現在の時刻(JST)

プロフィール

道楽

Author:道楽
現在、過去の話題も追加していますので、バックナンバーもご覧になってみてください。

ご来訪有難うございます。

見えにくい方はこちらで

最近の記事

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

まとめ

:スポンサーサイト

--/--/-- (--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告

108:小田急ファミリー鉄道展2007

2007/10/21 (Sun) 23:59
 10月20日、海老名車両基地での「ファミリー鉄道展2007」に混雑覚悟で行ってみました。いつも思うのですが、関東の鉄道イベントは関西は遥かに及ばないほど大変な混雑でした。
 今回の目玉は歴代ロマンスカー4並びでしたが、残念ながら1形や2200系など他の保存車は展示されませんでした。左からSE(3000形)、NSE(3100形)、LSE(7000形)旧塗装車、そして実車が初お披露目となる地下鉄乗り入れ用MSE(60000形)です。MSEは別として、SEを見たのは、これが初めてです。
海老名車両基地(2007.10.20)

 最新のMSEは折角ながら浮いていたので、本などで見慣れた車両だけで3並びにしてみました。これは萌えます。NSE末期の頃、何度か撮影に行ったのを思い出しました。
海老名車両基地(2007.10.20)

 実はこの撮影会、20人くらいずつしか会場に入れず、入れても撮影時間は3分くらい、このために50分くらい並ばなければいけませんでした。大病院の外来診察みたいです。SEは車内も公開され、撮影会と反対側の登場時の姿に復元された先頭車も見たかったのですが、こちらも2時間待ちと言われ、逆光になることもあって、諦めて帰りました。
 横にたまたま?留まっていた4000形も注目を浴びていました。
海老名車両基地(2007.10.20)

 会場には小田急グループ各社や同業他社の出展もあり、その中のバスコーナーに展示されていた神奈川中央交通の木炭バスに注目が集まっていました。
海老名車両基地(2007.10.20)

 グッズ売り場では、小田急グループの江ノ電・箱根登山鉄道や近隣の京急・東急・相鉄と並んで、なぜか南海電鉄がブース出展していました。どういうつながりがあるのでしょうか。
スポンサーサイト

関東大手私鉄トラックバック(0)|

≪前の記事 福井鉄道 新幸橋開通
≫次の記事 上毛電鉄デハ101走る

トラックバック

ブログ TOP


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。