現在の時刻(JST)

プロフィール

道楽

Author:道楽
現在、過去の話題も追加していますので、バックナンバーもご覧になってみてください。

ご来訪有難うございます。

見えにくい方はこちらで

最近の記事

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

まとめ

:スポンサーサイト

--/--/-- (--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告

313:台湾客車列車②旧山線復活運転

2010/08/30 (Mon) 21:48
 台湾では2日目ですが、本来の目的はこちらです。
 6月5日~8月29日の間、1998年9月に新線への付け替えで廃線になった山線の三義~(旧)泰安間の線路(旧山線)を利用して、観光列車が運転されました。実に12年ぶりの復活運転です。
 この観光列車にはこのブログにもたびたび登場しているSL、CK124が使用されるとあって、これは行かねばと意気込みました。しかし、運転日が初日の6月5日(土)と最終日の8月29日(日)以外はなぜか水曜日、これではいくら「電車(SLですが)道楽」といえども、宮仕えの身である以上、どうすることもできません。
 歯がゆい2か月を堪えがたきを堪えながら待ち、最終日に狙いを定めて訪問したわけです。

 まずは彰化機務段から始発駅の三義へ回送される特別列車を新線の泰安駅で迎え撃ちました。補機のR40が先頭になりますが、これはこれでいい雰囲気です。
 いつもは通過するだけの新線区間ですが、泰安駅がこんなにいい撮影地だとは思いませんでした。
后里~泰安間(2010.8.29)

 昨日に引き続き、友人HAYASHIさんの車で旧山線沿線を巡ります。三義からやってくるCK124は、同行のktkrさん推薦の場所で。勾配なので、煙を吐くかと期待したのですが、少し水蒸気を吹いただけでした。SL牽引列車といえども、ほとんど補機の推進運転に近い状態なので、煙を吐くCK124の姿を録るのは結構難しいです。
三義~勝興間(2010.8.29)

 往路は勝興~(旧)泰安間に設けられた龍騰(魚籐坪)臨時駅で長時間停車します。この周辺には以前にも来たことがありますが、そのときから比べても、周辺には土産物屋や駐車場が整備され、観光バスから大勢の人が降りてくるなど、大きく様変わりしていました。
龍騰(魚籐坪)(2010.8.29)

 停車中のCK124は記念撮影をする観光客に取り囲まれていましたが、負けじと輪の中に入っていってヘッドマークを撮影してきました。これ以上後ろに下がると他人が移ってしまい、これが限度でした。
(2010.8.29)

 客車の側面にもステッカーが貼られていました。どちらもいいデザインです。これがバッジやステッカーなどのグッズになっていたら迷わず買うのですが、グッズ好きの台湾にしては珍しく、土産物屋をのぞいてもその手の記念グッズは見かけませんでした。
(2010.8.29)

 これが龍騰の名所、龍騰断橋です。1908年の開業時に架設されたものですが、1935年に地震で倒壊してしまいました。遺跡になっても見た目が美しいので、観光名所となっていて、画像の左側から線路跡をたどって橋のたもとまでたどり着けます。
龍騰断橋(2010.8.29)

 その後、1938年に断橋の西側に新しく鉄橋が架けられ、これが廃線まで使用されました。その鉄橋の上をCK124が思ったよりも速い速度で渡っていきます。
 今回は車両限界が幹線級で大きいため、大型の藍色客車が使用されています。これまで、小型のDR2050形を牽引する姿しか見たことがなかったのですが、客車が大きい方がCK124も見栄えがよくなると思います。よく見れば客車のドアが一部開いていますが、こんな高所で問題ないのでしょうか…。考えてみれば、この区間が現役当時の優等列車はすべて手動扉だったわけで、10年少し前といえども日本の鉄道ではまず考えられない光景です。
龍騰(魚籐坪)~旧泰安間(2010.8.29)

 終点となる旧泰安駅でも、CK124の周りには人だかりができていました。龍騰駅とは雰囲気が違うと思えば、なぜかモデル撮影会になっていました。周囲にはレフ板を持ったスタッフなどがいたので、雑誌か何かの取材で来ていたのでしょうか。
旧泰安(2010.8.29)

