現在の時刻(JST)

プロフィール

道楽

Author:道楽
現在、過去の話題も追加していますので、バックナンバーもご覧になってみてください。

ご来訪有難うございます。

見えにくい方はこちらで

最近の記事

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

まとめ

:スポンサーサイト

--/--/-- (--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告

536:鉄道大好きツアー③関東鉄道常総線

2012/12/19 (Wed) 00:36
 2日目は佐原のホテルからバスに乗り、関東鉄道水海道駅に来ました。
 ということでツアー最後の訪問は関東鉄道常総線で、乗車はしないものの車庫見学となるのですが、いきなりサプライズの登場です。駅から離れている車庫へは特別列車に乗ると聞いていたのですが、やってきたのはキハ102で、特製マーク付きでした。
水海道(2012.12.9)

 ヘッドマークも用意されて、なかなか心憎い演出の特別列車で車庫へ向かいます。
水海道(2012.12.9)

 車庫に到着後、事務所で説明を受けた後、撮影会となりましたが、この際に聞いた中で印象に残ったのが、東日本大震災の際、施設に大きな被害はなかったものの、気動車用の燃料が届かず、運休寸前まで追い込まれたという話でした。関鉄では減便ダイヤ等も検討して覚悟し、燃料が切れる直前になって1台のタンクローリーが車庫に到着したときはホッとした…等、臨場感あふれる話は鉄道運行への強い責任感が伝わるものでした。
水海道(2012.12.9)

 撮影会は非常に念入りで、撮影する人皆をうならせる内容でした。まずは4並びから。
水海道(2012.12.9)

 続いて、各車両を前へ引き出して、形式毎の撮影に移ります。トップバッターはキハ314+313、この編成は7月に旧塗装に復元されました。屋根上のベンチレーターまで銀色に塗ってあり、非常に美しい車体で撮り応えがあります。5か月が経ってもこのように美しいのはつまり普段走っていないからで、社員の方に聞くと、キハ310形や同形のキハ0形の走行シーンを見るには、平日の朝に来ないといけないとのことでした。 
水海道(2012.12.9)

 続いてキハ101、現在も同僚のキハ102とともに水海道~下館間で定期的に運行されています。平成19(2007)年9月に国鉄気動車の標準塗装のひとつだった朱色5号に塗装されました。 
水海道(2012.12.9)

 今年は常総線開業99周年にあたり、正面には記念ステッカーが貼られていました。99周年でも記念乗車券が発売されたりしていることから、来年の100周年では更に盛大なイベントが行われるものと、今から期待しています。
水海道(2012.12.9)

 キハ101には側面にサボ掛けが残っており、今回は撮影用にと以前使用されていたサボを付けて頂きました。何の前触れもなく突然持ってこられたので、皆これには驚きました。
水海道(2012.12.9)

 撮影会用ではないですが、キハ2203がちょうどいい位置にいたのでこれも撮影。現在の水海道~下館間はこのキハ2200形とキハ5000形が主力になっています。 
水海道(2012.12.9)

 私たちの乗ってきたキハ102も登場です。こちらの塗装は、関東鉄道の前身である常総筑波鉄道時代のもので、平成13(2001)年に塗られました。
水海道(2012.12.9)

 水海道に来たからにはこのDD502を忘れるわけにはいきません。というか、イベントの際には必ずといっていいほど登場するので、私も本線上ではイベント列車で走る姿を2~3回撮影したことがあるのですが、車庫で撮影するのは初めてです。イベントの他には工事列車や新車の回送にも使用され、特に新車回送の際はホームページで時刻が公開されることがあるので、気長に待てば撮影の機会があります。 
水海道(2012.12.9)

 ロッド式の台車が非常に印象的ですが、こちら側から撮影するのは初めてのような気がします。
水海道(2012.12.9)

 撮影会を終えて事務所に戻ると、会議室の片隅にかつてのヘッドマークが並べられていました。古い倉庫を撤去する際に出てきたものだそうで、今はなき鹿島鉄道や筑波鉄道のものもあります。関鉄では今後、これらを展示用に整備してイベント等に活用していくそうです。
水海道(2012.12.9)

 出てきたときは社員も驚いたという筑波鉄道(昭和62(1987年)3月31日限りで廃止)のさようならヘッドマークと、同線で昭和30年代に運転されていた急行「つくばね」のマーク。「つくばね」は木製で、その割には状態が非常にいいです。上下に付いているステーは発見後に取り付けられたもので、「現在の車両に取り付けてイベントもしてみたいですね」とのお話でしたが、それなら今日の撮影会で…とは、思っても言ってはいません。
水海道(2012.12.9)

