現在の時刻(JST)

プロフィール

道楽

Author:道楽
現在、過去の話題も追加していますので、バックナンバーもご覧になってみてください。

ご来訪有難うございます。

見えにくい方はこちらで

最近の記事

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

まとめ

:スポンサーサイト

--/--/-- (--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告

223:京阪鴨東線開業20周年

2009/10/25 (Sun) 23:22
 京阪鴨東線が10月5日に開業20周年を迎えました。これを記念して、10月1日~11月1日の間、京阪と叡電に記念副標が掲出されています。

 京阪8000系は旧塗装車4編成のみの掲出です。
森小路(2009.10.4)

 その中で8001Fは叡電沿線PR副標と2枚看板になりました。
伏見桃山(2009.10.10)

(2009.10.4)

 これが記念副標です。京阪ではなかなかアップで撮れないので、叡電に掲出されたものですがデザインは同じです。
(2009.10.4)

 その叡電では、デオ800形3編成に副標が付けられましたが、800形の運用自体が少なくなっていると聞いてどうしたものか困っていたものの、土休日は多客対応で800形が全編成出ており、取り越し苦労でした。さすがは観光地の電車です。
茶山~元田中間(2009.10.24)

 801Fのみは、京阪特急の鳩マークをデザインした副標を付けていました。京阪8001Fと合わせて、お互いを宣伝するためのようです。 
宝ヶ池(2009.10.24)

 これが叡電用の京阪沿線PR副標のアップです。
(2009.10.4)

 最初はそれぞれ自社沿線PR副標を付けていましたが、10月3日に出町柳駅で取り外して「交換式」を行ったそうで、本当にこういう演出をさせると京阪の右に出る鉄道会社はないと思います。

 
スポンサーサイト

関西大手私鉄トラックバック(0)|

236:京成電鉄100周年

2009/10/20 (Tue) 00:32
 京成電鉄では今年6月に創立100周年となったのを記念して、3300系3編成を「京成電鉄創立100周年記念列車」としてそれぞれ異なる年代の旧塗装に復元しています。
 このほどようやく上京する機会ができ、早速京成上野駅案内所に運用を尋ねたところ、「青電は千葉線、ファイアーオレンジは上野~津田沼間各停、赤電は夕方から金町線」とのことで、早速追跡開始です。

 まずは千葉線の「青電」3356F、昭和55年まで塗られていた塗装ですが、実物を見たことがないので何ともいえません。今から見ると非常に地味で、それがかえってインパクトを強くしています。
検見川~京成稲毛間(2009.10.19)

 次は本線各停の「ファイアーオレンジ」3312F、昭和55年~平成5年の塗装で、私が子供の頃に見ていた電車の本では、京成はこの色でした。「会社が赤字だから電車も赤い」と言われて塗り替えたという噂(ネタでしょうが…)を何かで読んだのを思い出しました。
国府台~市川真間間(2009.10.19)

 京成100周年では、「スカイライナー」の正面にも記念ステッカーが4~12月の間、貼られています。
国府台~市川真間間(2009.10.19)

 最後は「赤電」3324Fです。この色は以前にも3200系でリバイバル塗装されたことがありますが、この3色の中では一番落ち着いた感じがします。17:00から運用とのことで、1往復目で既に暗くなってしまいました。
柴又(2009.10.19)

 車内では広告枠を利用して、車両や切符など京成100年の歩みがたどれる展示がされています。
(2009.10.19)

 余談ですが、京成稲毛から乗車して京成幕張本郷、津田沼、国府台と撮影していき、京成高砂駅で乗り越し精算すると、時間超過で精算機で受け付けられませんでした。結局、改札口で駅員さんに精算を頼んだのですが、開口一番「お客さん写真を撮っていたんでしょう。」と見破られました。最近、これらの記念列車を撮影している間に時間を超過して改札機や精算機でひっかかる人が多いのだそうです。不正乗車ではないとはいえ、妙に恥ずかしかったです。

関東大手私鉄トラックバック(0)|

237:上毛電鉄感謝フェアイベント

2009/10/19 (Mon) 23:33
 このブログでも度々登場している上毛電鉄デハ101ですが、10月18日に開催された「上毛電鉄感謝フェア」でもその雄姿を見せてくれました。
富士山下~丸山下間(2009.10.18)

 今回は大胡車庫で、静態保存のデハ104も展示されました。これまでのイベントでも数回登場しているのですが、私は今回ようやく撮影できました。実はこれが目当てで来たようなもので、塗装も塗り直した直後より若干くすんできていい雰囲気になっています。
大胡(2009.10.18)

 大胡車庫での撮影会です。今までに訪れた上毛のイベントでは、恐らく一番混み合っていたと思います。中央に見たことのない車両がいます。
大胡(2009.10.18)