 対してR40側はご覧のとおり閑散としていました。こちらの方がより"それらしい"のですが…。
旧泰安(2010.8.29)

 復路の三義行きはまず、超有名撮影地の内社川鉄橋で撮影しました。現役当時の光景は「台湾鉄路時刻表」の表紙や雑誌書籍などで度々登場するので、ご記憶の方も多いと思います。
旧泰安~龍騰(魚籐坪)間(内社川橋梁)(2010.8.29)

 勝興駅で2時間近く停車している間に食事をすませ、次なる撮影地へ。私たちがカメラを構えたあたりは実は道路が接近しているのに柵がないなどローカルムード溢れており、幹線だったとはとても思えない雰囲気でした。
勝興~三義間(2010.8.29)

 後追いでCK124も撮影し、長かった一日が終わるかに思えました。
勝興~三義間(2010.8.29)

 せっかくだからとこの後、日曜日のみ運転の自強号1120次(田中→七堵)を撮りに行きました。この列車は定期運用を離れたEMU100系が臨時に運用されていたことで有名でしたが、7月に故障してから、EMU300系やプッシュプルタイプ(E1000系)が入るようになったそうです。
 台湾の友人たちも「今はどうなっているか分からない」とのことで、「あわよくばEMU100系が復帰しているかも…」と思いましたが、やってきたのはEMU300系でした。
竹南~崎頂間(2010.8.29)

撮影協力:HAYASHIさん、ktkrさん、黄明昌さん


〈データ)
蒸機CK124で運転される列車
(1)運転日
6月5、9日(午前・午後各1往復)
7月7、14、21、28日(一日一往復)
8月4、11、18、25、29日(一日一往復)
(2)運転区間:三義~泰安
(3)5月31日より発売開始
(4)運賃399元(CK124蒸機列車乗車証明書を含む)


ディーゼル機関車で運転される列車
(1)運転日:7月5日~8月27日、月曜および金曜、午前・午後各1便、
      全車自由席定員400名
(2)運賃往復100元,片道50元。
スポンサーサイト

テーマ : 鉄道 - ジャンル : 趣味・実用


海外亡命トラックバック(0)|

312:台湾客車列車①林口線貸切列車

2010/08/30 (Mon) 21:37
 ジェットスター航空の大阪発台北経由シンガポール便の就航により、台湾も東京へ新幹線へ行くのと同じ、あるいはそれより安い金額で行けるようになりました。ありがたいことです。
 はっきりいって、JALやANAに乗りなれていると、ジェットスターのような格安航空会社は驚きの連続ですが、大阪から台北までは2時間半なので、機内食などのサービスはなくても何の問題もありません。

 そういうわけで、またもや8月27~30日に台湾へ行ってきました。
 今回も親友HAYASHIさんに連れて行ってもらい、28日に運転された藍色客車の貸切列車を撮影してきました。ILLSMP("I-Lan Line Super Motorcycle Party")という、私は初めて聞く名前のサークルがチャーターしたもので、基隆→林口線→新竹というマニアックなルートで運転されました。

R40とR123の重連で藍色客車5両を牽引して基隆駅に進入してくる貸切列車。もはや「客車がインド製(通勤タイプ)か」などと贅沢は言っていられません。
基隆(2010.8.28)

 ディーゼル機関車の青色旧塗装への復元は、今年に台湾鉄路が123周年を迎えるのを記念してR123(笑)に行われたのは以前にも書いたとおりですが、他にR40とR101にもされていたことを、このときになって知りました。 
 R101は今日、「南方公園」の貸切で海線を走っています。私もメンバーなのですが、ネタの面白さでこちらに来てしまいました。不好意思!!
基隆(2010.8.28)

 基隆で機回しをしている間に電車で先回りしました。とはいえ撮影できる場所も限られるわけで、樹林駅のホーム先端で通過する貸切列車を待ち構えていると、思わぬ並びが撮れました。これが被っていたら、EMU500系を一生許さなかったでしょう(苦笑)。
樹林(2010.8.28)

