現在の時刻(JST)

プロフィール

道楽

Author:道楽
現在、過去の話題も追加していますので、バックナンバーもご覧になってみてください。

ご来訪有難うございます。

見えにくい方はこちらで

最近の記事

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

まとめ

:スポンサーサイト

--/--/-- (--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告

298:有田川町鉄道交流館訪問記

2010/05/30 (Sun) 23:58
 平成14年12月31日限りで廃止された有田鉄道の終点、金屋口駅跡に4月20日オープンした「有田川町鉄道交流館」に、ようやく行ってくることができました。

 勤務先の後輩T君に車を出してもらい、我が家から1時間半ほどで現地に到着すると、入口には目印代わり?のD-51 1085が展示されていました。以前は藤並駅の裏(有田鉄道が発着していた側)に展示されていたのを見て以来なので、早くも懐かしさがこみ上げます。
旧金屋口(2010.5.30)

 D51の横は駐車場になっており、その奥のかつて側線や車庫があったあたりに、新しい「鉄道交流館」の建物が建っていました。
旧金屋口(2010.5.30)

 建物の向かい側にはキハ58003が停車中でした。末期には検査期限切れとかで動けなくなり、相当前からそうでしたがボロボロな姿で金屋口の車庫に停まっていたのが強く印象に残っていますが、驚いたことに綺麗に塗り直され、見違えるようになっていました。とても同じ車両とは思えません。藤並側の方向幕は現役当時のままでしたが、画像の金屋口側はなぜか、JR西日本のものに替わっていました。
旧金屋口(2010.5.30)

 標記類も丁寧に復元されています。「昭和55年9月 高砂工場」というのが泣かせます。
旧金屋口(2010.5.30)

 車内もそのままで、扇風機も回すことができます。車内で飲食可能なので、休憩所代わりになっていましたが、走行時は乗車できません。
旧金屋口(2010.5.30)

 キハ58003が動くまでの間、交流館の奥にある旧金屋口駅に行ってみました。鉄道があったときから人気はほとんどなかったので、駅名看板が撤去された以外は何も変わっていませんでした。後は出札口や駅務室が物置になっていたくらいです。
旧金屋口(2010.5.30)

 ホームには「ふるさと鉄道保存協会」が蒲原鉄道から引き取った貨車や、元紀州鉄道キハ605、有田鉄道DB20(既に廃車)に似せて復元された同型の三菱石油水島専用線DB107などが留置されていました。今もボランティアの手で整備が続けられているそうです。
旧金屋口(2010.5.30)
 
旧金屋口(2010.5.30)

 いよいよキハ58003が動く時間になりました。(画像は複数の運転分を場所順に並べているので、光線状態はバラバラです。)汽笛もなく急に動き出しますが、物凄くスローなので、慌ててカメラを取り出すまでもなく余裕で撮影できました。
旧金屋口(2010.5.30)

 まず、交流館の前から藤並方に100mほど走り、D51の手前辺りで停まります。線路はここまでです。ご覧のとおり、柵や並木があって、撮影には苦労が伴いますが、運転士さん(有田鉄道OBとのこと)が、「そこのみかん畑の横から撮ったらええよ」と教えてくれたので、現役当時らしく見せた写真が撮れました。
旧金屋口(2010.5.30)

 折り返してきたところで同じく動態保存中のハイモ180-101と並びます。
旧金屋口(2010.5.30)

 このまま車庫に入り、再び折り返してきて交流館の前で停車して1回分が終了です。
旧金屋口(2010.5.30)

 ハイモ180-101は、キハ58003が不調や検査時などに代走するそうです。運転は11:00、13:00、14:00、15:00の4回行われますが、車両の状態などで、いつも確実に動かせるわけではないとのことです。
旧金屋口(2010.5.30)

 キハ58003を堪能した後は交流館内へ。中にはHOゲージとNゲージのレイアウトがあり、Nゲージは車両持ち込み
が可能(有料)です。
旧金屋口(2010.5.30)