 撮影会の後は気動車運転体験となりました。これは定期的に行われているもので、関西からもリピーターになって通ってくる参加者がいるそうです。運転の前に、安全上の理由で事前には講習を受けなければいけませんが、この後京都まで帰らなければいけない私たちは時間が限られており、ごく簡単な基本動作のみを覚えて車両に移動します。
 使用車両は先ほど乗ってきたキハ102ですが、後でホームページを見るとキハ100形は中級編で使用される車両で、初級編の内容すら端折った私たちがよく運転させてもらえたものと、後になって不安が押し寄せてきました。
 この写真は私ではなく、デモンストレーション運転をしている本物の運転士さんです。ちなみに、運転時には制帽を貸してもらえます。
水海道(2012.12.9)

 運転体験はこの位置から奥に見える車庫の手前までの150mで、両運転台の前後に別れて片道ずつ運転します。反対側の人が運転する間は車掌体験としてマイクを握らせてもらい、「次は新大阪」などと好き勝手にしゃべっていました。運転士さんが付きっ切りでアドバイスしてくれますが、やはり決められた位置に止めるのは誰でも難しかったようで、私も少しオーバーランしてしまいました。それでも運転士さんたちは「なかなかお上手ですよ」とおだててくれます。テクニックは別として、ただ動かすという点についてだけ言えば、キハ102のような旧型気動車は、案外簡単な動作だけで動き出すのが実車運転初体験の私には意外でした。
水海道(2012.12.9)

 他の人が運転している間、車内では弁当が配られ昼食タイムとなります。配られたのは「豚めし弁当」、平成23(2011)年10月のキハ350形さようなら運転で配られたものを内容・掛け紙をそのまま再現したものです。さりげなく「鉄道大好き!バスツアー」の文字が入っています。 
水海道(2012.12.9)

 運転体験終了後は、特別に車庫留置中の他の車両も見せてもらいました。目立つのはこのキハ350形で、先ほどさようなら運転をしたと書きましたが、これは定期運用から離脱という意味で、現在でも8両が車籍を持つものの、すべて休車となっています。 
水海道(2012.12.9)

 キハ350形は言うまでもなく元JRキハ35系で、平成18(2006)年には映画「パッチギ!2」に京浜東北線として登場するためキハ358+3511と3518+3519がスカイブルーに塗られました。キハ35を京浜東北線とは無茶もいいところだと思いますが、撮影終了後も色を戻すことなくそのまま運転され、私も撮影に来たことがあります。結局、このキハ3518+3519は廃車までスカイブルーのままで、今も留置されていたとは思わず、見たときは少々驚きました。 
水海道(2012.12.9)

 ツアー参加者に一番人気だったのはキハ353+354。常総線開業90周年記念イベントとして平成15(2003)年に関鉄旧塗色に塗られたものですが、これが最も国鉄形らしい雰囲気なので皆に熱心にカメラを向けられていました。
水海道(2012.12.9)

 水海道車庫に並ぶ車両。
水海道(2012.12.9)

 留置車両の中で私が最も見て驚いたのがこのキハ301の廃車体。国鉄から筑波鉄道に譲渡されたのを同線廃止後に関鉄が引き取った変り種です。
水海道(2012.12.9)

 キハ0形も第一線を退いた形になり、昼間と休日は車庫で寝ています。
水海道(2012.12.9)

 お伺いした話ではキハ100形は以前、廃車が検討されていたそうですが、鉄道ファンの要望で残すことになったそうで、訪問する鉄道ファンが増え、「ファンの皆さんの応援は本当にありがたいです」とのことでした。非常に対応して頂き、運転体験記念の氏名入りキーホルダー等をお土産に頂いて、車庫を後にしました。

 今回のツアーも本当に充実した内容で、大満足で帰路につきました。企画から添乗まで全てをこなされる明光バスのSさんには、この場からも厚く御礼申し上げます。
スポンサーサイト

テーマ : 鉄道 - ジャンル : 趣味・実用


地方私鉄トラックバック(0)|

535:鉄道大好きツアー②銚子電鉄

2012/12/18 (Tue) 23:43
 鹿島臨海からバスで1時間余り、次の目的地である銚子電鉄の仲ノ町駅に着きました。
 銚子では最近、車両に動きがあり、行きたいと思いつつも東京から特急利用でも2時間近くかかるためなかなか足を運べず、気がかりになっていただけに今回のツアーは渡りに船でした。

 最初に出会ったのは2000形、車体洗浄する余裕がなかったのか一時はかなり薄汚れて見苦しくなっていましたが、今回は綺麗になっていて一安心です。側面にイオンモール銚子の広告ラッピングが行われていた2002Fは11月に広告期限が切れた後、どうなったのか気になるところです。
仲ノ町(2012.12.8)