 客車に貼られていたイベントの告知ポスターです。ただでさえ暑いさなかに、非冷房車両に乗ろうとする酔狂な人が、台湾にもこれだけいたのだという点で心強く思いました。
(2010.8.28)

 ハイライトは林口線への入線です。鶯歌駅で列車待避中の貸切列車を撮影し、今度はHAYASHIさんの車で先回りです。林口線では通常、桃園~海湖間で平日のみ1日2往復の旅客列車が運転されていますが、今回は終点の林口まで入線します。
 それならと、海湖より先の区間で撮影したのですが、沿線は草が多くて歩きづらく、HAYASHIさんによると「近くに軍の演習場がある」そうで、空き地といえどもうかつに立ち入れず、単純な構図でも撮影には結構苦労させられました。
海湖~林口間(2010.8.28)

 桃園ではスイッチバックになり、林口でも折り返しの手間を省くため、林口線内はプッシュプルになっていました。振り返ってもう1枚。
海湖~林口間(2010.8.28)

 林口は周辺に人家のほとんどない寂しいところですが、火力発電所(画像の左のほうに見えています)があり、ここへの石炭輸送で貨物列車が運転されています。
 そんなところへ迷い込んできた(?)客車列車と押し寄せる鉄道ファン、ここで私も台湾の友人のほとんどに会うことになりました。
林口(2010.8.28)

 返しは林口線と一目で分かる場所ということで、「客車折り返し点」で。海湖まで来た旅客列車は、信号の関係で一旦ここまで来て折り返していきます。
林口~海湖間(2010.8.28)

 桃園で重連に戻り、新竹へ向かってイベントは終了です。車で先回りして来たのは有名撮影ポイントのカーブした橋。ここでは危うく「自強号」と被るところでしたが、貸切列車のスピードが異様に遅く、「自強号」が通り過ぎた後も余裕で撮影できました。
新豊~竹北間(2010.8.28)

 
【撮影協力】HAYASHIさん、黄さん、寥さん

テーマ : 鉄道 - ジャンル : 趣味・実用


海外亡命トラックバック(0)|

311:いよいよさようなら大糸線キハ52形

2010/08/23 (Mon) 00:56
3月の「ありがとう号」以降も5月から「ジオパーク号」として特別運転が続いていた大糸線キハ52も、8月22日の運転をもって、いよいよ終了となりました。
 今まで2回訪問しましたが、今度は雪のない風景で撮影したいと思い、前回に引き続きUさんの車に便乗させてもらいましたが、既に何度も運転されているためか、沿線には思ったよりは鉄道ファンの姿は少なかったです。

 キハ52の前に来た定期列車のキハ120形。風景はよくても、これでは訪れようという気にはならないですね。
頸城大野~根知間(2010.8.22)

 炎天下で待つこと2時間、(←南小谷)キハ52-125(寒冷地色)+115(首都圏色)の2連でやってきました。「ありがとう号」からキハ52-115を離しただけで、組み換えも一切していない様子でした。さすがに塗色もくたびれてきています。
頸城大野~根知間(2010.8.22)

 スピードが遅いのは相変わらずで、沿線にはパトカーが出ていたので車での派手な追っかけはできませんでしたが、普通に運転してもあっという間に追い抜き、このような俯瞰撮影ポイントへもかなり余裕をもって移動できました。
平岩~北小谷間(2010.8.22)

 ヘッドマークは2両で異なるデザインのものですが、この日は最終日ということで、「さようならキハ52」の文字が追加されました。
(2010.8.22)

(2010.8.22)

 折り返しの糸魚川行きはどこで撮っても面つぶれになります。それでも絵になってしまうキハ52、ここにきて、もっと色々なシーンを撮っておきたかったと例によっての後悔の思いが湧いてきました。
根知~頸城大野間(2010.8.22)

 糸魚川到着後はそれほど長く止まらずに富山へ回送されます。いよいよ最後となるキハ52、日本海をバックに撮影してお開きにしました。
市振~越中宮崎間(2010.8.22)