 どちらも、有田鉄道の沿線がかなり細かく再現されていて、見ているだけでも楽しいです。
旧金屋口(2010.5.30)

 交流館ではポイントカードを発行しており、スタンプを集めていくと5個で交流館入館が1回無料、10個でNゲージレイアウト使用がショート15分、15個でロング50分が無料になります。
 鉄道のあった頃から交通の便利な場所とはいえませんでしたが、次はカメラだけでなく模型も持って…と思いながら帰りました。
スポンサーサイト

テーマ : 鉄道 - ジャンル : 趣味・実用


地方私鉄トラックバック(0)|

297:大阪モノレール開業20周年

2010/05/22 (Sat) 22:56
 大阪モノレールでは今年6月1日に開業20周年を迎えるにあたり、記念乗車券の発売やイベント等を行っていますが、5月18日から車両(1000・2000系)のうち6編成に記念ロゴマークのステッカーを貼って運行しています。
千里中央(2010.5.22)

 正面の貫通扉とドア横に同じデザインのステッカーが貼られています。
(2010.5.22)

 ステッカー車は6編成とのことですが、私が訪れた際は、ステッカー車は本線(というか分かりませんが、彩都線ではない方)で4編成(1125・1122・2111・2117)が運用されていました。12月末まで運転される予定です。 
万博記念公園(2010.5.22)

 モノレール名物(?)の広告ラッピング車にはステッカーは貼られていませんが、広告効果を考えると当然ですね。 ところで、これらラッピング車はここ数回の訪問では彩都線でばかり運用されているように思うのですが(この日は1103F「日立ビルケアサービス」、1104F「AEON」、1105F「梅丹本舗」が運用されていた)、理由でもあるのでしょうか。
万博記念公園(2010.5.22)

 大阪モノレールといえばこの色の印象が強いのですが、1000系は広告ラッピングになる車両が多く、オリジナルカラーは1101・1102の2編成だけになっています。この1101Fも以前は万博公園の広告車だったもので、よく見るとステッカーを剥がした跡が残っていました。
万博記念公園(2010.5.22)

 記念乗車券を買ってみました。最近は整理に困るような凝った形の記念乗車券が多いなか、極々普通の紙のケースに入った3枚セットでした。かえって新鮮でした。保守的かもしれませんが、記念乗車券はこのスタイルでいいと思います。
(2010.5.22)

テーマ : 鉄道 - ジャンル : 趣味・実用


地下鉄・新交通システムトラックバック(0)|

296:琴電 旧型車チャーター②23が長尾線を走る

2010/05/17 (Mon) 22:05
 「どつぼ電車」の翌日は、別の知人が23を長尾線でチャーターし、引き続きの参加となりました。ここしばらく、長尾線での旧型車運転は琴電主催のイベント列車のみで、貸切はダイヤの関係で運転できなかったのですが、早朝の休日運休列車のスジに乗せる形で実現しました(イベント列車と同じパターンです)。

 そういうわけで、朝7時前から長尾線沿線には友人知人が集まり、23の来るのを待ちました。23が長尾線を走るのも珍しいと思いますが、更に単行運転でした。
白山~井戸間(2010.5.16)

 長尾で601-602の長尾方に併結された23が瓦町に向かいます。
学園通り~平木間(2010.5.16)

 瓦町で解放された後、瓦町→一宮→仏生山(解放)と1100形に併結され、先頭を切って走ります。スピードは速いです。速度の速い琴平線の電車に併結すると、旧型車の負担が大きいそうで、最近は旧型車単独での運転が多くなりましたが、最初の頃は定期列車との併結が基本だったのを思い出させる光景でした。
太田~仏生山間(2010.5.16)

 仏生山に入庫後は、お決まりの撮影会になりました。300が再びお出ましです。
仏生山検車区(2010.5.16)

 琴電所蔵や参加者持ち込みの方向板を次々と付けていきます。
仏生山検車区(2010.5.16)