 何と2002Fは京王5000系と同じく側面にも白に赤帯を巻いている最中で、2000形の種車である京王2010系は特急運転開始直後に、当時の新車5000系が不足するのを補うため一部がこの色に塗られていたことがあり、「グリーン車」こと2001Fとあわせて、40年ほど前の京王線が銚子で再現されることになりました。当然この日は車庫で見るだけですが、運用に復帰したらまた訪れなければと思います。 
仲ノ町(2012.12.8)

 伊予鉄道で先頭車改造された「偽5000系顔」クハ2502にも似合いすぎです。京王5000系については、譲渡先の一畑電車と富士急行でもこの塗色が復活しており、ファン向けイベントをよく行っているこの3社が組んで何かイベントを仕掛けてきたら…と、妄想するだけでも恐ろしいです。
仲ノ町(2012.12.8)

 一昨年9月にさよなら運転を行ったデハ801も、さよならマークを付けた状態で展示されていました。デハ801は動態保存車だそうで、営業運転からは離脱しましたが、その後屋根上に作業台を載せて終電後の保線作業に使われたりしているそうです。
仲ノ町(2012.12.8)

 そして忘れてはいけない「仲ノ町の主」デキ3。旧塗装になった次は今年4月にビューゲルから原型に近いトロリーポールに変更されるなど、相変わらず話題を振りまいています。残念ながら検査期限が切れたそうで、車籍はあるものの本線上は走れませんが、イベントの際に車庫内でよく運転されています。
仲ノ町(2012.12.8)

 私はトロリーポールの現物使用例は明治村や梅小路の京都市電しか見たことがないのですが、時折走行中にポールが架線から外れそうになり、見ている方がヒヤヒヤします。
仲ノ町(2012.12.8)

 そのデキ3に、乗せてもらえることになりました。1回につき車庫内を2往復、余りに小さいので2人ずつ乗車したのですが、そこに運転士さんが加わると、乗るだけならともかくカメラを持っていろいろ撮影しようとすると余裕がなくなります。動き出すと吊り掛けの音が想像よりも低いのが意外でした。
仲ノ町(2012.12.8)

 運転台の全景です。運転士さんが手をかけているのが手回しブレーキ(ブレーキはこれしかないので、たとえ検査を通しても規制の厳しい現在は本線運転は認められないと思います)で、これと左側のマスコンを同時に持ちながら運転するので、運転には相当熟練の技が必要そうです。先ほど「2人ずつ乗車」と書きましたが、実際には後数人乗れる広さがあるものの、運転士が常に前後を交互に見渡しながら運転するので、邪魔にならないためには2人が限度だと思います。実際、運転士さんの動きは相当忙しく、聞いてみると案の定「車庫内だけでもかなり疲れます」とのことでした。
仲ノ町(2012.12.8)

 車庫では2班に分かれ、片方が車庫見学の間にもう一方は近辺の貨物引き込み線跡探訪ツアーに行きました。ツアーを案内して頂いたのは元銚子電鉄社員の向後さんで、当然線路は全て撤去されていますが、言われたら解る程度ながら面影が残っていました。まずは仲ノ町駅裏のヤマサ醤油工場内の側線で、溝を渡る橋の跡があります。正面倉庫の庇の下から銚子駅に向かって側線が延びていたそうです。
(2012.12.8)

 中央みどり公園は元国鉄新生貨物駅だったところで、記念碑が建っているのと、敷地が扇形なのでこれも言われたらそれらしく見えますが、この2つ以外に線路があったことが推察できるものは一切残っていません。
(2012.12.8)

 新生駅から更に北の漁港へ伸びていた貨物線の跡です。中央の駐車場部分に線路があったそうです。廃線跡としては、ここが一番判りやすいかもしれません。
(2012.12.8)

 仲ノ町車庫に戻り、再び撮影です。以前にもこのブログに登場したデハ1002の丸の内線(方南町支線)色はこの日は車庫留置で、車内では記念乗車券やグッズの販売が行われていました。仲ノ町や犬吠駅では古い記念乗車券を販売しており、結構買い集めたつもりなのですが、倉庫から発見されたのか見たことのない乗車券が発売されていたりして、つい散財する結果に…。
 それはともかく、もう一つの車両の話題はデハ1001が今年8月から営団銀座線時代のオレンジになったことです。正面の車番も、営団時代と同じ位置に記載されているのがミソです。
仲ノ町(2012.12.8)