 わずか3回の訪問でしたが、かなり楽しませてもらいました。ありがとう、お疲れ様キハ52。

テーマ : 鉄道 - ジャンル : 趣味・実用


たまにはJRもトラックバック(0)|

310:長野電鉄創立90週年

2010/08/23 (Mon) 00:42
 長野電鉄では今年5月30日に創立90周年(前身の河東鉄道が1920(大正9)年5月30日に設立されたことによる)を迎え、記念ヘッドマークが5月30日から9月30日まで掲出されています。
(2010.8.21)

 マークは2000系A・D編成と8500系T6編成(8506F)に付けられるとのことです。2000系は長野側のみに付くのですが、通常は朝夕しか出番がなく、午前中はほとんどの区間で逆光になってしまうため、撮影には非常に苦労させられました。私が見たところ、朝に順光になるのは長野行きの信州中野入線か北須坂駅周辺だけのようです。
 せっかくいいデザインのマークを付けているのに、非常に惜しいです。
信州中野(2010.8.21)

 そういうわけで、落ち着いて撮影しようと思えば夕方運用ですが、これも日没直前になるので、最初の1~2本までが限度で、難易度が高いことに変わりはありません。 
附属中学前~朝陽間(2010.8.21)

 この日、8506Fにはマークが付いていませんでした。貫通扉の板挿しに不具合があり、付けられなくなったのだそうです。マーク自体は8500系の貫通扉の幅に合わせて作ってあるそうで、このため2000系に付けると小さく見えてしまうのですが、これなら最初から2000系にだけ付けるようにしておいた方がよかったのではと思いました。
桜沢(2010.8.21)

 2000系の活躍も遂に終わりが見えてきたようで、長電も後何度か訪問することになりそうです。

テーマ : 鉄道 - ジャンル : 趣味・実用


地方私鉄トラックバック(0)|

309:水間鉄道 夏山ヘッドマーク

2010/08/16 (Mon) 23:28
 水間鉄道では7月24日~8月31日に夏山ヘッドマークを1005Fに掲出しています。
石才~近義の里間(2010.8.15)

 葛城ポン太君も夏休みを満喫しているようです。
(2010.8.15)

 現時点で、ヘッドマークはおなじみの「水なす」(1007F)と2本体制になっています。
石才~近義の里間(2010.8.15)

テーマ : 鉄道 - ジャンル : 趣味・実用


地方私鉄トラックバック(0)|

305:都電阪堺線?

2010/08/08 (Sun) 23:54
 阪堺電車との相互PRキャンペーンの一環として、都電荒川線でも7500形7511が阪堺色となり、都電色となった阪堺モ502と同じ6月6日から運行開始しました。
飛鳥山(2010.8.8)

 阪堺モ502の都電色も似合っていましたが、こちらの阪堺色(モ162・163の旧塗装)も結構サマになっています。
小台(2010.8.8)

 乗ってみれば普通の7500形で、阪堺を連想させるのはこの掲示物だけでした。
(2010.8.8)

 阪堺の都電色モ502は2年間運行されますが、こちらは来年3月までとのことです。
大塚駅前(2010.8.8)

テーマ : 鉄道 - ジャンル : 趣味・実用


路面電車トラックバック(0)|

308:銚子電鉄2000形登場

2010/08/08 (Sun) 06:27
 昨年11月に搬入されていた銚子電鉄2000形(元伊予鉄道800形)が、7月24日から営業運転を開始しました。当日は犬吠駅での出発式や、仲ノ町車庫でデキ3を動かしたりと盛大にイベントを行ったようですが、この日は新京成800形さようなら運転に行っていた(後で調べてみれば掛け持ちできたようですが)ので、興味はありましたがしばらくお預けになっていました。
 「2編成とも動いているのか」「冷房は使用されているのか」など、謎が多かった2000形ですが、自分で確かめるべく、8月7日に訪問してきました。

 現地に着いてから知ったのですが、8月7~8日は「銚子みなとまつり」で、多客輸送であれば2000形は必ずどちらかが走っているだろうと思いながら、銚子駅から仲ノ町駅に歩いていく(総武本線との接続が非常に悪いのです。)と、車庫には引退した701・801はともかく、1001と1002までが入庫していました。
 ということは…と仲ノ町から2001Fで笠上黒生へ行くと、外川方から2002Fがやってきました。いきなり2編成の並びです。「みなとまつり」の多客対応でしょう。
笠上黒生(2010.8.7)
 変電所容量の関係で、2000形は2本同時に動かせないとの噂がありましたが、変電設備が増強されたのでしょうか。笠上黒生駅横の変電所には係員が3~4人待機していたので、かなり綱渡りな運用だったのかもしれません。

