現在の時刻(JST)

プロフィール

道楽

Author:道楽
現在、過去の話題も追加していますので、バックナンバーもご覧になってみてください。

ご来訪有難うございます。

見えにくい方はこちらで

最近の記事

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

まとめ

:スポンサーサイト

--/--/-- (--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告

171:豊橋鉄道 新「なぎさ号」

2008/07/26 (Sat) 23:55
 7月21日から、豊橋鉄道1804F「なぎさ号」がリニューアルされたというので、訪ねてきました。
 とりあえず車庫のある高師で降りたら、いきなり新豊橋行きで入ってきました。印象としては、1~3月に走った1805F「新なのはな号」の夏バージョンといった感じです。
高師(2008.7.26)

 「なぎさ号」が戻ってくるまでの間、高師車庫に入れてもらいました。庫の中には上田交通から来た7200系7251Fがいましたが、車番だけは剥がしてありました。部品取り用だと思っていましたが、整備更新のうえ、豊橋で3度目のデビューを果たすそうです。
高師(2008.7.26)

 外には無番号の東急7200系がいましたが、これは恐らく部品取り用だった7255だと思います。同じく部品取り用だった7204と7209は車庫火災で廃車されたモ1801・1811の2代目に転用されましたが、これも上田からの2両と組み合わせて3連化するためと思われます。
高師(2008.7.26)

 そういうわけで、「なぎさ号」の戻ってくる時間になったので撮影に向かいました。まずは片側架線柱で綺麗に撮影できる大清水~老津へ。この時間なら光線はバッチリなはずが、夏場は日が周るのが早くてトップライトに…。
大清水~老津間(2008.7.26)
 続いて杉山へ移動し、そこでようやく、順光で撮れました。
杉山~やぐま台間(2008.7.26)

 ホームページには9月30日までの運用が掲載されているのですが、この後は1805F同様、元に戻すのでしょうか。

スポンサーサイト

地方私鉄トラックバック(0)|

≪前の記事 台湾 CK124集集線を走る(1日目)
≫次の記事 近鉄 湯の山特急復活運転

トラックバック

ブログ TOP


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。