引退した7000・7100系と7700系を3本並べたもので、「7700番代最終章」の文字が泣かせます。 
(2010.2.14)

 山線は7715Fと7711Fが続行になるので、三河知立での交換シーンが撮影できました。越戸でも並ぶので、本当はこちらの方が絵としては綺麗なのですが、時間がないのでここで手を打ちました。
三河知立(2010.2.14)

 後は、緑板の「碧南」が撮れたら完集なのですが、7711Fが海線に入るのは運次第になるので、再訪できるかどうか…。
スポンサーサイト

テーマ : 鉄道 - ジャンル : 趣味・実用


関西大手私鉄トラックバック(0)|

≪前の記事 伊賀鉄道860系貸切運転
≫次の記事 南海「天空」バレンタインデーキャンペーン

トラックバック

ブログ TOP


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。