 ここでも沿線撮影の時間がありましたが、仲ノ町で長居したために移動が遅れ、定番撮影地の君ヶ浜に来たものの、デハ1001を後追いで撮影した直後に日が沈んでしまいました。
君ヶ浜~海鹿島間(2012.12.8)

 この後、一旦解散のような状態になり、君ヶ浜で撮影を続ける人もいましたが、風が強く寒かったので私は次の電車で外川まで乗車した後、交換駅の笠上黒生で降りてみました。 
笠上黒生(2012.12.8)

 今や休車状態のユ101「澪つくし号」は、笠上黒生の側線に押し込められていました。2000形が伊予鉄道から来た直後、一時的にここで留置された以外は、この側線に置かれた車両はその後廃車解体される運命にあるので先行きが気がかりです。ユ101も安全上の理由で本線には出せないそうですが、個人的には、仲ノ町車庫でデキ3に牽引させて乗車できるようにすれば人気が出るのではと思いますが…。
笠上黒生(2012.12.8)

 次の電車の交換シーンを撮影してから銚子行きのデハ1001に乗車し、銚子駅まで乗って銚子電鉄完乗となりました。
笠上黒生(2012.12.8)

 この後、総武本線に乗り換えて佐原に向かい、ここで宿泊となりました。

テーマ : 鉄道 - ジャンル : 趣味・実用


地方私鉄トラックバック(0)|

534:鉄道大好きツアー①鹿島臨海鉄道

2012/12/18 (Tue) 23:12
 12月8~9日に行われた明光バス「鉄道大好き!!ツアー」に参加してきました。これまでにも何度か参加しているのですが、今回は鹿島臨海鉄道・銚子電鉄・関東鉄道常総線を周るということで、毎回大満足な内容ですが今回も期待通りの充実した内容でした。
 これから3回に分けて書いていきますが、まずは最初に行った鹿島臨海鉄道大洗鹿島線から。

 今回は京都発で、夜行バスで水戸まで来るのですが、私は所用で水戸からの参加となりました。参加者の皆さんと合流して07:08発の列車に乗ります。鹿島臨海に乗車するのは2回目ですが、前に乗ったのがいつだったのか、もう思い出せません。
水戸(2012.12.8)

 大洗鹿島線も東日本大震災で被害を受け、昨年7月に全線復旧しましたが、その告知ステッカーが車体の側面に貼られていました。
(2012.12.8)

 水戸駅のホーム売店は、E653系をかたどったものでした。この手の売店は他に藤沢駅で80系の形をしたものを見たことがありますが、今後もぜひ他の駅でも展開してほしいものです。ちょうど発車していくE657系との並びを狙ってみました。来年3月のダイヤ改正で、「ひたち」は「スーパー」「フレッシュ」ともE657系に統一されるとのことです。
水戸(2012.12.8)

 さて、水戸から乗車した鹿島神宮行きは、大洗で列車行き違いのため長く停車したので、対向列車を撮影してみました。大洗鹿島線はこの6000形で統一されていますが、見ていると側面に広告など何がしかのラッピングをしている車両が結構見受けられ、このように正規の塗装だけで揃っている編成がかえって新鮮に見えました。
大洗(2012.12.8)

 列車を鹿島灘駅で降りると、駅前にツアーのバスが待っていました。これで撮影地に移動して列車を2本ほど撮影しました。この手の鉄道ツアーでは、乗車と後はせいぜい車庫見学だけというパターンが多く、撮影では不満が残ることが多いのですが、明光バスは途中で沿線での撮影時間も取ってもらえるので私には助かります。
 6000形は正面窓上を黒く塗ってあるのが基本ですが、側面を全面ラッピングにした場合はこの部分が赤くなることに気付きました。何か印象が違うと思っていたのですが…。
鹿島大野~鹿島灘間(2012.12.8)

 撮影後は再び鹿島灘駅に戻り、鹿島神宮行きに乗車します。6000形も間近に見ると結構くたびれてきているように見えますが、代替新車導入などの話はまだないようです。
大洋~鹿島灘間(2012.12.8)

 途中、こういう駅も通ったので、お約束の駅名票撮影。
(2012.12.8)

 鹿島神宮に到着して大洗鹿島線を完乗しました。ここからはJR鹿島線となりますが、お互いに1時間1本程度の本数なのに接続はよくありません。見れば駅前からは東京駅行きの高速バスが日中でも10~20分間隔で頻発しており、大洗鹿島線はともかくJRには、これでは誰も乗らないでしょう。
鹿島神宮(2012.12.8)