 最後に琴電さんのご好意で23の車内を見学させてもらいました。吊り革や網棚の支柱、ドア横に施された彫刻など、コスト重視の今ではまず実現できないデザインの車内装飾は溜め息ものでした。
仏生山検車区(2010.5.16)

テーマ : 鉄道 - ジャンル : 趣味・実用


地方私鉄トラックバック(0)|

295:琴電 旧型車チャーター①「どつぼ電車」

2010/05/17 (Mon) 21:39
 5月15日に、カメラマンの坪内政美さん主催の琴電旧型電車貸切イベント「どつぼ電車」に参加してきました。
 今回の目玉は300と500の単行運転で、通常はブレーキの関係で単行の貸切は不可能なのですが、回送扱いということで実現したものです。
 まず、仏生山から滝宮まで2連で走る300+500です。
一宮~円座間(2010.5.15)

 滝宮で解放し、先に300が琴平に向かいます。茶色の300単行、これが見たかったのです。まさに開業当時(結構改造されていますが)を髣髴とさせる姿です。意外にスピードが速いので驚きました。
羽間~榎井間(2010.5.15)

 300の30分後に500が単行で琴平へ向けて走っていきました。こちらも結構飛ばしていましたが、回送で誰も乗っていないので、快調な走りだったと思います。
羽間~榎井間(2010.5.15)

 琴平で再び組成された300+500が、高松築港へ向けて折り返してきました。今回は、往路の300と復路の500が前面展望ビデオの撮影および走行音録音専用車となり、もう一方が乗車用おなっていました。
羽床~滝宮間(2010.5.15)

 かなり余裕のあるダイヤで、次の電車で高松近くへ戻ると、高松築港から仏生山へ戻ってくる300+500を迎え撃つことができました。
太田~仏生山間(2010.5.15)

 貸切運転終了後は、仏生山検車区で撮影会となりました。120も出てきて琴電オリジナル3形式の並びですが、よく見ると傍らの1071にも妙な方向板が付いていました(笑)。長尾線も曲線・橋梁改良が済んだので、今では入線できると思いますが…。
仏生山検車区(2010.5.15)

 並びの後は、300だけを前に出し(120と500は後の庫内に引っ込みました。)、形式写真を心行くまで撮影となりました。晴れると西側から撮影し、曇ると慌てて東側へ移動すると、停まっている電車を撮影するだけでも結構慌しいものがありました。
仏生山検車区(2010.5.15)

テーマ : 鉄道 - ジャンル : 趣味・実用


地方私鉄トラックバック(0)|

290:水間鉄道 ヘッドマーク大奮発

2010/05/09 (Sun) 22:41
 水間鉄道では季節ごとのヘッドマークが楽しませてくれますが、この4~5月にかけて、一挙に3種類も掲出しています。

 5月3~9日に、1003Fに「母の日」マークが付いています。
石才~近義の里間(2010.5.8)

 水間鉄道のイメージキャラクター(に正式になったのでしょうか)葛城ポン太くんがここでも活躍しています。葛城ポン太君は駅で配布している時刻表にも登場するなど、最近露出が増えてきています。
(2010.5.8)

 1007Fには恒例の「水なす」マークが4月28日から付きました。これは水なすのシーズン中は掲出され続けると思います。
三ヶ山口~三ツ松間(2010.5.8)

 今年は貝塚駅に7000系がいないため、券売機横での発売となるようです。
(2010.5.8)

 1001Fには4月27日から「端午の節句」マークが付けられています。水間鉄道は2列車運用のため、この日は1001Fは水間車庫にいましたが、途中で駅へ出てきてくれたので撮影できました。
水間観音(2010.5.8)

 比較的オーソドックスなデザインですが、同じ題材でも毎年デザインを変えているのは流石だと思います。
(2010.5.8)

