現在の時刻(JST)

プロフィール

道楽

Author:道楽
現在、過去の話題も追加していますので、バックナンバーもご覧になってみてください。

ご来訪有難うございます。

見えにくい方はこちらで

最近の記事

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

まとめ

:スポンサーサイト

--/--/-- (--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告

155:遠州鉄道モハ30+クハ80さようならイベント

2008/05/31 (Sat) 23:52
 遠州鉄道ではモハ30+クハ80が引退することになり、5月31~6月1日にさようならイベントが行われました。
 とはいっても、新浜松駅2番線に留置中のこの編成にヘッドマークを付けただけのものですが、今や平日の朝夕にしか走らない車両ですし(数年前に訪れたときは昼間も走っていたのに…)、気になる存在ということで、31日にアーバンライナーと快速を乗り継いで行ってきました。
 天気が悪いので人も少ないと踏んでいたのですが、思っていたよりは多く、それも近くに来たついでに寄ったっぽい家族連れが多く、撮影には少々苦労させられました。
新浜松(2008.5.31)

 この日は2番線に無料で入場できるようになっており、受付で記念品の車両竣工図をもらって階段を登ると、ちょうど1番線に定期電車が到着するところでした。停車位置がずれるので、停車直前に並びが撮れました。
新浜松(2008.5.31)

 ヘッドマークはこんな感じです。
新浜松(2008.5.31)

 クハ80にも、「ありがとう80号」のマークが付いていました。よく見ると、モハ30とは方向幕のフォントが違うのですが、こちらの方が原型だったと思います。
新浜松(2008.5.31)

 クハ80のヘッドマークです。
新浜松(2008.5.31)

 人が途切れるまで粘りに粘って、ようやく撮影できた車内。営団6000系や大井川にいた元北陸「しらさぎ」を彷彿とさせる貫通路部分、当時はかなり思い切った設計だったと思います。
(2008.5.31)

 半室運転台の車両を見るのはかなり久しぶりのような気がします。
新浜松(2008.5.31)

 運転台には秋葉神社のお札が貼られていました。
新浜松(2008.5.31)

 一通り見終わって、向かいの1番線から撮ろうとしました。入場券を買おうと思って駅員さんに聞くと、「どうぞそのまま入って下さい。」とのこと。 有難く入れてもらって、まずはクハ80側から。結構端に留まっているので、こちらを撮るには広角系のレンズが必要でした。
新浜松(2008.5.31)

 イベントの終わり間際になって、モハ30の前照灯や尾灯が点けられていました。なかなかいい感じです。
新浜松(2008.5.31)

 30形自体はまだ4編成が残りますが、平日ラッシュ主体の運用は続くので、宮仕えの身には追跡が難しそうです。最終編成以外は吊り掛け駆動でいい音出すのですが…。
スポンサーサイト

地方私鉄トラックバック(0)|

≪前の記事 神戸電鉄6000系
≫次の記事 能勢電鉄開業100周年

トラックバック

ブログ TOP


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。