 冷房装置が動いているような音がするのですが、窓は開いたままです。冷房ではなく、送風のみ動いていました。どうもそこまでは変電所がもたないのかもしれません。
(2010.8.7)

 方向幕(側面にしかありませんが)操作盤を見ると、「京王→伊予→銚子」(伊予鉄道の『高浜→松山市→横河原』のもじり)や「高幡不動」など、お遊びでもいつ使うのか分からない行き先が入っていました。
(2010.8.7)

 運賃表も妙に気合の入ったつくりです。
(2010.8.7)

 2002Fには運行開始記念のヘッドマークが付いたままでした。
(2010.8.7)

 2001Fが京王時代を思わせる緑に塗り替えられた後、この2002Fがアイボリーに塗られたときは「赤帯を入れるのか?」と期待しましたが、結局はショッピングセンターの広告になりました。
犬吠~外川間(2010.8.7)

 有名撮影地の君ヶ浜を行く2001F。畑の中にこの色が入ってきても、いまいち映えないので、今後は撮り方を考えなければと思いました。
海鹿島~君ヶ浜間(2010.8.7)

 犬吠埼灯台と海(意外にも、銚子電鉄で海を入れて撮影できるのはここだけです)を入れて真横からも。
海鹿島~君ヶ浜間(2010.8.7)

 その点、2002Fは色だけは非常に目立っていました。
海鹿島~君ヶ浜間(2010.8.7)

 午前・午後とも晴れれば銚子側の湘南顔を撮影できる場所は限られます。西海鹿島駅近くで見つけた場所で押さえてから、お開きにしました。
海鹿島~西海鹿島間(2010.8.7)

西海鹿島~海鹿島間(2010.8.7)

 2000形以外の話題にも触れておくと、2000形と引き換えに引退する701・801にヘッドマークが付けられていました。
仲ノ町(2010.8.7)

 仲ノ町車庫には今にも動き出しそうな状態ながら奥に押し込められたような形で留置されており、マークを付けて走っている間に訪問できなかったのが残念です。
仲ノ町(2010.8.7)

 非常に地味ですが、1002(『鉄子の旅』塗装)には2000形登場PRマーク(といっても、ラミネートした紙ですが)が付いていました。
(2010.8.7)

 犬吠駅前の元相鉄モニ2022の車体が白+赤に塗り替えられていました。十和田観光電鉄の旧型車みたいです。
犬吠(2010.8.7)


テーマ : 鉄道 - ジャンル : 趣味・実用


地方私鉄トラックバック(0)|

307:近鉄南大阪線のPL花火対応

2010/08/01 (Sun) 22:56
 近鉄南大阪線では毎年8月1日のPL花火大会の際、特別ダイヤが組まれます。
 藤井寺止まりの普通が河内長野へ延長される他、富田林行きの8連準急が10分間隔で運転されます。日中の南大阪線で8連がどれも混雑というのも、年に一度とはいえ異様な光景です。
今川(2010.8.1)

 8連は4+4、5+3の他にブツ8もバンバン走り、まさに使える車両フル稼働です。
今川(2010.8.1)

 そんな中、今年は大阪阿部野橋発富田林行き臨時特急「PL花火芸術号」が運転されました。私も友人に教えられて行ったのですが、「さくらライナー」26000系の重連とあって、結構同業者を見かけました。
今川(2010.8.1)
 「さくらライナー」は平日朝ラッシュ時の上りに重連運用がありますが、下りで前パン重連はこういう機会でもないと見れないうえ、来年春には外観・内装ともリニューアルされることになっているので、いつにもまして注目度が高かったようです。

テーマ : 鉄道 - ジャンル : 趣味・実用


関西大手私鉄トラックバック(0)|

ブログ TOP


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。