テーマ : 鉄道 - ジャンル : 趣味・実用


関西大手私鉄トラックバック(0)|

292:JABOTABEK探検記①メトロ有楽町線7000系到着

2010/05/05 (Wed) 22:55
 この連休は、インドネシア・ジャカルタを訪問してきました。
 現地の友人たちから色々と情報をもらっていたので、モチベーションがかなり高い状態で訪問してきましたが、JABOTBEK鉄道では日本からの譲渡車両はどれも元気に走っていました。

 今回のお目当ては4月21日に到着したばかりの東京メトロ有楽町線7000系7017Fで、訪問時にはマンガライ工場に留置されていました。まだジャカルタ仕様になっていないので、何か妙な感じです。
マンガライ工場(2010.5.1)

 車内もそのままでした。ジャンパ線はこんな風にして運んでくるのですね。
マンガライ工場(2010.5.1)
 
 路線図や広告までそのままとは驚きました。
マンガライ工場(2010.5.1)

 案内してくれた職員Rさんに、これらの内容を説明するのが大変でした。
マンガライ工場(2010.5.1)

 さて、昼間に沿線での撮影などをして夕方にマンガライ駅へ戻ってくると、工場から入換用ディーゼルカーに牽引された7017Fが出てくるのに偶然遭遇しました。これからブキットドゥリ電車区へ移動させるというので、乗せてもらいました。
マンガライ(2010.5.1)

 ブキットドゥリ電車区では先輩の都営6000系がお出迎えです。東京でも顔を合わせたことがない車両同士が、こんなところで初顔合わせとは、見ている方も信じられない思いです。 
ブキットドゥリ電車区(2010.5.1)

 これが入換・救援用ディーゼルカーNR-01形で、元々は日本車輌製の旅客用だった車両です。ジャカルタに陸揚げされた日本からの電車は、これに牽引されてマンガライ工場まで移動します。片運転台で、この反対側にはエキセントリックな表情に改造された正面があります。
ブキットドゥリ電車区(2010.5.1)

 ブキットドゥリ電車区への移動は5両ずつ行われ、電車区内で10連に組成し直されました。
ブキットドゥリ電車区(2010.5.1)

 こちらはインドネシア製のKRL-1形電車です。インドネシアの車両メーカーINKA社の意欲作ですが故障が多いらしく、どちらかというと日陰の存在になっています。4連2本があり、普段は4連ずつでの運用ですが、構内入換の関係か、2本つないで動いてきました。この8連は、一緒に行った現地の友人たちも驚いていました。
ブキットドゥリ電車区(2010.5.1)

 KRL-1形と並ぶ7000系です。これから、電車区内でJABOTABEK仕様に改装するそうです。デビュー時にはどんな姿になっているか、見たいような見たくないような…。
ブキットドゥリ電車区(2010.5.1)

テーマ : 鉄道 - ジャンル : 趣味・実用


海外亡命トラックバック(0)|

291:阪和線103系混色編成 お手軽追っかけ撮影

2010/05/05 (Wed) 00:37
 前にも書きましたJR阪和線103系混色編成ですが、ようやく撮影の機会がありました。

 この編成は(←和歌山クハ103-166+モハ103-544+モハ102-388+モハ103-652+モハ102-496+クハ103-97で、ウグイス色が奈良電車区、オレンジ色が森ノ宮電車区からの転属です。
 奈良と森ノ宮で車両のトレードを行った結果出現した編成で、大阪環状線にも色が反転した混色編成が存在します。関西本線でいたものが日根野に移り、阪和線で4月18日から走り出した
のですが、これが正式な転属なのか、一時的な貸し出しなのかは不明です。
上野芝(2010.5.4)

 超お手軽撮影地の上野芝では横がちに撮影できるので、編成も分かりやすいだろうと折り返してくるまで待ちましたが、建物の影が入ってしまいました。これなら同じくお手軽な浅香にしておけばよかったです…。
上野芝(2010.5.4) 

上野芝(2010.5.4)

 ここが阪和線だという証拠写真も撮っておきました。
上野芝(2010.5.4)

テーマ : 鉄道 - ジャンル : 趣味・実用


たまにはJRもトラックバック(0)|

ブログ TOP


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。