現在の時刻(JST)

プロフィール

道楽

Author:道楽
現在、過去の話題も追加していますので、バックナンバーもご覧になってみてください。

ご来訪有難うございます。

見えにくい方はこちらで

最近の記事

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

まとめ

:スポンサーサイト

--/--/-- (--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告

236:京成電鉄100周年

2009/10/20 (Tue) 00:32
 京成電鉄では今年6月に創立100周年となったのを記念して、3300系3編成を「京成電鉄創立100周年記念列車」としてそれぞれ異なる年代の旧塗装に復元しています。
 このほどようやく上京する機会ができ、早速京成上野駅案内所に運用を尋ねたところ、「青電は千葉線、ファイアーオレンジは上野~津田沼間各停、赤電は夕方から金町線」とのことで、早速追跡開始です。

 まずは千葉線の「青電」3356F、昭和55年まで塗られていた塗装ですが、実物を見たことがないので何ともいえません。今から見ると非常に地味で、それがかえってインパクトを強くしています。
検見川~京成稲毛間(2009.10.19)

 次は本線各停の「ファイアーオレンジ」3312F、昭和55年~平成5年の塗装で、私が子供の頃に見ていた電車の本では、京成はこの色でした。「会社が赤字だから電車も赤い」と言われて塗り替えたという噂(ネタでしょうが…)を何かで読んだのを思い出しました。
国府台~市川真間間(2009.10.19)

 京成100周年では、「スカイライナー」の正面にも記念ステッカーが4~12月の間、貼られています。
国府台~市川真間間(2009.10.19)

 最後は「赤電」3324Fです。この色は以前にも3200系でリバイバル塗装されたことがありますが、この3色の中では一番落ち着いた感じがします。17:00から運用とのことで、1往復目で既に暗くなってしまいました。
柴又(2009.10.19)

 車内では広告枠を利用して、車両や切符など京成100年の歩みがたどれる展示がされています。
(2009.10.19)

 余談ですが、京成稲毛から乗車して京成幕張本郷、津田沼、国府台と撮影していき、京成高砂駅で乗り越し精算すると、時間超過で精算機で受け付けられませんでした。結局、改札口で駅員さんに精算を頼んだのですが、開口一番「お客さん写真を撮っていたんでしょう。」と見破られました。最近、これらの記念列車を撮影している間に時間を超過して改札機や精算機でひっかかる人が多いのだそうです。不正乗車ではないとはいえ、妙に恥ずかしかったです。
スポンサーサイト

関東大手私鉄トラックバック(0)|

≪前の記事 京阪鴨東線開業20周年
≫次の記事 上毛電鉄感謝フェアイベント

トラックバック

ブログ TOP


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。