 今回のイベントで最大の目玉がこのデキ3021、東急長津田工場の入換車だったものです。モーターカーの導入でお役御免となったのを、鉄道ファンの働きかけで上毛が引き取ったそうで、このイベントの直前に公けになったので初めて聞いたときは驚きました。
大胡(2009.10.18)

 デハ101の代わりにデキ3021が砂利運搬列車を牽引すれば、全国からファンが集まってくると思うのですが、あくまでも保存展示用で、本線には出てこないとのことでした。この日は警笛を鳴らしたり、ヘッドライトを点灯させたりするだけでしたが、今後もう少し整備して、来年1月のイベントでは車庫内を自走できるようにするそうです。
大胡(2009.10.18)

 再びデハ101の雄姿を。今まで地味な存在と思い込んでいた上毛電鉄ですが、最近は鉄道ファン向けのアプローチが妙に多くなってきているような気がします。今後もたびたび足を運ぶことになりそうです。 
粕川~新屋間(2009.10.18)

地方私鉄トラックバック(0)|

238:佐久間レールパーク訪問記

2009/10/12 (Mon) 00:35
 JRネタではほとんど動かない私ですが、11月1日に閉園となる「佐久間レールパーク」は一度行っておこうと思い、10月11日に、3連休の中日で大混雑を覚悟のうえで行ってきました。

 アクセスとして豊橋~中部天竜間に快速「佐久間レールパーク号」が運転されており、117系使用なうえに車内で乗車証を配布するとあって人気があり、座席指定が取れなかったので撮影することにしました。飯田線を撮影するのは初めてで、友人に撮影地を教えてもらったのですが、意外に駅に近くていい撮影地が豊橋方でも多く、もっと早く来たらよかったと後悔しました。
 江島~東上間(2009.10.11)

 中部天竜には「伊奈路1号」で行くことにし、豊橋駅に戻ると原色に復元された117系S11編成が出庫してきました。これが「レールパーク号」で運用されると思っていたのですが、この日は団体ツアーの貸切に使用されていました。
豊橋(2009.10.11)

 佐久間レールパークについては他でもたくさん触れられているので、ここで多くは書きませんが、予想通りの大混雑、記念入場券購入の長蛇の列に圧倒され、結局0系の運転台見学もせず、展示車両の外観だけを見て退散しました。
佐久間レールパーク(2009.10.11)

佐久間レールパーク(2009.10.11)

 中部天竜駅で留置中の「佐久間レールパーク号」です。ヘッドマークは9月以降、毎月変更されていますが、10月はこれでした。遠目には少々見えにくいデザインだと思います。
中部天竜(2009.10.11)

 帰りは、左側の臨時快速「佐久間レールパーク51号」で帰ってきました。117系でのんびり揺られていると、この車両は新快速よりも飯田線のような路線で使用するのが適しているのではないかと思うほどでした。
中部天竜(2009.10.11)

たまにはJRもトラックバック(0)|

222:三岐鉄道北勢線「コスモス電車」

2009/10/03 (Sat) 22:34
 三岐鉄道北勢線では9月26日~10月25日に「コスモス電車」が運転されました。
 これは沿線の東員町でコスモス祭りが開かれるのに合わせてのものですが、私たちがコスモスだけを見に行くわけがなく、電車を見に行ってきました。

 待っている間に広告電車が来ました。相変わらず派手です。
西桑名~馬道間(2009.10.3)

 そしてやって来た「コスモス電車」、ヘッドマークの他に、窓ガラスなど車内にはコスモスのシールが貼られています。期待通り、200形でした。北勢線でこの手の電車には必ずと言っていいくらい、200形が使用されますが、近鉄時代に運用が限定されていたのに比べると、夢のようです。
馬道~西桑名間(2009.10.3)

 ヘッドマークはこんな感じです。
(2009.10.3)

 モ277側からも撮ってみましたが、200形が順光になる午前中なので、どこで撮っても面潰れになってしまいました。「コスモス電車」はもう1本、266Fもありますが、同行の友人によると、こちらは早朝のみの運用で入庫してしまったそうです。
東員~大泉間(2009.10.3)

 ここまで来たついでに、阿下喜駅にも寄ってみました。展示に向けて修復工事中のモ226にパンタを取り付けているところで、中京テレビの「遠くへ行きたい」という番組が取材に来ていました。
阿下喜(2009.10.3)

 さらに、折角だからコスモスと電車を一緒に撮ってみようということになり、狙ってみたのがこの結果。何とも中途半端な画像になってしまいました。慣れないことはするものではないと反省です。
楚原~大泉間(2009.10.3)


地方私鉄トラックバック(0)|

ブログ TOP


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。