現在の時刻(JST)

プロフィール

道楽

Author:道楽
現在、過去の話題も追加していますので、バックナンバーもご覧になってみてください。

ご来訪有難うございます。

見えにくい方はこちらで

最近の記事

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

まとめ

:スポンサーサイト

--/--/-- (--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告

23:生まれ変わる福井鉄道

2006/04/02 (Sun) 22:52
 かねてより名鉄からの低床車導入への改造工事が進められていた福井鉄道で、4月1日から低床車770・800形の運用が開始されました。

 当日、午前9時から武生新駅で発車式が行われ、福井鉄道社長、福井県副知事や沿線自治体の首長などの来賓がテープカットの後、祝賀電車に仕立てられた775-776に乗車しました。この頃から、朝ラッシュ時に走っていた在来の車両が次々と低床車770・800形と交替していきました。 私は発車式直前に武生に着いたのですが、前日から福井入りしていた友人によると、朝の急行であの140形も動いていたそうで、その点が残念でした。
武生新駅での発車式

 その祝賀電車775-776は武生新9:30発の臨時電車で来賓を乗せて全線を往復し、続いて通常の営業列車で1往復走った後、入庫してしまいました。夕方に見ると、正面に貼られていた記念ステッカーは既に剥がされていました。
家久~上鯖江間にて

 引退予定の在来車のうち、これまでの主力だった300形は西武生車庫に集約され、120形・140形・モ562・デキ11は福井新駅に留置されていました。140形は翌日に武生新へ回送されたとのことなので、まだ走る可能性はありそうですが、他の車両は(除雪用のデキ11を除いて)このまま終焉を迎えることになりそうです。
福井新にて

 この日からのダイヤ改正で、田原町行きも福井駅前を経由していくことになりました。770形のうち、773-774には早くも広告が入れられています。
市役所前~福井駅前間にて

 低床車が走り出したのはいいものの、「福井鉄道らしさ」がなくなったとファンとしては少々寂しさを覚えていたところ、乗客を収容しきれなくなったためか、午後から80・200・610形が走り出しました。引退予定の80形の突然のご出座には驚きました。
福井新~木田四ツ辻間(鉄軌分界点)にて
スポンサーサイト

地方私鉄トラックバック(0)|

≪前の記事 和歌山電鐵貴志川線開業
≫次の記事 樽見鉄道の貨物列車

トラックバック

ブログ TOP


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。