 先回りしていたバスに再び乗り込み、向かったのは鹿島臨港線の神栖駅です。今から30年ほど前に、成田空港へのジェット燃料輸送を行うことの地元への見返りとして鹿島臨港線(鹿島神宮~鹿島港南間)で1日3往復の旅客列車を走らせていた時期があり、その際の唯一の中間駅がこの神栖でした。今ではその面影が全くない貨物駅ですが、車庫があり6000形もここで点検や整備が行われるなど運行上の拠点になっています。
 手前の線路にはいまや定期運用のない7000形「マリンライナーはまなす」が停車していました。これからその撮影会となるわけですが、その前に乗ってきたバスとの並びを撮らせてもらいました。間違いなく二度とは見られないでしょう。
神栖(2012.12.8)

 「さぁ撮りなさい」と言わんばかりのいい位置に停車している7000形、こちらも斜め45度の正統派形式写真から正面、真横、しゃがんでなど、思いつく限りの角度から撮影させてもらいます。普段はもっと奥の側線に留置してあり、今回のためにディーゼル機関車でこの位置まで引き出してきたそうです。今では正月や菖蒲の咲く時期に臨時列車として運転される程度で、ぱっと見は綺麗に見えますが、近づくと車体は相当傷んでいるのがよく分かります。
神栖(2012.12.8)

 はっきり言って鹿島臨海では持て余し気味の7000形、この車両は鹿島臨海ではなく茨城県の所有で、鹿島臨海の自由にはできないのが難点です。これは鉄道ファンの間では有名な話なので、参加者も外観を一通り撮影すると、次いで妻面の「茨城県」プレートを撮影する人が多かったです。 
神栖(2012.12.8)

 車内も見せてもらえました。少々かび臭い臭いがしますが、運転台の後はラウンジみたいになっており、床はカーペット敷きでテレビやカラオケも設置と非常にバブリーです。製造年が1992(平成4)年とあっては、それも納得できる設備内容でした。
(2012.12.8)

 例えば会津鉄道や秋田内陸縦貫鉄道、今はなき高千穂鉄道あたりであれば大活躍したであろうと思いますが、このまま留置させておくのが非常にもったいないです。
(2012.12.8)

 私たちが7000形の撮影に走り回っている間にも、横のヤードでは入換作業が行われており、貨物列車が発車していきました。 
神栖(2012.12.8)

 上の貨物列車の返しを撮影するということで、神栖駅を出て再びバスで撮影地に向かいました。待つこと数分でやってきたのはいいのですが、機関車の後には空の貨車が続き、画面ギリギリになってようやくコンテナが見えてくる始末でした。
鹿島サッカースタジアム~神栖間(2012.12.8)

 こうして係員さんの親切に感激しつつ、鹿島臨海を後にしました。

テーマ : 鉄道 - ジャンル : 趣味・実用


地方私鉄トラックバック(0)|

533:京阪 臨時ノンストップ特急「洛楽」

2012/12/04 (Tue) 22:17
 京阪では、今年も臨時特急「洛楽」を、11月3日~12月2日の土休日に運転しました。特急といっても、京橋~七条間ノンストップのため、実際の種別は一段上の「快速特急」となります。

 1日に淀屋橋発の片道2本(10:06、10:36発)運転される「洛楽」、今回は初日の11月3日の1本目と最終日の12月2日の2本目が旧3000系の8531F(それ以外はすべて8000系)で運転されることが事前に公表され、私も最終日に行ってみましたが、複々線区間のめぼしい撮影地は当然どこも大混雑でした。

 1本目の回送は折りしも定期特急とすれ違いました。8000系も鳩マークを出すのと出さないのとでは、結構印象が違います。
守口市~西三荘間(2012.12.2)

 30分ほどして1本目の「洛楽」が折り返して来ました。ヘッドマークや行先表示などは昨年から変更ありません。
守口市~西三荘間(2012.12.2)

 次いでメインの旧3000系が回送されてきました。回送の段階で2枚看板なので、この段階で非常に注目を集めていました。回送にもかかわらず鳩マークを出しっぱなしなのは、忘れているのかファンサービスなのか…。
西三荘~守口市間(2012.12.2)

 上の画像でも後ろに少し見えていますが、新3000系のトップナンバー3001Fと並びました。
守口市~西三荘間(2012.12.2)

 そして本題の2本目。私のいた西三荘でも、1本目通過後も続々と同業者が集まり、すき間もないほどで「撮影される方は黄色い線から外に出ないでください」という放送が何度も流れるほどでしたが、それだけに通過時の連写シャッター音は凄まじいものがありました。
守口市~西三荘間(2012.12.2)

テーマ : 鉄道 - ジャンル : 趣味・実用


関西大手私鉄トラックバック(0)|

ブログ TOP


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。