現在の時刻(JST)

プロフィール

道楽

Author:道楽
現在、過去の話題も追加していますので、バックナンバーもご覧になってみてください。

ご来訪有難うございます。

見えにくい方はこちらで

最近の記事

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

まとめ

:スポンサーサイト

--/--/-- (--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告

13:豊橋鉄道3100形さようなら運転

2006/03/06 (Mon) 00:28
 豊橋鉄道東田本線では、名鉄から780・800形の転入に伴い引退する3100形(元名古屋市電1400形)のさようなら運転が3月4~5日に行われ、4日の樽見鉄道の帰りに寄ってきました。

 3100形は昭和44年に9両が投入され、平成2年の冷房化の際に2両が廃車された後もモ3101~3107の7両が在籍して、文字通り東田本線の主力でしたが、名鉄車入線のため、入れ替わりで昨年7月から廃車が始まっていました。そして、昨年12月末に運用離脱したモ3103、今年2月末に運用を離れたモ3104・3105の3両が4日午後と5日午前に記念ヘッドマークを付けて運転されました。
 
 カメラを構えて、まずやってきたのはモ3104、広告スポンサーの薬局のシャッターには、この電車が描かれていることでも知られています。
井原~赤岩口間にて

 続いてモ3103、残念ながら、この後すぐに入庫してしまいました。
東田~競輪場前間にて

 最後にモ3105、ヘッドマークは3両それぞれで異なるデザインです。
東田~東田坂上間にて

 3100形はモ3102がイベント用として残りますが、そうなるとこれまでイベント用だった「レトロ電車」モ3702の去就が気になります。赤岩口車庫をのぞくと、架線の張られていない側線に押しやられていましたが…。
スポンサーサイト

路面電車トラックバック(0)|

≪前の記事 相模鉄道 鉄道フェア
≫次の記事 さようなら樽見鉄道の客車列車

トラックバック

ブログ TOP


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。